「人を動かす」の要約・要点・感想

レビュー

デール・カーネギーの著書「人を動かす」は、人間関係を良好に保ち、相手に影響を与えて自分の目的を達成するための方法を解説した本です。この本は、1936年に初版が出版されて以来、世界中で読まれ続けているベストセラーであり、人間関係のスキルを高めるための古典的なガイドとして広く認知されています。

目次

「人を動かす」の作品情報

書籍名:人を動かす

著書名:デール・カーネギー

出版社:創元社

発行年月:1936年初版

「人を動かす」の著者情報

デール・カーネギー(Dale Carnegie)は、1888年11月24日にアメリカ合衆国のミズーリ州で生まれた作家、講師であり、自己啓発および人間関係スキル向上に関する多くの著名な書籍の著者です。彼は特に、1936年に出版された「人を動かす」(原題:How to Win Friends and Influence People)で世界的に知られています。

彼の教育プログラムの成功により、デール・カーネギーは人間関係の構築、自己改善、スピーチ技術の専門家としての地位を確立しました。彼の方法は、実用的なアドバイスと実生活からの具体的な例を組み合わせることで、多くの人々に影響を与えることができました。

「人を動かす」の要約

デール・カーネギーの著書『人を動かす』は、人間関係を向上させることに注目し、対人スキルの重要性を教える自己啓発書です。コミュニケーション、リーダーシップ、人間心理を理解し活用することで、人と円滑に関わり、相互の成功に寄与する方法を提供します。


主な原則と内容

  • 認める姿勢: 相手の意見も尊重し、共感を示すことが大切です。
  • 感謝を示す: 誠実な関心と感謝を伝えることで、人との良好な関係が築かれます。
  • 名前を覚える: 人の名前を覚え、呼ぶことの大切さを強調しています。
  • 聞き手になる: 積極的に聞き、相手の関心に応えることで信頼関係を築きます。
  • 議論を避ける: 議論は避け、対話を通じて理解を深めるほうが建設的です。

実践への応用

  • 自己変革を促す: 自分自身の行動を変えることで、他人との関係も良い方向に導くことができます。
  • 人間関係の原則: 30の原則を具体的な実話や実践例を交えて学び、人間関係を改善するための指南書となっています。

「人を動かす」の200字要約

「人を動かす」は、批判を避け感謝を示すこと、相手の立場を理解し尊重することで、人間関係を良好に保ち他者を影響力のある方法で動かす技術を教える実用書です。対人スキルの向上、コミュニケーションの改善を目指し、具体的なアドバイスと実例を通じて、人とより良い関係を築く方法を解説しています。

「人を動かす」の要点

デール・カーネギーの「人を動かす」は、人間関係を良好にするための実践的なガイドブックです。本書の要点は以下の通りです。

  1. 人を扱う基本原則: 批判や非難を避け、誠実な感謝を示し、相手の興味を引き出すことが重要です。
     
  2. 人を変えさせる方法: 相手に自発的に変化を促すには、非難せず、誤りを認めやすくし、誠実な評価と認識を促します。
     
  3. 人に影響を与える方法: 良好な対人関係を築くには、相手に関心を持ち、名前を覚えて使い、相手の話を真剣に聞き、相手の好意を得ることが効果的です。
     
  4. リーダーとして人を動かす方法: チームメンバーを励まし、個々の能力を認識し、目標達成に向けて前向きな環境を作り出すことが求められます。

本書では、これらの原則を日常生活や仕事に応用するための具体的なアドバイスと実例が豊富に提供されています。対人関係の改善、コミュニケーションスキルの向上、影響力のあるリーダーシップの発揮に役立つ内容となっています。

「人を動かす」の感想

デール・カーネギーの『人を動かす』は、対人関係におけるスキルやコミュニケーションの取り方について書かれた名著です。この本を読んで私が感じたことは以下の通りです。

まず、この核となる考え方は「相手を思いやり、尊重する」ということにあります。相手を非難したり、批判したりするのではなく、相手の立場に立って物事を考え、積極的に相手の良い点を認めることが大切だと説かれています。これにより、相手との関係を構築でき、相手の協力を得やすいということです。

また、人間関係の基本は、相手の気持ちを第一に考えること、つまり「人を喜ばせるから始める」ということが説かれています。常に自分の利益だけを追求するのではなく、相手の満足を第一に考えることで、長期的には自分自身の利益にもつながるということが示されています。

さらに、この本では具体的な対人コミュニケーションの技術が数多く紹介されています。例えば、「称賛と積極的な関心」、「傾聴する力」、「アドバイスはソフトに」など、言葉の選択や態度の在り方について詳しく解説されています。また技術を実践することで、人間関係がよりスムーズになり、自分のアイデアや意見を伝えられるようになりました。

総じて、この本を読んで私が感じたのは、人と上手くつきあうためには、「思いやりの心」と「傾く姿勢」がむしろ大切だということです。する言葉は人間関係を損なうだけです。相手の立場に立って気持ちを推し量り、相手の良い点を認め、尊重することが真剣なのだと思いました。この考え方を実践することで、良いな人間関係を見通し、他者から信頼され、自分のアイデアを受け入れてもらえるはずです。

関連記事一覧

レビュー

自己啓発書の要約・要点・感想のまとめ

「さあ才能に目覚めよう」の要約・要点・感想

「育てる技術」の要約・要点・感想

「働き方」の要約・要点・感想

「原因と結果の法則」の要約・要点・感想

「人を動かす」の要約・要点・感想*本記事

「小さな習慣」の要約・要点・感想

「あやうく一生懸命生きるところだった」の要約・要点・感想

「あした死ぬかもよ?」の要約・要約・感想

「反応しない練習」の要約・要点・感想

「置かれた場所で咲きなさい」の要約・要点・感想

「大河の一滴」の要約・要点・感想

「道をひらく」の要約・要点・感想

30代を無駄に生きるな|あらすじとポイント

【感想】30代にとって大切な17のこと|あらすじとポイント

嫌われる勇気の要約と要点と乾燥

【感想】「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義|あらすじとポイント

【感想】うまくいっている人の考え方|あらすじとポイント

【感想】気くばりのすすめ|あらすじとポイント

【感想】仕事は楽しいかね|あらすじとポイント

【感想】「7つの習慣」の要約・あらすじ・要点

【感想】「70歳が老化の分かれ道」の要約・要点

【感想】「80歳の壁」の要約と要点

【感想】「ずっとやりたかったことをやりなさい」の要約と要点

【感想】「夢をかなえるゾウ」の要約と要点

「ユーモアは最強の武器である」の 要約・要点・書評

「やりたい事の見つけ方」の要約・要点・感想

「君主論」の要約・要点・感想

「学習する組織」の要約・要点・感想

「脳を鍛えるには運動しかない」の要約・要点

「限りある時間の使い方」の要約・要点

「ゾウの時間 ネズミの時間」の要約と要点

「実力も運のうち 能力主義は正義か」の要約と要点

「僕は君たちに武器を配りたい」の要約と要点

「ハーバードの人生を変える授業」の要約・要点・感想

目次