文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力

「文章力がない」のに、何も対策をしてない人がいます。中には、「笑って」スルーしようとする人がいます。

同僚や上司は何も言わないかもしれませんが、仕事ができない人だとみなされている可能性がありますよ。

当記事では「文章力がない」に関連する記事をまとめて紹介しています。詳しくはそれぞれの詳細ページをご覧ください。

目次

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力がない・読解力が不足している・語彙力(ごいりょく)が不足してるのに、危機感のない社会人は、実は意外に多いです。

それでいて、例えば同期が先に評価されて出世したりすると、自分の評価に不満を口にするのです。

文章力がないことや語彙力が不足していることを甘く考えていると、後日、とても辛い思いをします。

文章がない人の特徴

人は他人を見るとき、見た目で判断しています。「人を見た目で判断してはいけない」は、通常は外見から判断していることに対して注意喚起しているのです。

実は文章についても「文は人なり」と言われ、外見で判断していると言われています。さらに、AIによって、人が書いた文章から性格を判断できる研究も進んでいます。

文章力がない人は、本を読んだ経験が少なく、文章を書いた経験も少ないという特徴があります。文章力がない人が書いた文章には、とても特徴があります。文章力をつけるトレーニングをしないと、すぐにわかってしまいます。

文章力がないと会う前から頭が悪いと思われる

実際にどうなのかは別にして、文章力がないメール文を書いてきた人と会う場面では、「頭が悪い人」という先入観を持たれています。

文章力がない人は、文章を書いた経験も少なく、本を読んだ経験も少ない方がほとんどです。ですので、日本語の単語の使い方や文法的におかしな日本語を気づかずに使います。

また語彙力がなく、使う言葉がワンパターンです。「かわいい」「すごい」「やばい」などの言葉を仕事で使ったら、頭の悪い人のイメージが決定的になります。

文章力がないから文章を書くのが苦手という人

文章力がない人・苦手な人は、文章を書くことを才能だと思っている傾向があります。しかし実際には、後天的な能力であり生まれつきの要素はありません。

ですので、手順通りにやることを覚えれば、ビジネス文を普通に書く事はできるようになります。文章力がないと自分で言っている人は、文章を読んだり書いたりする経験を避けているだけです。

社会人は相手にわかるように、普通に文章を書けなければ、仕事になりませんので、手順を覚えましょう。また、上司の前で「私は文章力がないので・・・」という言葉を発していた人は、もう二度と言わないことです。

それは、「私は仕事ができません。これから覚える気はありません」と言っているように聞こえるからです。

文章力がないからのままにしていると昇進昇格しない

会社員として入社して数年すると、一般的に昇進や昇給を期待するものと思います。昇進や昇給は、自分自身の仕事の能力が高まっていることや後輩の育成ができるようなることが必須です。

文章力がない人の中には読解力がない人も多く(読書をしないせい)、同期が出世してるのに、自分の出世が遅れる理由がわからない人がいます。出世をすれば、後輩の文章をチェックして、改善する方法を教えなければなりません。自分自身の文章力が成長していないのに、後輩の指導ができるはずもないことが理解できないという人も実際にいます。

会社の昇給や昇進は、ビジネススキルの基本能力が成長すれば、管理者に評価され上がっていくものです。ビジネススキルの基本能力とは、読解力・語彙力・文章力・要約力です。これらの能力がアップしたことが評価されれば、昇進昇給はするものです。

文章力がない人は自分には文才がないから下手だと思い込んでいる

ビジネス文を書くのに才能は必要ありません。当然、文才は必要ありません。誤解をしています。文才が必要なのは、プロの作家業の人たちです。

人に「面白い」と思わせることや「感動」を与えるには、文才が必要かもしれません。しかしビジネスの文章には文才は必要ありません。

必要なのは、きちんと調べて正確な情報を書くことです。そして、伝えたいことを開いてわかりやすく示すことです。わかりやすい文章に必要なのは、相手との関係性に最適化された言葉(敬語)と文章の構成です。文章が整理されていて、理解しやすく順番に並んでいる必要があります。順番に並ぶというと、時系列と誤解するかもしれません。そうではなく、理解のしやすい順番です。

一般的には、何かを伝える場合なら「結論(主張)ー理由(状況説明)ー根拠」の順番が理解しやすいとされます。

レポート文の場合は、プレゼン資料や報告書関係は、「序文ー本文ー結論」であり、本文の中は研究結果や調査結果と考察(客観的意見)で構成します。意見といいつつも、客観性ある根拠に基づいていて、個人的主観とは別のものです。

文章力がない原因と対策は

生まれながらにして文章力がある人間はいません。

では文章力がある人は、いつの間に書くことができるようになったと思いますか。

文章力がない人に共通していることがあります。

それは本を読まないことです。

漫画ではなく、テキストだけの書籍を読んだのはいつでしたか。世の中の約半分に近い人が、月に1冊の本を読むか読まないかという人たちです。

つまり読書の経験が非常に少ないのです。文章力がない原因は簡単なことです。文章を読んだ経験が少なすぎるから、文章を書けないのです。日常会話を話すことは、できているように見えても、実は言葉の意味も知らないことが多いです。

「本を読んでる時間があるなら、他にしたいことがある」と学生時代を過ごした人が社会人になると、こうなってしまいます。スポーツをしていたからなどは、理由にはならないのです。本当のアスリートの中には、意外に読書家の人がいます。

ですので、これから始める対策は、まず本を読むことです。

まとめ

文章力・読解力・語彙力、そして要約力は、いずれも特別な能力ではありません。仕事で文章を書いたり、読んだり、相手と話したりするために必要な基本的で重要なスキルです。

ただ年齢相応の文章力がないと仕事できない人・頭が悪い人と思われてしまう可能性があります。

時々、その重要性に気づかないまま、30代40代になってしまっている人がいます。本来ならば、会社の中軸となり、大事な仕事の役割を任せられる年代のはずです。

もし、今がそうではないなら、理由は、文章力・読解力・語彙力・要約力が不足しているか欠落しているからです。大至急、身につけられるように、自分を鍛える必要があります。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力がないままの大人はキツい|トレーニングで身につけられる

文章力を上げるには鍛える|努力なしには上手くならない

文章力があるとは相手に伝えられるということ|実はそれが難しい

文章力|伝わる文章を書けているか

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます*当記事

文章の書き方で仕事の成果が決まる

文章力がないと頭が悪い印象になる

文章力がない人の特徴|下手だと頭が悪いと思われる

文章力がない原因と対策

文章を書くのが苦手でも手順どおりにやれば書けるようになる

文章が書けない人|昇進昇格しない理由はそのせい

文章が下手な人は誤解をしてる|仕事の文章に文才は必要ない

文章力

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次