「ハーバードの人生を変える授業」の要約・要点・感想

レビュー

「ハーバードの人生を変える授業」とは、ハーバード大学の人気授業である「幸福論」にインスパイアされた内容を扱った書籍で、日本ではたいへん人気があります。著者であるタル・ベン・シャハーが教えるこの授業は、心理学の研究に基づいて人々の幸福度を高める方法を模索するものです。

この書籍は、人生の質を高め、より幸せに生きるための指針を提供することを目的としていますが、それらを構成する具体的な要素や、日々の生活の中でできる習慣の提案など、役立つ情報が詰まっています。立ち止まって自分の人生と向き合い、何を大切に生きるべきかを考えさせられる1冊となっていることでしょう。

目次

「ハーバードの人生を変える授業」の作品情報

書籍名:ハーバードの人生を変える授業

著者:タル・ベン・シャハー

出版社:大和書房

発行年:2015年1月10日

「ハーバードの人生を変える授業」の著者情報

タル・ベン・シャハーは、イスラエル出身の心理学者、作家、講演家です。1970年生まれ、テルアビブ大学で哲学と心理学を学び、ハーバード大学で組織行動論の博士号を取得しました。

2002年から2011年までハーバード大学で教鞭をとり、ポジティブ心理学とリーダーシップのコースを担当しました。そのうち、「幸福心理学」は、ハーバード大学史上最も人気のあるコースとなり、1学期あたり約1400人の学生が受講しました。

このコースは、幸せとは何か、幸せになるためには何をすればよいか、といったテーマについて、科学的根拠に基づいて解説したものです。ベン・シャハーのユーモアあふれる講義は、多くの学生や一般の人々に支持され、彼は「幸せの伝道師」として知られています。

ベン・シャハーは、幸せを追求する上で重要なのは、外的な条件ではなく、自分の内面にあると説いています。具体的には、以下の3つの要素を挙げています。

  • 感謝:自分の持っているものに感謝する
  • 思いやり:他人を思いやり、助けようとする
  • 学び:新しいことを学び、成長する

ベン・シャハーの著書は、世界25カ国以上で翻訳され、累計発行部数は100万部を超えています。代表的な著書に、「ハーバードの人生を変える授業」(2007年)、「HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド」(2010年)、「Choose the Life You Want」(2012年)などがあります。

「ハーバードの人生を変える授業」の要約

本書は、幸せとは何か、幸せになるためには何をすればよいか、といったテーマについて、52のレッスンにわたって解説しています。その中で、ベン・シャハーは、幸せを追求する上で重要なのは、外的な条件ではなく、自分の内面にあると説いています。具体的には、以下の3つの要素を挙げています。

  • 感謝:自分の持っているものに感謝する
  • 思いやり:他人を思いやり、助けようとする
  • 学び:新しいことを学び、成長する

本書では、これらの要素を身につけるための具体的な方法が紹介されています。例えば、感謝ノートをつける、ボランティア活動をする、新しいことに挑戦する、などです。

また、本書では、幸せになるための障害となるものについても解説されています。例えば、比較の罠、自己評価の罠、恐れ、などです。これらの障害を乗り越える方法についても、具体的な方法が紹介されています。

本書は、幸せになるためのヒントを与えてくれる、実践的な内容となっています。幸せになりたいと願うすべての人におすすめの1冊です。

以下に、本書の52のレッスンの中から、いくつかの代表的なレッスンを紹介します。

  • レッスン1:感謝する

感謝することは、幸せを増やすための最も効果的な方法の1つです。感謝ノートをつける、感謝の気持ちを言葉で伝える、など、感謝の気持ちを表現する方法はいろいろあります。

  • レッスン2:思いやりを持つ

思いやりを持つことは、自分自身を幸せにするだけでなく、周りの人々も幸せにする効果があります。ボランティア活動をする、誰かの話をじっくり聞く、など、思いやりを示す方法はいろいろあります。

  • レッスン3:学び続ける

新しいことを学び続けることは、脳を活性化し、幸せな気分を高める効果があります。新しいことに挑戦する、旅行をする、本を読む、など、学び続ける方法はいろいろあります。

  • レッスン4:今に集中する

過去や未来ばかり考えていると、今を楽しめません。今に集中して、目の前のことに取り組むことで、幸せを感じられやすくなります。

  • レッスン5:つながりを大切にする

大切な人とつながっていることは、幸せを感じるうえで大切なことです。家族や友人と時間を過ごす、新しい人と知り合う、など、つながりを大切にする方法はいろいろあります

「ハーバードの人生を変える授業」の200字要約

幸せとは、外的な条件ではなく、自分の内面に生まれるものである。感謝、思いやり、学び、今に集中する、つながりを大切にする、といった要素を身につけることで、幸せを増やすことができる。

「ハーバードの人生を変える授業」の要点

本書では、幸せを追求する上で重要なのは、外的な条件ではなく、自分の内面にあると説いています。

本書の要点は、以下の3つにまとめることができます。

  1. 幸せは、外的な条件ではなく、自分の内面に生まれるものである。

幸せは、お金や地位、名声など、外的な条件によって決まるのではなく、自分の内面にある感謝、思いやり、学び、今に集中する、つながりを大切にする、といった要素によって決まります。

  1. 幸せを増やすためには、自分の内面を豊かにする必要がある。

感謝の気持ちを持ち、他人を思いやり、新しいことに挑戦し、今に集中し、大切な人とつながることで、幸せを増やすことができます。

  1. 幸せになるためには、行動を起こす必要がある。

幸せになるためには、ただ考えたり、願ったりするだけでは不十分です。具体的な行動を起こすことで、幸せを実現することができます。

本書は、幸せになりたいと願うすべての人におすすめの1冊です。幸せになるためのヒントを与えてくれる、実践的な内容となっています。

「ハーバードの人生を変える授業」の感想

書籍「ハーバードの人生を変える授業」を読んだ感想は、以下のとおりです。

幸せは、外的な条件ではなく、自分の内面に生まれるものであるという考え方に、とても共感しました。
これまで、幸せはお金や地位、名声など、外的な条件によって決まるものだと考えていました。しかし、本書を読むことで、幸せは自分の内面にある感謝、思いやり、学び、今に集中する、つながりを大切にする、といった要素によって決まるものだと知りました。

この考え方は、とてもシンプルでありながら、とても深いものです。外的な条件は、幸せに影響を与えることはありますが、それだけでは幸せを完全には満たすことはできません。幸せを本当に手に入れるためには、自分の内面を豊かにすることが大切なのです。

幸せになるためには、具体的な行動を起こす必要があるということも、とても印象的でした。
本書では、幸せを増やすための具体的な方法が紹介されています。例えば、感謝ノートをつける、ボランティア活動をする、新しいことに挑戦する、などです。

これらの方法は、どれもすぐに実践できるものです。幸せになりたいのなら、ただ考えたり、願ったりするだけでは不十分です。具体的な行動を起こすことで、幸せを実現することができます。

本書は、幸せになるためのヒントを与えてくれる、実践的な内容となっていると感じました。
本書は、幸せとは何か、幸せになるためには何をすればよいか、といったテーマについて、わかりやすく解説されています。また、幸せを増やすための具体的な方法も紹介されており、とても参考になりました。

幸せになりたいと願うすべての人におすすめの1冊です。

関連記事一覧

レビュー

自己啓発書の要約・要点・感想のまとめ

「あやうく一生懸命生きるところだった」の要約・要点・感想

「あした死ぬかもよ?」の要約・要約・感想

「反応しない練習」の要約・要点・感想

「置かれた場所で咲きなさい」の要約・要点・感想

「大河の一滴」の要約・要点・感想

「道をひらく」の要約・要点・感想

30代を無駄に生きるな|あらすじとポイント

30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント

「嫌われる勇気」の要約と要点と感想

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義|あらすじとポイント

うまくいっている人の考え方|あらすじとポイント

気くばりのすすめ|あらすじとポイント

仕事は楽しいかね|あらすじとポイント

「7つの習慣」の要約・あらすじ・要点

「70歳が老化の分かれ道」の要約・要点

「80歳の壁」の要約と要点

「ずっとやりたかったことをやりなさい」の要約と要点

「夢をかなえるゾウ」の要約と要点

「ユーモアは最強の武器である」の 要約・要点・書評

「やりたい事の見つけ方」の要約・要点・感想

「君主論」の要約・要点・感想

「学習する組織」の要約・要点・感想

「脳を鍛えるには運動しかない」の要約・要点

「限りある時間の使い方」の要約・要点

「ゾウの時間 ネズミの時間」の要約と要点

「実力も運のうち 能力主義は正義か」の要約と要点

「僕は君たちに武器を配りたい」の要約と要点

「ハーバードの人生を変える授業」の要約・要点・感想*本記事

目次