黙読をマスターすれば読書スピードが速くなり読解力が高くなる

黙読

本の読み方にはいくつかあります。

一般的には黙読で読む人の数が多いような印象があります。

本の読み方には一般的には、黙読と音読が知られていますが、他にも精読や速読があります。記憶するには黙読よりも音読の方が良いともされます。

では、黙読の特徴やメリットには何があるのか深掘りします。

目次

黙読をマスターすれば読書スピードが速くなり読解力が高くなる

本を読む環境で、周りに人目がある場所・コーヒーショップや車の中、など周りの人に迷惑をかけないように、本を読むときの読み方は、黙読で読む人が多いでしょう。

黙読の意味を調べると、「声に出さないで、目だけで読むこと」とあります。

黙読の方法はマスターしておく必要がある

前述の通り、本の読み方にはいくつかあり、黙読は音読と共によく知られる方法です。好き嫌いとは別に、黙読の方法はマスターしておかないといけません。

黙読のやり方は、簡単に言えば、声に出さないで、目だけで読むことですが、もしうまくできないと学校のテストや試験の時に困ります。

黙読のやり方で、読解力を高める必要があるのです。じゃないと、試験問題も読めないです。慣れるしかないと言い方には、少し問題を感じますが、早く慣れることです。

黙読してるが頭の中で音読してる?

黙読は声に出さないで読む方法です。しかし実は頭の中で音読している人が多いです。

本を読むのが遅い人は、頭の中で音読しているケースが多いのです。これは小学生の頃に、音読から黙読へと本の読み方を移行するときに、その癖が残ってしまったのです。

この癖を捨てない限り、読書スピードが速くなるには限界があります。実際に声を発していなくても、頭の中で音読している限り、音読のスピードの限界が読書スピードの限界になってしまうからです。

文字を目だけで追いながら読んでいく視読を意識して読んでみることをお勧めします。頭の中で音読する方法をやめられないと思い込んでいる人も、最初は指先やペンで文字の上を滑らせて文字を目で追いかけていくと、頭の中で音読するのと同じように理解できていることに気がつくはずです。

黙読の効果で最も効果が期待できるメリットは読書スピードと読解力

黙読が優れているのは、読書スピードと読解力です。

黙読が身についていないうちは、頭の中で音読するやり方から覚え始めるのが良いですが、いずれ黙読本来の方法である「並んでいる文字」に目を合わせて、文字を映像的に認識しながら読み進めていくのです。

音読では発音発声のために、データとなる文字を1文字ずつ認識し、口を動かす必要がああります。その分、頭に定着しやすい読み方点されますん。

しかし、黙読の場合、1文字ごとというよりも、一つの単語や文節として注目しながら、読み進んでいきます。

その途中には、文章を飛ばしながら読んでいたり、斜めに読んでいたりなどして、どんどん読み進んでいくために、読書スピードが速いのです。

また、本の内容を理解するために、素早く読むには、黙読のほうが優れていると言えます。

音読が得意とするのは、読んだ本の内容・文章の内容を頭に定着させる必要がある読み方をする場合です。

それぞれの適性に合わせた読み方をすることで、効果的な読書ができるようになっていきます。

まとめ

一般的に読書といえば、黙読で読んでいる人が多いと思います。

もし自分の読書速度が遅いとかんじているひとは、頭の中で音読する癖をなくするだけでもかなり早く読めるようになるはず。

ぜひ一度試してみてください。

 

 

 

関連記事

本の読み方11種類|効果的な方法は目的によって違う

黙読をマスターすれば読書スピードが速くなり読解力が高くなる*当記事

音読とは脳を刺激する読み方|メリットとデメリット

音読する効果は大人にも小学生にもある

精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果

積読は金の無駄ではなく効果があるとしたら驚く?

通読とは初めから最後まで一通り読むこと

朗読とは?音読との違いと朗読の効果

輪読とは?意味とやり方と効果|最速で本を理解する方法

速読の効果|音読(脳内)を止めるだけで効果は実感できる

素読とは声を出して読む方法|幼稚園で素読する理由が分かる

高速音読の脳を刺激する効果がすごい

耽読の意味・使い方・効果

乱読することで読書量が増えチャンスも増える

多読を繰り返すとなぜ英語力は向上するのか

味読は映画を鑑賞するように疑似体験から学ぶ読み方

遅読はそれほど悪いことじゃない|場合によっては速読よりも良い

視読だけでも読書は十分速くなる

音読効果で脳を活性化|頭が良くなり仕事の成果もアップする

黙読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる