理解力不足で悩む人|理解力は高めることができる

理解力

理解力の話になると、「自分は生まれつき理解力が低いから仕方がない」などと悲観的なことをいう人がいます。確かにこれから天才レベルに良くなることは難しいかもしれませんが、普通に仕事ができるレベルにはなれるのです。

簡単に言えば、これまでは理解力に関係する脳の能力を使ってこなかったのです。

使ってこなかったので、脳の理解力に関する想像力や判断力や集中力やの動きが鈍いのです。ですので、理解力を高めるための方法を知ってトレーニングをしていけば、理解力は高めることができます。

理解力の成長のピークは50歳ごろとされています。まだまだ間に合います。

目次

理解力不足で悩む人|理解力は高めることができる

理解力1

自分が理解力不足であると気がついた方は、ある意味ラッキーとも言えます。理解力を高める方法を覚えて、日々トレーニングをすることで、徐々に身についたり高めたりすることができるからです。

難しいのは、他人の中に理解力がない人がいる場合です。理解力がない人は、基本的に人からのアドバイスを受け入れる状態にありません。自分自身が辛い思いや痛みを感じなければ、改善しようという気持ちになれないからです。

当記事では、理解力に関する記事をまとめ紹介しています。詳しくはそれぞれの項目のリンク(詳しくはこちら)などからご覧ください。

理解力が低いと頭が悪い人だと感じてしまいますが、理解力不足に気がついて、改善する気持ちになれば、何歳からでも改善できる後天的能力です。

理解力とは

理解力とは、辞書に「物事の道理・道筋を把握して正しく判断できる力」などと表記されています。

現実に、物事に遭遇した時に、私たちは非常に短い時間の間に、理解できるかどうかを判断しています。

具体的には、記憶にある経験と情報のデータにアクセスし照合します。そして比較や分析を高速に行い、理解できるのかを判断しています。もしも記憶のデータに関連あるものが見つからない場合、想像力を使ってある程度近い情報から分析をするのです。それでもわからない場合は、「知らない」「わからない」となります。

しかし理解力がない人は、記憶のデータに近いものや関連するものがないのに、曲解し独自の理論をつけて、わかったことにしてしまいます。

理解力がない人の特徴

理解力がない人には、共通する特徴があります。詳しくは次に紹介しています。自分自身についてもチェックをしてみると良いです。主だった特徴には、次のような特徴があります。

主な特徴には、「理解していないのにわかったと返事をする」「何度も同じ失敗をする」「業務の一つが終わると覚えた業務内容がリセットされる」「覚えたことを次の仕事に応用できない」・・・などがあります。

理解力が低いことが原因で起きてしまうこと

理解力が低いことがきっかけとなって起きてしまうことがあります。問題は当人にやってしまったことに、問題意識がないことです。場合によって会社に損害を与えてしまう可能性もあります。

ですので、状況によってはリスクが少ない仕事の役割へ人事異動があるかもしれません。

相手によっては、会社は損失を受けるだけではなく、相手によっては訴えられる可能性もあるからです。

理解力が低い部下

理解力は実際には読書量に関係しています。理解することができるのは、記憶の中の経験と情報に関係するからです。理解力がないことや低いことが問題になるのは、実際には全く知らないことではなく、少しだけ知っていることに関係しています。

経験と情報が十分にあれば、間違えた判断をすることはありません。しかし判断するために必要な経験と情報の量を100としたときに、50か60程度しか経験と情報がないという物事に出会った時が問題なのです。

本来は判断に不足している40か50の部分を調べてながら、判断し理解すると良いのです。しかし理解力が低い部下は不足部分を調べないままで判断してしまいます。その結果、理解力が低い部下は、さまざまなトラブルを引き起こしてしまします。

理解力がない部下といかにして接していくのかが上司の課題です。

理解力を鍛えることは何歳まで可能なのか

人間の体力は男女共に10代のうちにピークがあります。しかし理解力のように、脳に関係する能力の成長のピークは驚くほど遅いのです。もちろん、放置していて自動的に賢くなるわけではなく、成長に合わせて新しいことを覚えたり、脳に刺激を与えることが必要です。

文章を書いたり話すことは、脳にはとても良い刺激になります。同様に、指先を使って何かをすることは、脳に刺激になります。本を読むにしても、脳の刺激と考えると、普通に黙読するよりも、声に出すのが良い刺激になりますし、早く読む高速音読や感情を込めて朗読することは、話す・聞く・読むを同時に行うことで、脳に良い刺激になります。

脳の理解力のピークは50歳前後とされていますが、ピークを過ぎたとしても、刺激を続けてきた人と何もしてこなかった人とでは大きな差が生まれます。

理解力が高い人の特徴

理解力が高い人の特徴といえば、やはり読書を抜きにはできません。

字面だけを読むような読書になっていませんか。できるだけ考えながら読む読み方が理解力には欠かせません。例えば、小説の場合であれば、登場人物に追体験するように考えながら読んでいるでしょうか。あるいは疑似体験でもいいです。

もし、字面だけを見てどんどんストーリーの展開だけでに注目するような読み方をしていると、読み終わっても、何も残っておらず読み終えた翌日には、7割以上のことは覚えていないことになります。

理解力がある人の読み方は、追体験して読んだり、よく考えながら読み込んでいます。

理解力を高める方法

人が努力をして今よりも良くなろうとするときに、周りには必ず邪魔をする人が出てきます。理解力は後天的能力ですので、いくつかの努力をやめないで続けることで、レベルアップする能力です。

「少しぐらい本を読んでも理解力が高くなることなんてない」と言ってくる人はいるかもしれません。それはその通りです。何かをすることで一晩で、飛躍的にレベルアップすることはありません。

地道な努力が必要です。気がついたら成長してたという地道な努力をしてください。

理解力を高める方法についての本を紹介

理解力を高める方法について書かれている本を1冊紹介しています。

かなりわかりやすく書かれているので、本当におすすめの一冊です。

本のタイトルは、「1%の本質を最速でつかむ理解力」です。

理解力を鍛えるトレーニング

理解力を身につけるため、高めるためには、日々の基礎的なトレーニングが必要です。

重要なことは3つあります。「言葉を知ること」「理解は全体から細部へ向かう順番で」「疑いを持って考える」。以上の3点です。具体的には、「詳しくはこちら」をご覧ください。

理解力を身につけるなら、いずれも重要な基本的なことです。

理解力を高めることができるゲーム

理解力は脳を使う能力ですので、ゲームによっては、有効性があることは以前から言われています。

ただし理解力を高めることに特化して考えると、ゲームによって脳の集中力や判断力が刺激を受けます。そのタイミングで即署をすると、本の内容が記憶されやすくなります。

まとめ

当記事では理解力に関して、記事をまとめて紹介しています。それぞれの記事の詳しい内容は、それぞれのリンクから紹介していますので、ご覧ください。

知能指数が生まれつきの能力であることから、理解力も生まれつきのものであり、少しくらい何かをしても変わらないと思っている人がいます。半分正解です。少しくらいの努力をしても変わらないでしょう。

それは今までの何10年もの生活習慣だった「読書をしない」ことが深く関係しているからです。しかし、地道に当記事で紹介した理解力を高める方法やトレーニングで鍛えていけば、改善する能力です。

関連記事一覧

読解力

読解力は相手が言いたいことを理解する力|9つのポイント

読解力を鍛えるには読んで想像し考えること

読解力がないのは読んだ文章の中に答えを探すから

理解力不足で悩む人|理解力は高めることができる*当記事

理解力がない人の特徴と原因・対策|他人にはどうにもできない

理解力がない部下への対処法はどうすればいい

理解力を鍛えるのは何歳まで可能|50歳までピークに達しない

理解力を鍛えるトレーニング|日々鍛錬することで理解力は高くなる

理解力が低いことが原因となっておきること

理解力とは?ないとしたらどうすればいい

理解力を高めるために大事な事と方法

理解力を高める方法は7つ|理解力は後天的能力

理解力を高める方法の本ならこの一冊がおすすめ

理解力が高い人の特徴|知ってることが多くて判断が早い

理解力を高めるにはゲームをしたら読書するのが効果的

理解力

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次