話が長い人は疲れる|まさか自分のことだとは

話が長い人 疲れる

話が長い人は疲れるって、知っていたはずなのに、気がつくと自分がそうなっているケースがあります。

真面目な人が認められて管理職やリーダーに昇格した後に、気がついた時にそうなっているのです。何かのきっかけで気がつくことができた人は、ラッキーです。実際には気付けない人が多いからです。

実際には、多くの管理職が話が長い上司に該当するからです。簡潔に要約をして部下に的確な仕事の指示を出している上司は、少数派です。心配で仕方がない上司や、自分の方針に従ってもらいたいと考える上司がほとんどであり、その結果、話が長い上司になります。

くどくどと言っているつもりがなくとも、部下にはそう聞こえています。それは要点をまとめて分かりやすく要約して話すことができていないからです。

ただ、話が長い人は上司だけではありません。部下の中にも話が長い人はいます。

当記事は、話が長い人に関して記事をまとめて解説しています。上司との関係、部下との関係のヒントになれば幸いです。

目次

話が長い人は疲れる|まさか自分のことだとは

話が長い 疲れる

話が長い上司を見ていて、「あんなふうにはなりたくない」と思っていたのに、もしかすると自分がなっているかもしれません。もし「イヤイヤ、誰もそんなことを言ってないし」と思うのは違います。

利害関係のある相手で、本音を伝えるときは、最後の場面です。それが口に出たときは、もう戻れません。

つまり、思っていても口に出さない。むしろ、口から飛び出してきた時には、ほとんどの場合には修正ができません。部下から上司に向かって、言葉になって出る場面です。その部下が会社を辞めるか、自分を飛び越えて上席管理者に報告される場面です。

話が長い人は文章も長い

話が長い人は上司からもしれませんし、同僚かもしれません。あるいは気がつかないうちに自分が思われているかもしれません。一般的には仕事ができない人だと思われがちです。

元々話好きという性格の場合もありますが、多くの場合、無駄が多くて、要点が不明瞭な場合が多いです。そして、相手は「この話はどこに向かっているの?」と感じてしまいます。

仕事の話でこの状態だと、かなり大変な状況です。話が長くて聞きたくないが、仕事の話なら聞かなくてはならないというジレンマ状態になってしまうからです。

話が長い人は頭が悪いと思われる

話が長い人が本当に頭が悪いのかは、確かめることは現実的ではありません。

ただ頭が悪いと相手に感じさせる行動をとっていることに気づいているでしょうか。

同僚なら、興味を感じない話・共感できない話を、ゴールラインが見えないまま、話をされるケースです。

上司と部下の関係の場合なら、論理的な話になっていない場合に、相手は「頭が悪い?」と感じています。上司と部下とどちらにも起こることです。感情が加わるとさらに長くなります。

具体的には分かりやすく文章構成されていないということです。文章のゴールが見えないですし、要点をまとめて要約の形にするなどもなく、思いつくままに話す感じになります。

感情の高ぶりがおさまるまで長くなる可能性があります。つまり論理的に話せる状況ではないのです。それをコントロールできないこともまた「頭が悪い」と思われる原因を作ってしまいます。

話が長い人は要約力がない

話が長いことにイライラさせられることって、やはり仕事の話をしている場面に多いと思います。

通常、仕事には期限やゴールがあります。時間は有限です。しかし話が長い人は、話すことが大事であって、話のゴールや相手に関心や理解には興味がありません。

ですので要点をまとめて要約して話すことに、関心がありません。このタイプの話が長い人が、もしそれなりの立場にいると、会議やミーティングでは何もまとまらないことになります。周りは大変です。

話が長い上司はチームの業績を落とす

話が長い人が同僚や部下なら、スルーすることもできますが、厄介なのは、上司が話が長い人の場合です。

この記事を読んでいるあなたが上司の立場にいる場合は、自分の言動に注意してみることです。部下に対して、同じような話を繰り返していないでしょうか。

「部下の出来が悪い」という上司がいますが、ほとんどの場合は、上司が無策の場合が多いです。上司に逆らえない部下は、近いうちに会社を辞めるか、会社のトップに直訴することになります。

一般的に、要約力や文章力などの社会人としての国語力が不足している上司の元では、要約力がない部下や文章力がない部下が育ちます。もし自分の部下数人の全体傾向をイメージした時に、論理的に話せる社員や、簡潔に要約して話せる部下がいないとすれば、問題の原因は、上司にあります。

上司が要約力がないからです。責任は上司にあります。その結果、チームの業績は落ちていきます。改善すべきは、部下の前に上司です。(特定の部下に問題有りの場合は、該当しません)

話が長い人が一緒だと仕事が停滞する

話が長い人が上司にいると、そのチームは業績を落とします。

では話が長い人が、中間管理職やリーダーや部下の場合ならと考えますと、彼(あるいは彼女)と関連する人は、悪い方に影響され、仕事の生産性を停滞させる可能性があります。

少人数単位のチームや、同僚が足を引っ張られる可能性があります。

要点や要約ができないことで、周りを巻き込んで、停滞する可能性があります。あるいは孤立する可能性もあります。

もし自分が話が長い人ならば、要約のトレーニングをお勧めします。文章や話の中から要点を見つけ、まとめて要約を作るトレーニングです。

まとめ

話が長い人は、文章も長いし、頭が悪そうな人だと感じているかもしれません。しかし、自分がその立場に昇格した時に、同じことをしている人は、かなり多いです。

話が長いのには、幾つもの原因がありますが、大きなものは「要約ができていない」からです。その結果、特定の部下に対して、あるいはチーム全体の足を引っ張る上司になってしまう可能性もあります。

なかなか怖い話です。相手をコントロールしようとするほど泥沼化します。むしろ自分の要約力のレベルを上げる努力をすべきです。

関連記事一覧

話が長い人は疲れる|まさか自分のことだとは*当記事

話が長い人|文章も長いし要約もできない

話が長い人は頭が悪いというのは本当なのか?

話が長い人の特徴|要約力等がないのかも

話が長い人が上司だとチームの業績は停滞する

話が長い人がいると仕事が停滞する|彼は要約ができない

話が長い人 疲れる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次