文章力がない人の特徴

文章力がない人の特徴

下手に書かれた文章に頭の悪さが現れるといいます。しかし、それは事実ではありません。

ただし、事実ではなくとも、読み手には頭が悪い人なんだと受け取られる可能性はあります。

人は外見を見るのと同様に、文章でも人物への印象を持つからです。それは止められることではないので、文章力がない人は要注意なのです。

目次

文章力がない人の特徴

IQ(知能整数)が高い人という人が、実際には必ずしも文章力が高い文章を書けてないことから、文章力と頭が悪い・いいは、関係がないことがわかります。

ただし、文章を読んだ相手が、「頭がいい・悪い」と思う可能性はあります。

それは、一言で言えば、頭が悪そうと思われる書き方があるということなのです。

人は、人に対面した時に外形的な印象から、「きちんとしてしてそう」「自信がありそう」「自信がなさそう」「信頼できそう」「頭が良さそう」「頭が悪そう」などという先入観を持ちます。実は文章に対しても、事実はどうであれ先入観を持ちます。

文章力がない人は文章の外見で評価されていることを知らない

文章力がない人の特徴 (1)

「人を外見で判断してはいけない」と聞いたことがあると思います。あなたも、出会って数秒以内に、相手に対して、いろいろな印象を持っているはずです。

さらに人以外に対してもそうです。例えば、お店などもそうです。店に入る前に外観でどんな店なのかを決めているはずです。

実は、文章に対しても、人は同じことをします。文章の場合は流石に数秒ではないと思いますが、文章を読み始めて、比較的短時間のうちに、「きちんとした人が書いている」「子供のような文章だ」「頭が悪そう」などと、書き手のイメージに、先入観を持ち、その印象のままで読み進めていきます。

良い文章とは、わかりやすく適切な表現で書かれている文章です。(分かりやすさは相手によって変わります)

つまり、文章力がないことで、外形で判断されてしまい、文章内容が正確に判断されない可能性があるということになります。「頭が悪そう」などの人間性に対しての先入観も持たれてしまいます。

文章力がない人のどの特徴が問題なのか

頭が悪そうな印象を持たれる文章の特徴は以下の通りです。万が一、心当たりがあるとしたら、至急改善が必要です。

1.文章がわかりやすく構成されていない
2.最初に結論がないので、何についての文章なのか分かりにくい
3.句読点がなく意味の切れ目が分かりにくく読みにくい
4.専門用語や難解な漢字や独特な表現が多用されている
5.数字が半角と全角の両方使われており意味の違いが不明
6.主題や結論と関連性がなさそうな情報が書かれている理由がわからず邪魔に感じる
7.主語と述語の関係性が途中から変更されている
8.誤字と脱字と指示語が多くて分かりにくい

 文章がわかりやすく構成されていない

文章構成が整っていない。書き手が思いついた順に書かれている。論理的に構成されていないので、結局何を言いたいのかが伝わらない。

結論が最初に書かれていない

結論が最後の方に書かれている。小説であればそれでも良い。しかし、ビジネス文書では最初に結論が書かれていないと最後まで読みきるのは辛い。

適切に句読点が使われていない

適切に句読点がないと読みにくい。特に平仮名が続く場合に非常に読みにくい。句読点がないことで文章の意味が違ってしまう。特に日本語では、句読点の場所で文章の意味が変わる。

専門用語や難解な漢字が多用されている

専門家同士で交わされる文章ならば、専門用語が使われているのは問題はありません。しかし理解度レベルの違う一般人相手の時には、かみ砕いた表現をしなければ意味は伝わりません。難解な漢字の扱い方も同様です。文章力がない人ほど、相手のことを気にせずに、書いてしまう傾向があります。

フォントが統一されていない

一つの文中に使われている数字やアルファベットのフォントや半角・全角が、統一されていない。あえて、別の表現をするためや、印象づける目的で、フォントを変える場合はあります。

意味がなく、半角と全角が混じっていると、読みにくいだけです。

本筋に関係がないエピソードが混在してる

情報をたくさん伝えたいと思うあまりに、本筋とは違う周辺の情報までを書いてしまう。読み手からすると、どこまでが本筋なのか、サイドエピソードなのか、分からなくなり、邪魔に感じる。

主語と述語の関係性がバラバラ

文章を無駄に長くつなげて、一文が長くなっていることに原因があります。また途中から主語と述語が別のことになっている場合は、更にわかりにくい文章になります。

誤字脱字と指示語が多すぎ

書き終えた後に文章チェックをしていない可能性があり、誤字脱字が多い。また、あれ・それ・これなどの指示語が多用されている。何を指しているのかが、たびたび若にくい部分がある。

文章力がない人の文章は読み手への配慮がない

文章力がない人の文章を一言で表現するなら、読み手のことが考えられていないということです。読みやすさや分かりやすさが考慮されていないということです。

良い文章とは、相手が決めるものです。読みやすくなければいけません。そして分かりやすいことも必要条件です。専門家気取って難しい表現や言葉遣いをしてみても、分かりにくい文章となり、評価を下げるだけです。

