文章には性格が出る|隠し切れるものではない

文章 性格が出る

「文章に性格が出る」なんて本当?と思う人がいるかも知れませんが、結論を言えば本当です。

少なくとも文章を読んだ相手は、書き手に対して、文章から受けた印象を人柄に重ねて感じています。

18世紀にフランスの博物学者が語った「文は人なり」という言葉が、今の時代の辞書にも残っています。もしかすると、その言葉による影響もあるのかもしれませんが、私達は文章から相手の性格や人柄、教養やバックグラウンドまで感じ取ってしまいます。隠し切れるものではありません。

しかし良い文章を書けるようになれば、相手から性格や教養に対して良い評価と信頼を得ることはできます。

目次

文章には性格が出る|隠し切れるものではない

私達は文章を読むと、書いた人の性格や教養・バックグラウンドなどを想像し、人柄を判断しています。その精度がどの程度高いのかは別として、実際にあって会話をして感じ取る第一印象よりも、文章が表す人柄や性格は実際の性格との差異は少ないです。(筆者は40年の営業経験と10年間経営者として人を見てきた経験)

何の努力もしなければ隠せるものではありません。

文章でわかる性格

人は場面に応じて、緊張の程度や外見を変え話す言葉を変えることで、相手が受け取る第一印象は変化します。時間が経過し関係性が打ち解けると意外な素顔が見えることがあります。

しかし文章の場合は、性格や教養などが隠しようがなく、現れます。文章から感じた印象は、その後面談を重ねても、変わることはかなり少ないです。

もし相手に伝わる性格の印象を、少しでも改善したいと考えるなら、注意すべきは「書き方」です。もちろん、知識情報がわかる文章内容も大事です。しかしそれ以上に、言葉の使い方・選び方(書き言葉・話し言葉)、主語述語の文法的な繋がり、句読点や改行の仕方、文章の構成、です。

メールも性格が出るので注意

日常的に使われるメールでは、特に性格が出てしまいます。

言葉遣いだけはなく、書き方(改行や句読点など)や文章構成などからも、性格は相手に伝わります。

良い印象を伝えたいと思うなら、メールを書いてすぐに送信せずに、2回位は読み返して修正してから送るほうが良いです。送信するまでに時間の余裕があるのなら、文章を書いて一旦別のことに注意を向けるなどして、クールダウンしてから読み返しと修正をすると、自分の文章の稚拙さやおかしな部分を発見できます。

またSNSが好きな人は、仕事上のメールに影響が出やすいので要注意です。例えば、仕事の指示やアドバイスをメールで受けた場合に、「了解」「了解しました」などの短文で終わらせてしまうケースがあります。これは、性格以上に教養がない非常識な印象を持たれます。

文章を書き慣れていない人も注意が必要です。スマホやパソコンの操作に慣れていないために、メールの書き方がおかしいという人も存在します。しかし相手はそんな事情を理解しがたいものです。

文章が変われば性格は変わる|頭がいい人だと思われる

科学的根拠が証明されているわけではありません。

しかし先人の名言には「心が変われば行動が変わり、行動が変われば習慣が変わり、習慣が変われば人格が変わる・・・」という言葉があります。出典は諸説あり特定されていません。様々な方の名言として残されています。

この言葉からすると、文章が変われば性格も変わる可能性があると考えてよいのでしょう。

文章を書く能力(文章力)は、後天的な能力です。努力や経験(失敗や成功)で身につくものです。言葉の意味や使い方を知らず稚拙な文章しか書けない人でも、自分から努力をすることで、文章力をレベルアップさせることはできます。

そしてレベルアップした文章力で書かれた文章は、相手に好印象の性格や教養があること、そして信頼までも感じさせるようになります。一言で言えば、文章力が上がれば頭のいい人だと見られるようになります。

まとめ

「文は人なり」という言葉もありますが、「文章に性格が出る」ということは明らかです。逆に言えば、別の性格を気取って文章を書くことは、「書くことのプロ」の人たち以外には、そう簡単にできるものではありません。

文章に現れるのは、性格や人柄・教養などです。特に「素」が出やすいのはメールです。人は実際に会う時には、外見を変化させ言葉の使い方を隠したりできます。しかしメールでは、あえて稚拙な文章を書くことはできても、自分の中に持っていなければ教養や信頼を感じさせることはできません。

幸いなことに、文章力は後天的能力です。文章力アップの努力をすると、自分に向かう相手からの性格や信頼の評価を高くすることができます。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章の書き方で仕事の成果が決まる

良い文章の条件|伝わりやすい文章になっているかがポイント

文章の書き方の基本|読みやすい特徴とわかりやすい特徴を紹介

文章の文字数は50文字以下が読みやすいし分かりやすい

文章は句読点が適切にあると読みやすくなる

文章作成アプリを選ぶ|条件は無料でスマホとPCで使えること

体言止めの意味とNG場面|ビジネス文には使わない

敬語を使い分けて文章を書けているか|間違うと仕事は失敗する

文章が完成したら校正ツールでチェックしてリスク回避

文章には性格が出る|隠し切れるものではない*当記事

文章 性格が出る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次