読書スピードの平均|遅い理由と速くする対策

読書,スピード

読書スピードだけを速くしても意味がありません。いきなり、読書スピードだけを速くしても、脳の理解速度上げるように鍛えないと、頭に残りません。

また本を読み慣れていなければ、単純に読書スピードは遅いです。

それは、知らない言葉や漢字が原因です。他にもシンプルな原因がありますので、チェックしてみてください。

目次

読書スピードの平均|遅い理由と速くする対策

速読術・速読法など、世の中には早く読める方法がたくさんあります。

有料動画やセミナーなども好評のようです。

速読法は一方では速すぎても、脳への定着率が良くないから有効ではないという説もあります。しかし読書スピードが速くなれば、単純にその分多くの本を読める分、良いことのようですが、その真偽の程はどうなんでしょう。

読書スピードは平均どれくらいの文字数なのか

読書,スピード (1)

日本人の読書スピードは平均で1分間で600文字程度とされています。(参照元:SP速読学院)

600文字といえば、原稿用紙なら1ページと半分です。文庫本なら1ぺーじあたりが600文字から700文字とされていますので、平均的な読書スピードは文庫本で言えば1ページ分くらいということです。(古い文庫本だと800文字くらいに文字が詰まったものもあります。)

小説・文庫本を読む読書スピードの文字数の目安は

書籍のページ数はジャンルによって多少違います。一般的な小説で300ページ前後、経済関連のビジネス書は300ページ超、その他のビジネス書で230〜250ページ程度です。

単純計算すると、平均的な読書スピードで読むと、小説なら5時間位、経済関連のビジネス書なら5時間超、その他のビジネス書で4時間前後が、平均的な読書スピードで読み終わる時間の目安ということになります。

読書スピードが遅い理由

時々「読書スピードが遅いのが悩み」と聞くことがあります。もちろん本人にしてみれば重要問題です。原因となる理由はいくつかあります。

心のなかで音読してる

読書スピードが遅いとされる人に多い理由です。個人の感覚によりますが、頭の中か、心の中で音読している人が多いです。実際に口には出していないものの、口を動かしているようなスピード感になってしまいます。

知らない言葉や漢字がブレーキになってる

普段本をあまり読んでいない人にあるケースです。例えていうなら、普段運動をしていない人がいきなり短距離を走り始めるみたいなものです。

腕の振り方も膝の上げ方も分かっていないので遅いですね。それに近いです。文字を読もうとしているのに、普段読んでいないので、知らない言葉や漢字がたくさんあります。言葉の意味を理解しないままに読み続ける素読という読み方はあります。

しかし、普通は意味がわからないと調べます。スマホアプリは瞬時に調べられるようになりましたが、それでも数秒〜数10秒の時間を取られてしまいます。知らない言葉や漢字が減ってくるまでは、ブレーキになる可能性はあります。

一文字ずつ理解しながら読むくせがついてる

普段本を読まない人の特徴の2番めでもあります。言葉の意味・漢字の意味を考えながら、読んでいきます。ずっと熟読のペースでじっくりと意味を考えながらの読書という癖がついてしまっています。

本を読み慣れていないので頭の理解速度が遅い

読書スピードが速い人は、普段の読書量も非常に多いです。そのため、知らない言葉が少なくなっています。

人の脳は読書に限りませんが、初めて何かをする時は、新しい回路(神経細胞がシナプスでつながったばかり状態)ができます。そして、何度も同じようなことを経験していくと、回路(シナプス)が太くなって、早く処理できるようになります。俗に言う頭の回転が早くなる状態です。

本を読み始めた段階では、文字を目で見て、頭の中で瞬時に過去データから意味を取り出して理解して、また次の文字へ移動して・・・という一連の動きの回路が強く太くなっていない状態です。つまり、頭の回転速度・理解速度が遅い状態である可能性があります。

読書スピードを上げるのは簡単

速読や超速・瞬読という一種のスキルをもった速く読む読み方には、専用のトレーニングが必要です。しかし、今の読書スピードをある程度(例えば2倍)早くすることは、比較的簡単です。

読書スピードを上げる対策

まず、心のなか(または頭の中)で音読する癖をやめることです。癖になっていますので、意識してもすぐには治らないと思いますが、諦めずに繰り返してください。音読防止のために、心のなかで「あー」や「うー」などと発音しているつもりになるのは有効です。

次に、スマホに漢字アプリを入れて、何度も調べて覚えて繰り返します。知らない言葉や漢字を減らしていきます。単純に繰り返すだけです。ブレーキの回数が減っていきます。

熟読する癖対策は、まずは同じ本を何度か読むことです。これは認知科学者の苫米地英人さんが速く読む方法についての本の中で説明しています。(速読セミナーの方法とは違います)

つまり、何度も読むことで、既に知ってる意味の言葉で書かれている状態を作っていきます。この状態を圧倒的に増やしていくと、新しく読む本であっても、知ってる言葉ばかりが並んでいる状態になっていき、熟読しなくともどんどん進んでいくようになります。

この方法を繰り返し、読む本を拡大していくことで、どんどん早く読めるようになっていきます。つまり、知ってる言葉で書かれた文章になっていくということです。

4つ目は、速く読むことを意識して繰り返すことで脳の回転を早くするのです。

まず大前提に、読書には脳の力が必要です。そして脳は、筋肉と同様にトレーニングしたり、意識して動かすことで、能力を高めることができます。

逆に使わなければ年令に関係なく老化するものです。トレーニング方法もシンプルです。筋肉量を増やすには、筋肉をある程度の負荷をかけて普段以上に速く大きく動かしますね。

脳のトレーニングは、文字を見て考えることです。文字を早く読むこと、軽めの問題も何度も「考えて解く」ことを繰り返すことで、鍛えられます。

まとめ

読書スピードは必ずしも速いことが良いことなのかは、なんとも言えません。読書の読み方の種類という当サイトの記事でも紹介していますが、読書の目的によって、最適な読書スピードがあると思います。

ただ、速く読めるほうが、沢山の本を読めるということには一理あります。読書スピードの目安については一般論として紹介しています。普通に読んで、自分がそれより速くても遅くても、卑下することもありませんし、自慢にもなりません。

ただ読書スピードが遅い理由の中には、読み慣れていないことが原因となることがいくつかありますので、対策と合わせて紹介しています。

読書,スピード

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる