読書量と年収の関係|相関関係の参照データ

読書量 年収 相関関係

読書量の分だけ年収は増えます。

断定的に聞こえると思いますが、読書量と年収には、完全に相関関係にあると言わざるを得ないデータがあります。

当記事では、公的で客観的であると思われる、文化庁と総務省のデータを根拠に解説しています。

目次

読書量と年収の関係|相関関係があります

人は、10才までに、家に学校の勉強の本以外に、10冊の本があった人は、0冊の人と比べると、大人になってからの年収に大きな差がある。

大人になってからの年収には、20%以上の差があったという大学(イタリアのパドヴァ大学)の論文を紹介していました。

本を読んでこなかった人には、ショッキングな内容です。

またイエール大学出身で、天才と言われる脳機能科学者の苫米地先生も言っています。

「年収はその人が今までに読んできた本の量に比例する」

比例、つまり相関関係にあります。

読書と年収には、脳科学的にも明確な相関関係にあるとしています。

以上の説からも、読書と年収には明らかに関係があります。

関係ないとするのは、無理があります。

読書と年収が関係ない説は、アウトプットしない、行動しない人にとっては、正しいのかもしれません。

読書量と年収の関係|文化庁と総務省のデータからわかること

文化庁の「国語に関する世論調査」というデータ(直近・平成30年度)があります。

その中の第4章に、「読書について」の世論調査結果が示されています。

当記事で注目しているのは、その中の「1ヶ月にだいたい何冊くらい本を読むか」という質問に対する回答です。

約半分近くの人が読書をしない

次のグラフは、文化庁の世論調査データを、筆者がグラフ化したものです。

1ヶ月の読書量

この調査数値は、5年ごとに更新されていますが、10年前と比較しても、1%前後の増減しかありません。読書をする人の数が非常に少ないことが分かります。

月に1冊も読まない人が半数近く(47.3%)います。

月に1〜2冊の人(37.6%)と合わせると、なんと約85%の人が、積極的に読書をしていないことが分かります。

約半分の人が年収300万円以下

総務省が令和2年2月にまとめた年収に関する資料(仕事からの年間収入階級別正規、非正規の職員・従業員数の推移)で、2019年までの過去5年分のデータが示されています。

この資料では、正規・非正規社員の年収別の人口推移がわかります。

次のグラフでは、資料で示されている、正規・非正規、そして男女の区別をなくし、単純に年収と労働人口の割合を示しています。

総務省 年収と人口

2つのグラフを一見するとわかりますように、非常によく似ています。

文化庁は、世論調査を根拠にしており、総務省のデータは、労働力に関するデータです。

このグラフを比べて、年収300万以下(50.7%)の人は、ひと月に1冊の本を読まず(47.3%)、年収1000万以上(2.68%)の人は、ひと月に7冊以上(3.2%)の本を読んでいると断じることは、できません。

しかし、あまりのも酷似しており、関係性を否定するには、無理があるのです。

あくまでも「傾向」という意味では、明確に関係性があると言えます。

読書が先か、年収が先かは、わかりませんが、傾向として、毎月7冊以上の本を読むことを継続していけば、年収1000万円以上になる可能性は大きいと考えて良いのだと思います。

読書量と年収には相関関係がある

40代の人実例を紹介します。彼は、40代になるまでの年間の読書量は月平均だと1冊弱程度でした。

40代前半の転職をきっかけに、仕事上の必要性もあり、月に4〜6冊の読書量になりました。それ以前と比べると約5倍の増加量です。この時の年齢はすでに45歳です。

次第に評価が上がり大きなプロジェクトの担当を任され成功させ、読書を始めた翌年からの年収は毎年100万円ずつ昇給していきました。8桁年収到達です。

一つの参考実例です。

読書量を増やせば年収は上がる

もちろん読書量といっても、漫画本・雑誌だけを読んでるとか、読んでも行動にアウトプットしなければ、だめです。

そういう読書では何も変わりません。

読書と年収が関係ないのは、ごく一部

読書と年収は、関係ないという説が一理あるケースがあります。

一つのケースでは、漫画ばかりを読んでいる人の場合です。残念ながら、漫画の読書量が増えても、年収アップには繋がりません。漫画の読書では、関係ないということです。

漫画は、まるで本を読まないよりは、少しだけマシですが、例えば漫画を読み続けて、語彙力が高まるか、読解力が高まるか、文章力が上がるかということがポイントになります。

読書が仕事に役立つことを考えると、仕事に役立つ知識情報を得る他に、読解力・文章力がレベルアップすることが必要になります。

読書をしても行動しないと年収は上がらない

もう一つのケースでは、ビジネス書や自己啓発の本をたくさん読んでいるが、年収が上がらない。

関係ないという説があります。

それは、せっかく読書量が増えたのに、アウトプットをしないからです。

アウトプットをしない読書であれば、年収が上がることには、関係ないです。

年収に関係性が見つかるためには、仕事の上で優秀になる必要があります。

優秀になって、仕事で良い評価を受ければ、当然年収は上がっていきます。

仕事の上で、優秀な人材というのは、知識や教養・知恵がある人の中にいます。

そのためには、読書をすることで知識や情報を得て、その次にアウトプットする人です。

つまり行動する人です。

アウトプットは、ノートに書き移してみること、誰かに話すこと、自分の行動に置き換えて実行してみること、などの方法があります。

アウトプットの繰り返しにより、耳と目から得た知識や情報は、自分の内部に取り込まれていきます。

年収が上がらない人、せっかく得た情報が自分の行動に現れない人、自分の言動に変化が現れない人、こういう人にとっては、読書と年収は関係ないものです。

アウトプットをしない読書だけでは、年収が上がる事はあまり期待できません。

読書が増えると年収が増えるのには

年収を上げたかったら、ビジネス書と自己啓発本を読んで、アウトプットすることです。

本は、隅々まで読み尽くさなくても、大丈夫です。

ななめ読みでも、飛ばしながらでも結構です。

何か、1つか2つでも、得るものがあれば、OKです。

次に、得たものをアウトプットしてください。

アウトプットとは、以下の通りです。

誰かに話す。

ノートに書き出す。

行動に生かしてみる。

読書量を増やすをしたら、アウトプットすることが、年収を上げる秘訣です。

秘密と言っても良いと思います。

アウトプットのない読書は、年収とは関係ない読書です。

年収との関係がある読書には、アウトプットが必須です。

年収と関係ない読書を続けるのは、もったいないです。

読書量をどうやって増やしたか。

通勤途中の電車の中では勿論のこと、今思えば冗談のようにも思えるが、

電車を降りてから現場までの徒歩10分くらいの距離すらも、歩きながら読んでいました。

読んでいたのは、ビジネス書のハードカバーです。

当時は、お金の余裕があまりありませんでしたので、中古本もたくさん読みました。

ビジネス書はほとんどハードカバーなのです。

読書量は、スキマ時間をかき集めることです。

何かと何かの合間の時間。

非生産性の時間が、細切れにありますね。

それをかき集めることです。

読書量を増やせば実績が上がる年収も上がる|仕事の問題解決方法は本の中にあった

当時の私は、戦略と戦術の違いを言葉で説明できないレベルの人間でした。

何となくは分かるが、明確にその違いを説明できないレベルです。

それが、読書量が増えていく直前の自分でした。

読書と年収が関係ない頃の自分です。

30代になった頃の自分の評価は、年功序列によるものだったように思います。

営業現場の責任者をするようになりました。

しかし、読書を活かすアウトプットをしていませんでした。

読書量も少なかった。

ですので、この頃の読書は、関係ない状態でした。

そして、プロジェクトの販売戦略書を書く必要が出てきました。

それがまったく書けませんでした。

読書をたまにしても、アウトプットすることが習慣化されていなかったからです。

読書と年収の関係ない頃です。

仕方なしに、前任者の残した、過去の販売戦略書を手本にして、

形だけを真似て書いていました。

しかし、そんな付け焼き刃の化けの皮はすぐにはがれてしまいます。

形だけを真似て書いた戦略書は、なかなか上司の了解を得ることが出来ませんでした。

そこから、分からないことを調べる感覚で、本を読み始めました。

また会議等においても、論理的思考で意見を述べることが出来ず、過去経験や感情によった、発言をしてきたように思います。

ロジカルシンキングが出来なければ、会議で意見を言って、共有し、共感を得ることなど出来ないのです。

その頃に読んでいたのは、ロジカルシンキングに関係する本でした。

その後、新規のマンションプロジェクトがスタートし、壁に当たるたびに読んでいたのが「問題発見プロフェッショナル」でした。

そういう読書と作業を繰り返すことが増えていきました。

やっと、読書が年収に関係ないレベルから、関係あるレベルに、移行し始めました。

読書量が少なかった自分|20才30代前半の自分が読んでいたのは、推理小説くらいでした

本を読む事と仕事の関係性に目覚める前(関係ない)の自分が、読んだことのある本は、推理小説位でした。

ですから、本を読む事と仕事の関係性に気づいてから、ビジネス書を読み進めていくのは、かなり大変でした。

何しろ、出てくる言葉が、本当に理解不能でした。

まだまだ、読書と年収が関係ない頃です。

そこで、当時の筆者は、「途中分からないことがあったら飛ばして読む」という読書スタイルで読むようになっていました。

後で考えると、それが良かったのです。

一字一句を理解しながら読んでいたのでは、問題解決しなかったからです。

著者が、本を1冊完成させるまでの、構想〜取材〜執筆を考えると、数ヶ月かけていることがよくあります。

しかし、著者が、その本で伝えたいことは、たいていの場合、1つか2つしかありません。

ですから、飛ばしながらでも、1つのことを得ることが出来たら、その本を読んだ成果はあったということです。

その後、読書量を増やし、現実の業務でアウトプットをするようになっていった時、明らかに、読書と年収に、関係があるように変化をしていきました。

読書量が増えて年収アップは後からついてきた

筆者の場合、40代からたまに読書をする人から、必要に迫られて、ビジネス書を多読する日常に変わりました。

その結果、毎年100万円ずつ年収アップしていきました。

42才の途中入社で、年収650万円から1200万円までアップしたのですから、会社員としては良い方だったと思います。

それは、読書から問題発見と解決のヒントを得て、実践できたことです。

読書と年収が明らかに関係があることを実感し始めました。

ですから、読書と年収には関係ないとする説には、無理があるのです。

読書量と年収は完全に相関関係がある

仕事の課題発見する時、問題を解決する時、本の中からそのヒントを見つけていた

読書量|年収アップの原因は読書量にある

当時の自分の周りにいた誰よりも読書量が多かったことと、それを実務で実践したことです。読書と年収には明らかに相関関係があります。

読書量が圧倒的に増えたきっかけ

筆者の場合、営業リーダーとして現場に従事していたときに、何度もの壁がありました。現場は、新築マンションの販売現場です。事前の計画を立てるときにも、読書からの学びを得ていましたが、本格化していったのは、計画と現実のギャップが起きたときです。

何処に問題があるのか、何を改善すれば、解決するのか、営業チーム員の気持ちを方向付けるには、どうすれば良いのか。これらの状況が、読書量が増えたきっかけでした。

仕事での問題・課題が発生したときに、現実の状況では、同僚も上司も的確なアドバイスなどを出してくれることは、ほぼありません。出てくるのは、根拠の弱い憶測でしかありません。しかし、その憶測に同調して、戦略戦術を立て直し実行して、失敗した時の責任は、結局現場責任者に戻ってきます。

ですから、本の中に、解決策のヒントをみつけるしか無かったのです。日々、関連する本はないかをGoogleで検索し、Amazonで購入していたものです。例えるのは、ちょっと気恥ずかしいですが、星野リゾートの星野社長も同じ事をいってますね。

「現場で起きてる問題課題の解決方法を見つけるために本屋に飛び込んで見つけてくる。答えは本の中にある。」

筆者にとって、星野佳路社長の言葉もまた、今のやり方で良いんだと自信を深め、多読が加速した記憶があります。

読書量と年収の関係|一つだけ注意点

もしこの記事を読んだあなたが、同じように実践してみようということであれば、一つだけ注意点があります

本を読んでインプットばかりしていても、年収アップはしません。出来るだけ、アウトプットをすることです。誰かに、本の内容を話したり、仕事の中で実践行動することです。

最初のうちは、本の受け売りを話している自分を何となく気恥ずかしく思ったりするかもしれませんが、その内になれます。気がつくと、どの本に書いてあったか、誰の言葉だったかも忘れて自分の言葉になっていきます。

