要約とは|まとめ|社会人は要約して話している

要約とは1

学生の頃には「要約すること」が苦手だったという人も多いのではないでしょうか。

大学生になれば、要約だけではなく、思考や根拠ある意見を加えて読書レポートの提出を求められるようになります。

更に社会人になれば、企業によっては会社に読書レポートを提出する指示を受けることにもなります。

しかし社会人は、実は日常的に書面以外でも要約された報告や連絡相談によって、コミュニケーションをするようになります。簡潔にわかりやすく話すことが前提なのです。

目次

要約とは|社会人は要約して話している

要約とは書いた文章に対して簡潔にまとめることに使われる言葉です。しかし前述のとおり、社会人は仕事の上のコミュニケーションでも要約して話しています。要約力は、ビジネスマンの最強のスキルとも言われます。

要約の意味|辞書が示す意味と類語

「要約」を辞書で調べると、「文章などについて要点をまとめたものや、まとめること」などと記されています。もう一つの意味には「約束を結ぶこと」がありますが、一般的には「要点をまとめたものやまとめること」という認識になります。

まとめたものとしては、要約文・要約書・要約・レジメなどと表記されます。

要約の類語

また類語としては、要旨・大意・摘要・レジメ・サマリー・ダイジェストなどの言葉が使われます。

それぞれ場面によって使い分けられています。

要約力はなぜ必要なのか

要約する能力のことを要約力といい、「要約力はビジネスマンの最強スキル」や「誰々は要約力がないので困る」などと使われます。要約力はコミュニケーションを取る場合に、とても重要で、必須と言える能力です。

実際、要約力は普通に会社員にも必要な能力ですし、いわゆる仕事ができると言われる人は要約力が高い人です。

自分が相手に伝えたいこと(プレゼンや商談、そして報告や連絡・相談)を相手にわかりやすくまとめる場面に必要です。文章を書く場面であれば、文章力と合わせて必要な能力になります。

また相手から文章や言葉で発信されている場合には読解力が必要になりますが、内容を咀嚼(そしゃく)して次に誰かに伝える場面でやはり要約力が必要になります。

要約力がないと、文章や話は長くなり、相手は何を言いたいのかわからなくなります。

要約とはどんな場面で使われるのか|要約して話す

要約が必要な場面はいつなのかといいますと、会社で働く人には日常のコミュニケーションのすべての場面が該当します。そして、話す文章も書く文章も該当します。

社内で、上司や同僚・部下と交わされるコミュニケーションの全ての場面で、要約力が必要です。論理的に要約されている文章が望ましいです。社外では、顧客との商談、取引先との交渉の場面で要約は必要です。

要約を意識していないで話したり書いたりしていると、相手から「何を言いたいのか分からない」と言われてしまいます。

文章を要約するやり方

要約は慣れない人にとっては、それなりに難易度を感じるはずです。しかし要約の基本と手順を覚えて練習をすれば、できるようになります。

本を要約する方法は当サイトでも紹介していますし、ネット検索すれば見つけることができます。

しかし特に社会人になってからは、本の要約ではなく書類の文章の要約や参考資料の要約など、つまり文章の要約をする必要が起こる場面が発生します。基本的な考え方は、本の要約と大きく変わるものではありません。しかし、実際の方法には少しコツがありますので紹介します。

またaiによる自動要約のサービスもありますので、自分の要約の答え合わせとして活用すると良いです。aiの自動要約はまだ全てをそのまま使えるレベルではありませんので、注意しましょう。

要約ができないままだと

最初は要約を覚えることを面倒に感じる可能性があります。慣れないことを身につけるときには、避けて通れない面倒と感じる場面があります。

しかし要約ができないままでいることは、かなり深刻な状況になってしまいます。つまり仕事ができない人だと思われてします。それは仕事ができない人だと評価されることでもあります。

例えば、取引先からかかってきた電話の内容を、あとで担当者に用件を要約して伝える事ができないという人も現実にいるのです。取引先にとって大事な用件が担当者には伝わらない状態になり、クレームになったり、ビジネスチャンスをなくすることはありがちなことです。

つまり要約力は、前線にいる営業マンや、管理職に必要な能力ではなく、社員全員ができるようになる必要があるのです。

現代文の要約から始める

学生の間は、勉強していることが社会人になってどれだけ役立つのか、疑問に思うことがあると思います。その勉強の中で、「要約」は社会人になって重要なスキルになることが間違いのないものです。

前述したように、要約ができない社会人はとても苦労をしたり、仕事で失敗をしているのです。

現代人の要約から始めてください。社会に出て必ず役立ちます。

小説を要約すること

小説を要約するという課題が出て困ってる人もいるかも知れません。

なぜなら、小説のような物語の場合は感想文の一部として「あらすじ」を書くことが多いからです。

また読書感想文の場合は、言葉通り「感想」という個人的なものですので、採点されることはありません。採点ではなく高い評価や低い評価を受けます。

しかし要約の場合は、正解となる要約があります。さらにいえば、要約とは本や文章について正しく理解していることを示すものです。つまり間違った要約が存在するということです。

小説の要約も、ビジネス書や小論文の要約のように、著者の意図(要旨)を読み取って、関連する重要点(要点)を抜き出して、要点を合成し文章化することで作成することができます。

要約が上手い人と認められると

要約が上手くなると、仕事の成果にとても影響します。

前述のとおり、社会人のコミュニケーションには「何かについて説明する」ことがたくさんあります。要約がうまくできる人だと認められると、「話が分かりやすい」と言われるようになります。

「話が分かりやすい人」は、文章においても同じように評価を得ます。文章の印象には、人柄と重なって相手に伝わるという効果があります。分かりやすい文章を書く人は、信頼できる人柄の人だと感じてもらえるのです。

まとめ

要約とは要点をまとめることですが、社会人にとっては、相手にわかりやすくまとめることでもあります。

要約ができるかどうかは、仕事ができるかという印象にも繋がり、評価にもなります。

仕事がスムーズにできるためにも、ぜひ身につけるべき能力です。

関連記事一覧

  1. 要約
  2. 要約とは|まとめ|社会人は要約して話している*当記事
  3. 要約力とは仕事で使う基本ビジネススキル
  4. 本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要
  5. 要約には書き方のコツがある
  6. 簡潔にすることは具体的にはどうすればいい
  7. 要点の意味がわかれば要約もできるようになる
  8. 話が長い人は自分の話の長さに気づいていません
  9. 現代文の要約のやり方と効果
  10. 小説の要約を書く|あらすじとの違い
  11. 要約の意味は要点をまとめて短くする|サマリーとの違い
  12. 要約の類語・言い換え・同義語・対義語
  13. 要約ができない人の特徴|放置してると損するだけ
  14. 文章を要約するやり方|自分の要約とaiサービスで答え合わせ
  15. 要約して話すには人の話を要約と訓練になるし高評価
  16. 要約が上手い人とできない人は何が違うのか
要約とは1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次