また、社会人らしからぬ稚拙な表現もまた、知性と教養の底が知れてしまいます。大人としての言葉遣いと表現力を使い、専門的になりすぎずに文章を作成することで、信頼できる人だと受け取ってもらえるのです。

もし、上記の特徴が自分が書いた文章にもあると感じた人は、至急トレーニングして改善することです。

先に紹介しましたように事実がどうであれ、人は先入観を持ちます。そして、その先入観を持っていることは、相手には口外しません。自分に分からず相手だけが思っている状態ですから、怖いことなんです。

職場なら、なかなか辛い状態です。気付いてないのは、自分だけということです。気になる方は、上記の特徴に該当しないように、改善しつつ、文章力がある人の文章の特徴を真似ることです。

文章力がない社会人は評価されない

学生のうちは、文章力がないことは、限られた時期にしか問題にならないです。例えば、試験の時や、読書感想文を書くときなどです。

しかし、社会人は毎日何か書類を書きます。「私は文章力がないので・・・」と言ってられません。それは「私には評価されるポイントがありません」といっているに等しいからです。

一般的に会社員は、日報という業務報告を毎日書きます(企業によっては書かない)。さらに1週間ごとに週次報告、月なら月次報告を書きます。業務に必要な物品を購入する場合、伺い書を書いて申請します。一定金額を超えれば稟議書を書きます。なぜ買う必要があるのか、購入することで何が改善されるのか、などを書くのです。

また、配属される部署にもよりますが、新しいプロジェクトを始めるとき、終わるとき、計画の見直しをするとき、などの節目は、計画書や戦略書を書きます。通常は、チームのリーダーが書く書類ですが、書類作成の協力のために、資料作成を依頼されるかもしれません。資料と言いましても、図とグラフ以外は、文章で作成するものです。

文章力がないと、社会人は大変なのです。何かを販売する会社、作る会社、サービスを提供する会社、あるいは公務員、全てにおいて、文章力は使います。私は文章力がないので書けません、と言っていると評価されないことになります。

社会人全員が文章力を持っているわけではない

実際には、社会人全員が文章力を身につけてはいません。

年代にも傾向はありません。ただ、現実には、文章力を持っている人と持っていない人がいるだけです。そして、当然のことですが、文章力を持っている人が評価され、出世もするし、給料も上がるということです。

文章力は、多くの場合、読解力とセットになっています。読解力とは、本や文章を読んで内容を理解する能力です。ただこれは辞書的な意味です。

現実は、相手が言いたいことを理解する能力です。社会人にとっての「相手」とは、自分以外の全てです。顧客・取引先・同僚・先輩・上司・社長などです。

文章力と読解力がない社会人の未来は厳しい

文章力と読解力を持っているか、いないかで、社会人としての毎日の業務や未来はある程度決まってしまいます。

一般的に、新卒でも転職でも、入社の挨拶で「早く仕事を覚えて、成果を出せるように頑張ります。」と言います。しかし、読解力と文章力がないと、仕事はできないです。

現実には、30代40代になっても管理職になれず、評価をされる仕事の成果を作れていないという人がたくさんいます。それは、文章力と読解力がないことに、原因があるのです。

読解力がないために、会社や管理者が求める本当の成果目標を理解していないことがあります。時間外労働をして、体力も精神もギリギリまで使ったのに、求められてることと、ジャストフィットしていないことが分かった時は、辛いものです。

逆に考えると、文章力と読解力を身につけると、未来は明るくなります。

まとめ

文章力と読解力がない人は、管理職になれないと書きました。管理職とは、課長以上です。企業によって、係長・主任・主査などと設定しているところもありますが、それは管理職ではありません。

また、「頭が悪そうに思われる」こと以外の特徴については、触れていませんが、実際にはかなり闇が深いのです。一番怖いのは、本人に自覚がない場合です。

「なぜ、あいつだけ出世して、自分は評価が低いのか」という人に教えてあげたいです。「それはあなたの文章力と読解力のレベルのままで出世すると、会社のリスクが高まると考えられているからです。」「会社は、文章力がない人が出世して外に露出することを恐れます」

 

 

 

記事一覧はこちら

読書ノートやアプリを使えば読書のメリットで人間的にも経済的にも豊かになれる

文章力をつけるには読書をして語彙力アップが必要

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

文章力のトレーニングはアプリで出来るのか|文章力を鍛える

文章力の本を1冊選ぶなら|たくさん読んでも意味がない

文章能力と文章力は同じもの?文章作成に関する能力は他にもある

文章力鍛えることは社会人として最低限やっておくべき

文章力と頭の良さは関係が深いと思われているが

文章力がある人の特徴|読みやすく分かりやすい文章の書き方

文章力をつけるには何をすればいいか|最速は真似すること

文章力上げるには読書は必須だが不十分|他にも重要なことが

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力がない人の特徴*当記事

文章力とは何ができる能力?文章力がないと困ること

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

文章力がないと頭が悪い印象になる

文章力を上げる方法は才能ではなく簡単なことを積み重ねて

文章力には構成力が欠かせない|構成が整えば読みやすいし書きやすい

文章が書けない人|昇進昇格しない理由はそのせい

文章力がない原因と対策

文章力がない人の特徴

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる