「気くばりのすすめ」の要約・要点・感想

レビュー1

生きている限り、必ず誰かと人間関係が存在します。

人によっては、面倒と感じるかもしれません。しかし、所詮人は一人で生きていけないものです。

自分が生きやすくなるためには、人間関係を円滑にすることも必要です。

本書にはそのヒントがあります。

目次

作品情報

本のタイトル|気くばりのすすめ(最終版)

出版社|さくら舎

ページ数|200ページ

発売日|2020年4月9日

1982年9月に出版した「気くばりのすすめ」は400万部を超えるベストセラーになり、本書はその最新版であり、最終版です。コミュニケーション、人間関係、心理学、自己啓発。

著者

著者は鈴木健二氏です。元アナウンサー。1988年にNHK退職後も活発に社会事業に専心。ベストセラーの「気くばりのすすめ」以外にも200冊を超える著書があります。本書以外の代表作は、「何のため、人は生きるかー人生の礎を求めて90年」「必ず成功する!新展開の道徳授業」などがあります。

要約

鈴木健二の「最終版 気くばりのすすめ」は、「気くばり」の大切さを強調し、人間関係をより円滑にするための心の姿勢に焦点を当てた一冊です。

相手の立場を理解し、共感することで信頼関係を築く重要性や、コミュニケーションの質を向上させる方法が紹介されています。感謝の気持ちや謙虚さを持つこと、そして相手を思いやる心を大切にすることが、「気くばり」の基本であると述べられています。

鈴木氏の経験とエピソードを交えながら、実践的なアドバイスが読者に提供されています。本書は、自己変革と人間関係の向上に関心のある読者にとって、価値ある一冊と言えるでしょう。

要点

「最終版 気くばりのすすめ」は、人間関係を円滑にするための気くばりの技術と心構えを紹介した本です。この本に書かれている重要ポイントは以下の通りです。

・気くばりとは、相手の気持ちや状況を察して、適切な言動をすることです。気くばりは、相手に好感を持たれるだけでなく、自分自身の心も豊かにします。

・気くばりをするためには、まず自分の感情や思い込みにとらわれず、客観的に物事を見ることが大切です。自分の視点だけでなく、相手の視点や立場も考えることができれば、気くばりのチャンスが増えます。

・気くばりをする際には、言葉だけでなく、態度や表情、声のトーンなども大切です。相手に寄り添うような姿勢や笑顔、やさしい声などで、気くばりのメッセージを伝えることができます。

・気くばりは、相手に合わせて柔軟に変えることができます。相手の性格や関係性、場面や環境などに応じて、気くばりの方法や度合いを調整することができます。

・気くばりは、自分から積極的に行うことが大切です。待っていても気くばりの機会はなかなか訪れません。自分から気くばりをすることで、相手との信頼関係やコミュニケーションが深まります。

関連記事一覧

レビュー

自己啓発書の要約・要点・感想のまとめ

「あした死ぬかもよ?」の要約・要約・感想

「反応しない練習」の要約・要点・感想

「置かれた場所で咲きなさい」の要約・要点・感想

「大河の一滴」の要約・要点・感想

「道をひらく」の要約・要点・感想

【感想】30代を無駄に生きるな|あらすじとポイント

【感想】30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント

【感想】嫌われる勇気|あらすじとポイント

【感想】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義|あらすじとポイント

【感想】うまくいっている人の考え方|あらすじとポイント

気くばりのすすめのあらすじと要点と感想*当記事

【感想】仕事は楽しいかね|あらすじとポイント

【感想】「7つの習慣」の要約・あらすじ・要点

【感想】「70歳が老化の分かれ道」の要約・要点

【感想】「80歳の壁」の要約と要点

【感想】「ずっとやりたかったことをやりなさい」の要約と要点

【感想】「夢をかなえるゾウ」の要約と要点

「ユーモアは最強の武器である」の 要約・要点・書評

「やりたい事の見つけ方」の要約・要点・感想

「君主論」の要約・要点・感想

「学習する組織」の要約・要点・感想

「脳を鍛えるには運動しかない」の要約・要点

「限りある時間の使い方」の要約・要点

「ゾウの時間 ネズミの時間」の要約と要点

「実力も運のうち 能力主義は正義か」の要約と要点

「僕は君たちに武器を配りたい」の要約と要点

「ハーバードの人生を変える授業」の要約・要点・感想

目次