文章力がない原因と対策

文章力がない 原因

文章力がない人が自分自身が感じている状況と、周りの人が感じている状況には大きな隔たりがあります。

本人が思う以上に状況は深刻です。

社会人には文章を書く場面が、ほぼ毎日たくさんあります。

上司が「文章力がない社員」に対して思うことは、「この社員には任せられないな」ということです。

つまり文章を書けないこの社員は自分の行動や成果について、論理的に説明できない人であり、マネジメントの仕事を任せることはできないので、当面出世する可能性はないということになります。

なぜ文章力がない人になってしまったのか、対策はないのかについて、深掘りします。

目次

文章力がない原因は何か?対策は?

文章力がない人の特徴 (2)

文章力がない人には、原因があります。たくさんの原因が複合的に重なっていると思われます。

文章力がない原因は語彙力不足|言葉を知らない(敬語も知らない)

状態や状況について表す言葉を知りません。また、敬語のように、一つの動作を表現するのであっても、誰の動作なのかよって、尊敬語・謙譲語・丁寧語のいずれの敬語を使うのが適切なのかも理解していません。

相手が社内の関係であれば、指摘してもらえるでしょう。言われた瞬間は恥ずかしい思いをすると思います。しかし、恥ずかしい思いと引き換えに、心の奥底に刻まれるので、次に同じミスをすることは一般的にはないと可能性が高いです。

しかし、問題は社外の関係です。顧客や取引先の人は、わざわざ指摘してくれる人はいません。指摘せずに関係性を切られるだけです。そうならないためには、語彙力をつける必要があります。

文章力がない原因は語彙力が不足しているということです。さらにその原因を考えると、一番の原因は本を読まないことです。本を読めば、知らない漢字や言葉に出会うはずです。その時に調べて覚えることで語彙力がアップします。

文章力がない原因はいい文章の形や長さを知らないから詰め込みすぎる

「いい文章」とは、相手(読み手)にとって読みやすくて分かりやすい文章です。

そして最後まで読めて、書き手の言いたいことが伝わる文章です。専門性の高い言葉遣いや表現がされている文章ではありません。

文章力がない人の最も大きい原因は、文章を読んだ経験が少なすぎることです。ですから、いい文章やわかりやすい文章などと言われても、意味がわかりません。

文章力がない人は、本を読んでいないために、どのくらいの文章の長さが最適なのか、あるいは長すぎるのかの目安がわかりません。読み手がわかりやすいためには、平易な言葉遣いで、一つの文章が一つの意味を表現している形と長さが読みやすく分かりやすいのです。

接続しで繋がれて、2つ3つの文章を合成したような意味を持たせると、読み手にとってはわかりにくい文章になってしまいます。ですので、文章力がない原因は、文章を読んだ経験が少ないからであり、読書不足ということになります。

文章力がない原因は相手に対する想像力が不足しているから

相手が専門家なのか、素人なのか、を考えて言葉遣いや専門用語を噛み砕いて説明するなどということに、考えが及びません。読み手に対して配慮する余裕がない。読み手の心に対して想像することができないということです。

読み手が専門家なのか、一般人なのかによって、専門レベル(理解度レベル)に合わせた内容にする必要があります。またエンドユーザーの場合、読み手が社会人であっても、専門家でない場合は、中学生に話すようにして、文章作成をするべきです。稚拙な言葉遣いにするという意味ではありません。

文章力がない人は、難解な漢字や専門用語に代わる一般的な言葉や表現にするという相手に対する配慮が不足しています。その原因は、小説を読んでいないからです。ビジネス書と違い、小説は登場人物たちの心の動きが表現されています。

たくさんの小説を読んでいくと、人の心がどんな時にどう反応するのかについての想像力が働くようになります。相手への配慮が不足しているのは、小説を読まないからです。

文章力がない原因は文章の構成・流れやゴールを考えていない

どんな文章・書類にも、構成・流れがあります。

それは、文章の種類で異なります。小説と業務報告では、構成・流れは違います。小説なら、一般的には「起・承・転・結」の流れになりますが、業務報告は最初に「結」を書くのが一般的です。

読み手が理解しやすい文章の構成にしないと、文章がダラダラと羅列されただけの文章に見えて、何を言いたいのか分からない文章になります。

読み手が理解しやすい文章の代表は、論理的に書かれた文章です。最初に結論があって、次にその理由と具体例が描かれていきます。つまり読み手は、最初に結論があるので、この文章は、「何何について書かれた文章」と分かります。

ビジネス書や論文・新聞社の社説が、この論理的な構成で書かれています。

文章力がない原因を対策するには、ビジネス書や新聞の社説を読んで、構成や流れを感じることです。

文章力がない原因は文章を書いた経験が少ない

本を読まない人は、まずそこに原因があります。また、ある程度本を読むのが好きな人でも、「読むだけ」という人は文章力は高くありません。

自分で文章を書いたと経験がないからです。何かの場面で「メモ」を書く人はいますが、「文章」を書く人は少ないです。実は、読書に合わせて読書ノートを書くと、文章を読むことと、文章を書く練習が一度にできます。

読書ノートとは、読書をしていて、心に響いた文章があれば、ノートに書くことです。原文のまま抜き書きしてノートに書く(抄録といいます)方法でもいいです。あるいは、自分の仕事や人生に生かすとしたらどうするかと書いてもいいです。この2つの方法を繰り返して続けていくことで、文章を書く力がついてきます。

文章力がない人が対策する方法は|文章能力は才能ではない

文章力がない原因の多くが、文章を読んだ経験が不足していることに影響されています。

つまり、文章力をつける方法は当サイトでもいくつも紹介していますが、まずは不足している経験を増やすことに尽きます。ですので、本を読んで文章をインプットする経験を増やすことです。

文章能力は才能ではありません。ですから、プロの小説家を狙うのだ、ということでもない限り、普通にビジネス文書が書けるようになるというレベルでは、誰でも努力すればできるようになることです。

本を読んで、いいと思った文章をノートに書き写しましょう。合わせて自分なりの考えも一緒にノートに書くと文章力は早く身につきます。

まとめ

文章力がない原因は、頭が悪いからではありません。本を読むことよりも大事なことがあると思い込んで、本を読んでこなかったことが原因です。

あるいは、ただ読むだけだった可能性もあります。読書ノートに、いいと思った文章を書いたり、簡単な感想文を書くなどしていれば、文章力は今の自分よりもはるかに高いレベルにあったのです。

後天的能力は、やればやるだけ増えて伸びる能力です。文章力は努力するだけ伸びる能力です。

関連記事

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

文章力のトレーニングはアプリで出来るのか|文章力を鍛える

文章力の本を1冊選ぶなら|たくさん読んでも意味がない

文章能力と文章力は同じもの?文章作成に関する能力は他にもある

文章力鍛えることは社会人として最低限やっておくべき

文章力と頭の良さは関係が深いと思われているが

文章力がある人の特徴|読みやすく分かりやすい文章の書き方

文章力をつけるには何をすればいいか|最速は真似すること

文章力上げるには読書は必須だが不十分|他にも重要なことが

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力がない人の特徴

文章力とは何ができる能力?文章力がないと困ること

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

文章力がないと頭が悪い印象になる

文章力を上げる方法は才能ではなく簡単なことを積み重ねて

文章力には構成力が欠かせない|構成が整えば読みやすいし書きやすい

文章が書けない人|昇進昇格しない理由はそのせい

文章力がない原因と対策*当記事

文章力がない 原因

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる