「あした死ぬかもよ?」の要約・要約・感想

レビュー

「あした死ぬかもよ?」は、人生の不確実性に対する考え方を変えることで、より充実した毎日を過ごすための指南書です。ひすいこたろうは、死をテーマにしながらも、それをポジティブに捉え、今を大切に生きることの意義を説いています。日常生活の中での自己との向き合い方や人間関係の築き方、価値ある時間の過ごし方について、具体的なアドバイスを通じて、読者に前向きな生き方を促しています。

目次

「あした死ぬかもよ?」の作品情報

書籍名:あした死ぬかもよ?人生最後の日に笑って死ねる27の質問名言セラピー

著者:ひすいこたろう

出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

発行年:2012年12月26日

「あした死ぬかもよ?」の著者情報

ひすいこたろう氏は、多岐にわたる活動をされているベストセラー作家です。新潟県十日町市出身で、サラリーマンから作家へと転身されました。公開されている情報によると、氏の年齢は52歳以上とされています。氏は、赤面症を克服するため、そして人とのコミュニケーションが苦手だった経験から、書くことによる伝達方法を選択しました。その後、心理カウンセラーの資格を取得し、作家としての道を歩み始めました。作家になる決意をした後は、ブログを通じて1800本の記事を目標に執筆し、その努力が実を結び、ベストセラー作家にまで上り詰めました。

氏は「3秒でハッピーになる名言セラピー」など、数多くの著書を持ち、YouTubeチャンネル「ひすいこたろうの名言セラピー」でも活躍されています。これらの活動を通じて、多くの人々にポジティブな影響を与えています。素顔や本名などは非公開で、公の場には顔を出さず活動されていますが、講演会やイベントなどでは直接お会いすることが可能です。

ひすいこたろう氏は、「視点が変われば人生が変わる」というモットーのもと、幸せ翻訳家、自己啓発作家、心理カウンセラー、漢字セラピストなど、さまざまな肩書を持っており、書籍やYouTubeを通じて、多くの人に影響を与え続けています。

「あした死ぬかもよ?」の要約

『あした死ぬかもよ?』は、日々を意識的に生きるために考え直すべき問いかけを提供する本です。著者のひすいこたろう氏は、27の質問を通じて、読者に自分自身との向き合い方、人生の価値観、そして時間の使い方について深く考えさせます。例えば、「自分が自分にかけている制限は何か」「死ぬ前にやりたいことリスト10は」「今日飲むお茶が最後のお茶だと思ったら、いままでと何が変わるか」などの質問を通じて、自分の人生を見つめ直すきっかけを提供しています。

これらの質問は、私たちが日常生活の中で無意識に受け入れている制限や思い込みに挑戦し、今この瞬間をより深く味わい、人生をより充実させるための方法を探ることを促します。また、本書は単に読むためのものではなく、自分自身について深く考え、自分の人生における重要な決断を下すためのヒントを見つけるためのものとして設計されています。

読者は、この本を通じて、自分の人生がどれほど貴重であるかを再認識し、「今すぐにでも死んでしまうとしたらどう生きるか」という問いを自問自答することで、日々をより意味のあるものに変えるきっかけを得ることができるでしょう。このようにして、『あした死ぬかもよ?』は、読者に対して、自分の人生を主体的に生きるためのインスピレーションを提供しています。

「あした死ぬかもよ?」の200字要約

『あした死ぬかもよ?』は、ひすいこたろう著の自己啓発書で、27の深い質問を通して、読者に日々を意識的に生きることの大切さを教えます。自分自身との向き合い方、価値観、時間の使い方を見つめ直すきっかけを提供し、人生をより充実させる方法を探求します。

「あした死ぬかもよ?」の要点

『あした死ぬかもよ?』の内容における要点は以下の通りです。

  • 自己反省の促進:27の質問を通じて、読者に自分自身との向き合い方や人生の価値観、時間の使い方について深く考えさせます。
     
  • 日常の見直し:自分の置かれている状況や日常生活の中で無意識に受け入れている制限や思い込みに挑戦し、より意識的な生き方を模索します。
     
  • 人生の価値再認識:「今すぐにでも死んでしまうとしたらどう生きるか」という問いかけを通じて、人生の貴重さや日々の生活の意味を再評価します。
     
  • 行動の変化への動機づけ:読者が自分の人生における重要な決断を下すためのヒントを見つけ、自分の人生をより充実させるための行動を促します。

この本は、読者に対して自分の人生を主体的に生きるためのインスピレーションを提供し、日々をより意味のあるものに変えるきっかけを提供します。

「あした死ぬかもよ?」の感想

ひすいこたろう著「あした死ぬかもよ?」は、27の質問を通して、人生の価値や生き方について深く考えさせてくれる作品です。

この本を読んだ後、私は以下の点について考えさせられました。

  • 自分にとって本当に大切なものは何か
  • 後悔しない生き方をするためにはどうすれば良いか
  • 今この瞬間をどのように生きていくか

また、日々の生活の中でつい忘れてしまいがちな大切なことに気づかせてくれました。

おすすめポイント

  • 人生について深く考えたい方
  • 生き方に迷っている方
  • 後悔しない人生を送りたい方

この本は、何度も読み返すことで、その度に新しい発見や気づきを得ることができる作品だと思います。

ぜひ多くの方に読んでいただきたい作品です。

関連記事一覧

レビュー

自己啓発書の要約・要点・感想のまとめ

「さあ才能に目覚めよう」の要約・要点・感想

「育てる技術」の要約・要点・感想

「働き方」の要約・要点・感想

「原因と結果の法則」の要約・要点・感想

「人を動かす」の要約・要点・感想

「小さな習慣」の要約・要点・感想

「あやうく一生懸命生きるところだった」の要約・要点・感想

「あした死ぬかもよ?」の要約・要約・感想

「反応しない練習」の要約・要点・感想

「置かれた場所で咲きなさい」の要約・要点・感想

「大河の一滴」の要約・要点・感想

「道をひらく」の要約・要点・感想

30代を無駄に生きるな|あらすじとポイント

【感想】30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント

【感想】嫌われる勇気|あらすじとポイント

【感想】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義|あらすじとポイント

【感想】うまくいっている人の考え方|あらすじとポイント

【感想】気くばりのすすめ|あらすじとポイント

【感想】仕事は楽しいかね|あらすじとポイント

【感想】「7つの習慣」の要約・あらすじ・要点

【感想】「70歳が老化の分かれ道」の要約・要点

【感想】「80歳の壁」の要約と要点

【感想】「ずっとやりたかったことをやりなさい」の要約と要点

【感想】「夢をかなえるゾウ」の要約と要点

「ユーモアは最強の武器である」の 要約・要点・書評

「やりたい事の見つけ方」の要約・要点・感想

「君主論」の要約・要点・感想

「学習する組織」の要約・要点・感想

「脳を鍛えるには運動しかない」の要約・要点

「限りある時間の使い方」の要約・要点

「ゾウの時間 ネズミの時間」の要約と要点

「実力も運のうち 能力主義は正義か」の要約と要点

「僕は君たちに武器を配りたい」の要約と要点

「ハーバードの人生を変える授業」の要約・要点・感想

目次