理解力が高い人の特徴|知ってることが多くて判断が早い

理解力が高い人,特徴

興味深いことに、理解力がない人と理解力が高い人には、一つだけ共通点があります。

話や物事の最後まで聞いて判断するのが、普通の人です。実は、意味合いは違いますが、理解力のない人と理解力が高い人はは、話を半分程度聞いた時点で、内容を把握しています。

もちろん、理解力がない人は内容の理解を間違えているので意味は違います。

理解力が高い人は、話の半ばまで聞いた時点を全体像をほぼ把握しています。

目次

理解力が高い人の特徴|知ってることが多くて判断が早い

理解度が高い人は、「一を聞いて十を知る」というように、理解力が早いという特徴があります。

当記事では、理解力が高い人の特徴について解説しています。

理解力が高い人の特徴

理解力が高い人とは、教えてもらったことをすぐに覚えて内容を把握する人や、話の一部を聞くだけで全体像が理解できる人(一を聞いて十を知る)という印象があります。もう少し深く調べますと次のような特徴が確認できます。

理解力が高い人の特徴

1)読書量が多い

2)本を追体験して読んでいる

3)記憶力が高い

4)知らないことは謙虚に知らないといい調べる

5)想像力が豊か

6)思考が早く判断が早い

読書量が多い

理解するときに瞬時に行う作業の一つが、過去の記憶情報のデータにアクセスし、今感じている物事と関連する情報があるかどうかを探すことです。記憶情報とは、体験(実体験・追体験・疑似体験)と知識です。

知識と追体験は読書から得られる情報です。本を深く読むことで得られた知識や追体験したことで得られた情報です(ただし読み方によっては蓄積されません)。

やはり理解力が高い人ほど、読書量は多い傾向になります。

追体験したりクリティカルに深く読んでいる

登場人物に自分を重ね、まるで自分で体験したかのように考えながら読むのが、追体験して読むことです。自分の体験のように記憶される可能性があります。疑似体験は実際には経験しないだろうという経験ですが、やはり経験値として記憶される可能性があります。

またクリティカルに読むことで、単に疑うのではなく、事実を調べるという作業を追加して、理解を深めています。

理解力が高い人は記憶力が高い

理解力が高い人は、読書によって得られる情報の記憶以外の記憶力も高いです。

五感を通じて、インプットされ記憶されます。そして数年後に過去に聞いた音楽を再生すると、当時の風景や匂いや空気感などが記憶から蘇ります。

脳は活性化すると前頭前野の血流が増え、記憶力や集中力が高まることがわかっています。つまり理解力が高い人ほど、普段から脳が活性化している時間が長い可能性があります。

知らないことを瞬時に判別し謙虚に知らないと言える

理解力がない人は、記憶のデータにアクセスして照合する際に、データにない知らないことでも知っていると判断し曲解してしまいます。しかし理解力が高い人は、瞬時に記憶のデータにないことを確認すると、謙虚に、これは自分がまだ知らないことです、と言えます。

理解力が高い人は想像力が豊か

理解力が高い人は、記憶のデータと照合する際に、関連する複数のデータと想像力を豊かにして比較することができます。結果的に、幾つもの関連データへの類似性などをイメージすることができることが、豊かな想像力として表現できることになります。

しかし理解力が低い場合、記憶データ自体が少なく、関連データも少ない可能性が高いです。通常の想像力を示すことができません。それでも答えを示そうとするとき、想像力とは言い難い自己流の妄想によって、さほど類似性のないデータを関連づけて答えを出そうとします。

結果、理解力が低い人の場合、自己流の解釈によって物事を判断するようになってしまいます。

思考が早く判断するまでが早い

理解力が高い人は、記憶のデータをたくさん持っていて、関連するデータにすぐにアクセスできます。脳を活性化させる方法やコツを会得していて、仕事に向かう時間帯は、脳の集中力・記憶力が高いレベルにあると思われます。

その結果、思考や判断までの時間が短いので、頭の回転が速いと言われる状態にあります。

脳を活性化する方法は複数あります。姿勢を良くして脳に酸素が行き届く呼吸をしたり、5〜10分の瞑想をします。また利き手と逆の手を使って作業をしたり、高速に音読をすることなどで脳に負荷をかける動きをするなどがあります。

これらの動作をすることで、脳は活性化し、記憶力・集中力が高くなります。

まとめ

理解力が高い人の特徴からいくつか紹介をしています。

「理解できた」「分かった」という状態には、自分の記憶のデータが深く関わっています。

完全に記憶にないことをみたり聞いたりしても「分かった」とはなりません。

過去に経験したり、読んで追体験した情報がなければ、「分かった」とはなりません。ですので、経験値や情報を高めることは理解力が高い人のベースにあると言えます。

理解力が高い人になるには、様々な経験を増やすことと深く読書をすることが重要なのです。

関連記事一覧

読解力

理解力不足で悩む人|理解力は高めることができる

理解力がない人の特徴と原因・対策|他人にはどうにもできない

理解力がない部下への対処法はどうすればいい

理解力を鍛えるのは何歳まで可能|50歳までピークに達しない

理解力を鍛えるトレーニング|日々鍛錬することで理解力は高くなる

理解力が低いことが原因となっておきること

理解力とは?ないとしたらどうすればいい

理解力を高めるために大事な事と方法

理解力を高める方法は7つ|理解力は後天的能力

理解力を高める方法の本ならこの一冊がおすすめ

理解力が高い人の特徴|知ってることが多くて判断が早い*当記事

理解力を高めるにはゲームをしたら読書するのが効果的

理解力が高い人,特徴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次