【感想】30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント

レビュー

お金と生き方に関する著書が多い本田健さんの著書です。

30代は大切な年代とする2作目です。

30代の10年間の過ごし方で、今後が決まるとしています。後で振り返って、悔いなく過ごせるための秘訣が書かれています。

目次

作品情報

本のタイトル|30代にとって大切な17のこと

出版社|きずな出版

ページ数|240ページ

発売日|2021年9月22日

単行本(ソフトカバー)の他にAmazonのKindleも購入可能

著者

著者は本田健さん。29歳から育児セミリタイヤ生活に入り、その間に作家を目指し執筆活動をスタートしています。お金と生き方に関する著作が多い。有名な著作に、「ユダヤ人大富豪の教え」「大富豪からの手紙」などがあり、200冊以上の本を書いている多作家でもある。

あらすじと感想

30代を人生で一番忙しい年代だと位置づけています。

仕事について、家族環境について、親のこと等、の様々な変化が30代の10年間に一度に発生します。個人によっては、経済面でも大きなが違いが起きてきます。

自分自身の30代も振り返りつつ、20年先を生きている先輩として、20代では早すぎ、40代では遅すぎるかも知れない事にフォーカスして、様々な面から伝えてくれています。

多作な本田さんだから、似ているタイトルの本も増えるのかも知れません。本書の発売の約10年前に、「30代にしておきたい17のこと」を出版されています。

正直なところ、しておきたいことと、大切なことは、当然まったく同じではありますが似ている部分はあります。もし、前作を読んでいる方なら、そのつもりで読まれた方が良いです。内容自体は、30代の人に気づきを与えるきっかけになると思われる内容です。

30代をリアルタイムで生きている人は、各個人の人生の振れ幅が最も大きいのかも知れません。ふわふわしている人には是非読んでいただきたい。

重要ポイント

本書に書かれている重要ポイントを紹介します。

・社会の中で自分の現在位置を知り居場所を作る

・自分の生き方で何を優先して生きていくのかを決める

・自分の家族と親兄弟との関係性を考える

・友人との関係性を考え近すぎない良い関係性を持つ

・人間関係が非常に重要

・仕事が人生に良くも悪くも大きく影響する

・30代で今後50年を考える

・30代にどう過ごすのかで生涯年収の95%がきまる

まとめ

前作といって良いのか分かりませんが、「30代にしておきたい17のこと」とよく似ていますが、10年後にかかれた本書は、親との関係性などについて、少し表現が変わっているところが興味深い部分です。

ただ、全体的には大きくは変わってはいません。

30代は、本田さんが言うように転職ができる最後の10年です。実際には、様々な原因により、40代50代でも転職をする人の数は少なくはないです。最後の10年というのは、ステップアップという意味での転職です。

いずれにしましても、30代の過ごし方、特に仕事においては、その後の人生に大きく影響します。重要な10年を考えながら生きることです。

関連記事一覧

【感想】運転者 未来を変える過去からの使者|あらすじとポイント

【感想】30代を無駄に生きるな|あらすじとポイント

【感想】30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント*当記事

【感想】嫌われる勇気|あらすじとポイント

【感想】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義|あらすじとポイント

【感想】うまくいっている人の考え方|あらすじとポイント

レビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる