文章の文字数は50文字以下が読みやすいし分かりやすい

文章,文字数

文章力が高い人が書く良い文章には、文字数の目安があります。

良い文章は読みやすく、分かりやすいと言われます。そのためには、一文の長さ(文字数)に注意することです。一文が長いと、一読して意味を捉えきれずに、もう一度読む必要が出てきます。

この状態が繰り返されると、読み手はわかりやすい読みやすいとは感じないものです。

目次

文章の文字数は50文字以下が読みやすいし分かりやすい

日本人の平均読書速度は1分間に600文字と言われています。

600文字と言いいますと、文庫本の1ページが600文字で書かれているのが一般的ですので、目安になると思います。

つまり1分間に1ページ程を読み進めている速度感が一般的ということです。あくまでも一般論です。遅ければダメで、速ければ良いとも言い切れません。

速く読み切ったとしても、内容の理解が今一つの状態であれば、意味がありません。時々読書速度が遅いと悩んでいる声を目にすることがあります。しかし、文章や本を読むことで大事なのは、内容の理解であって速度の優劣ではありません。

一文の文字数が40文字〜60文字になった根拠

ネット上の情報では、40文字〜60文字という表示が多いです。この根拠を調べていくと、1960年代に日本の心理学者であった波多野先生が提唱したという情報に行き着きます。(一部には新聞記者の40文字〜60文字ルールが目安という説も)

当時は、新聞の一文の文字数が90文字〜100文字だったようです。その状況に対して、波多野先生が、一文の文字数は40〜60文字が良いと提案したようです。

この提案は、アメリカの文章心理学をもとに、日本語に応用したということです。各新聞社では、一文が30文字〜50文字で表現するようになったようです。

読みやすい文章を書いて文章力が評価される文字数は長くても50文字

確定的な根拠は、見当たりません。しかし間違いないのは、60文字を超える長い文章になると、読み手は一気に意味を捉えることができずに、返り読み(戻り読み)をしてしまうことです。

結果、文章を読む速度は遅くなり、理解しにくい文章になってしまいます。

読みやすい文章・わかりやすい文章を目指すなら、30文字〜50文字を文字数の目安とすべきと考えられます。

自分の一文の文字数を知る

私たちは、毎日たくさんの文章を書いています。読書レポートや読書感想文や要約文、あるいは特定の誰かに宛てたメール文など。

果たして、自分が書いている文章が、何文字になっているのか気になります。

一文の文字数について計測ツールがありましたので、紹介します。

読みやすい文字数で文章を作成することで伝わりやすくなる

一般的な会社員は、思考したことを文章に書くことや話すことで仕事の成果を作り上げていきます。

ですので、相手にとって理解しやすい読みやすいという文章を作れるかどうかは重要な問題です。どんなに素晴らしい思考や行動も、結果として文章化し、上司や顧客に成果を伝えるからです。それらの状況の中で、分かりにくく嫌われるのが、一文が文字数が多く長過ぎる文章です。一文を50文字以内で作成することです。伝わりやすくなります。

まとめ

読みやすくわかりやすい文章を書くには、文字数は重要ポイントです。

読みやすい目安は、30文字から50文字です。60文字を超える文章は、なるべく控えることが、文章力を高めることになります。パソコンで文章作成をする人は、長文になる傾向がありますので、ご注意ください。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章の書き方で仕事の成果が決まる

良い文章の条件|伝わりやすい文章になっているかがポイント

文章の書き方の基本は読みやすく分かりやすく信頼できる文章

文章の文字数は50文字以下読みやすいし分かりやすい*当記事

文章は句読点が適切にあると読みやすくなる

文章作成アプリを選ぶ|条件は無料でスマホとPCで使えること

体言止めの意味とNG場面|ビジネス文には使わない

敬語を使い分けて文章を書けているか|間違うと仕事は失敗する

文章の校正をしないと評価と信頼を落とすことになるかも

文章には性格が出る|隠し切れるものではない

文章,文字数

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次