この瞬間こそ、思考が変わり、言葉が変わっていく場面です。そして、行動も変わっていきます。

すると、それらのことが、習慣になり、様々な場面での自分の言葉と行動が変わっていっていることが、周りから評価を受けるようになります。会社員にとっての評価は、上司からの評価であり、自分の収入に直結します。

自営業や会社代表者であれば、顧客からの評価になり、会社やお店の売り上げに直結していきます。

読書量と年収を比例させるただ一つのコツ|アウトプット実践=行動

繰り返していますが、読書は実務に役立ててみる、応用し実行してみることです。この繰り返しで、あなたの評価はぐんぐん上昇します。当然年収も上昇していくはずです。

読書量と年収の関係性を最大限に発揮させようと考えるならば、今現在取り組んでいる仕事や、やるべきことに関連する読書を行うことです。そして、その後に実践してみることです。

途中、壁に当たることもあると思います。しかし、壁にへこたれずに、関連する読書を繰り返し、取り組んでいる仕事の課題や、問題の発見や解決を繰り返していく。この方法が、最も効果がある方法だとをお勧めします。

ある時に、振り返るとあなたは読書量が増えたこと、年収が増えた事に、その関係性を見いだすでしょう。ですから読書と年収が関係ないと言う説はまちがいであり、関係ないと言う説を唱える人は、このアウトプットの視点が抜けています。

読書量が営業の成績をアップさせる

チームリーダーであっても、管理者や経営者であっても、読書を繰り返し、日常で実践することで、年収アップは約束されていくはずです。しかし、部下のいない一人の組織人や営業マンであっても、同じ事が起きます。

読書をすることで、様々な人の思考を知ることが出来ます。営業マンは、顧客の心理や思考を理解出来なければ、独りよがりの営業トークや行動しか出来ません。しかし、読書量を増やし、顧客心理に関する本も多読する事で、顧客心理を想像できるようになっていきます。

今の時代は、情報のなかった昔と違い、顧客心理を考えた営業が必要です。情報のなかった頃の営業は、誠意と情熱と情報だけで、営業成績をあげることが出来ました。今の顧客は、担当やお店が持つ情報と同じレベルに、ネットから情報を得ています。

顧客の思考や心理が分からなければ、営業成績を上げることは出来なくなりました。つまり、一生懸命に体力で営業をしていても、成績はついてこないのです。顧客の心理や行動を考えた営業をしていかなければ、成績は上がりません。

読書をすることで、顧客心理や思考・行動が分かるようになれば、成績は自然とついてくるようになります。闇雲に体力任せに、頑張れば、結果の出る時代ではありません。営業マンこそ、読書・多読をするべきなのです。

まとめ

読書量と年収に相関関係があることは明白です。

年収が上がるということに、読書量は必要条件になります。年収の分布と読書量の分布が酷似しています。

読書量が少ない経営者もいますが、会社の状態は良い状態を維持できずに、淘汰されていきます。

会社員にしても、出世の早い人や上級管理職として実力を示している人、営業マンなら営業成績が継続的に良い状態をキープできてる人には読書家が非常に多いです。

幸運をつかみ試される昇格をした人は、その後読書の重要性に気づけた人は職位を維持していますし、そうではない人はその後の降格人事の対象になります。

関連記事

読書効果は研究からも明らか!大人になるほど差がつく! 

寝る前の読書のデメリット|効果とメリット

読書量と年収は相関関係ないは間違い!参照データあり!*当記事

読書のデメリットは意外に多い|メリットしかないと思ったが

読書はアウトプットすることで効果が最大化する

読書の必要性は大きい!子どもだけじゃなく大人にも読書を

読書の効果は子どもから|読書量が大事

読書が効果ないのは方法を間違えてます

読書効果は小説にもある|娯楽だからと馬鹿にできません

毎日本を読むと脳に良い効果が大きくなる理由

朝読書の効果が高いのは理にかなった理由があるから

読書には認知症を予防する効果が期待できる

読書の効果を上げるのはカンタンにできることばかり

読書効果が高い本のジャンルは何?求める目的によって違う

親子読書がおすすめな効果とやり方

読書量 年収 相関関係

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる