語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介

語彙力,上げる

学生時代に本を読んでない人は、語彙力がないのは当たり前です。

でも社会人としては、ないとマズイ能力です。語彙力がないということは、仕事ができるできない以前のことだからです。原因は読書不足であることが明白なのですから、努力すれば身につけられます。

語彙力がないということは、言葉を知らないということです。当然ながら覚えるしかありません。

簡単に覚えていく方法を紹介します。

目次

語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介

社会人として働くには語彙力が必要です。例えば、自分以外に共に一緒に働く人はいない。顧客や取引先とは会うことはないなんていう働き方であれば、接する人もいないし、コミュニケーションもないので語彙力の必要度は下がる気がします。

しかし、ほとんどの会社が何人かの組織で働きます。仕事のコミュニケーションでは、伝えること・相手の言葉を理解する必要性があります。

語彙力がないと伝えられないし相手の言葉も理解できない

語彙力がないということは、知っている言葉が少なく、使える言葉・表現できる言葉も少ないということです。

仕事上の相手とは、社内の上司の場合もあれば、取引先の担当かもしれませんし、一般ユーザーかもしれません。

語彙力がないと、これらの人に伝えたいことをうまく表現して伝えることが難しいです。また相手が言っている言葉を正確に理解したいですが、それもわからない場合があります。

まさに社会人として、語彙力は必須の能力ということです。もし語彙力が低い状態なら、上げていきましょう。

語彙力を上げる方法

語彙力は「読む・書く・話す・まとめる」のビジネススキルの最も基本となるものです。言葉の意味がわからなければ、読めませんし、伝えたいことを文章にすることも難しいです。語彙力は何よりも早く身につける必要があります。

語彙力がないという方は、学生時代に読書をしてこなかった可能性が高いです。それは読書を単なる趣味の一つ程度としか理解していなかったせいでしょう。確かに趣味で読んでいた方も少なくないと思います。しかし、それらの人は、そのおかげで語彙力が上がっているはずなのです。

語彙力を上げるにはボキャブラリーを増やす|本を読む・アプリで練習

語彙力を上げるためには語彙数(ボキャブラリー)を増やすことです。言葉を知らないといけませんので、本を読むことや語彙力アプリで増やすことで練習しましょう。

社会人の読書は単なる趣味ではありません。特にビジネス書を読んでいる人は、仕事に役立てることを考えています。

知ってる言葉を増やすことです。

語彙力を上げる最重要なのは調べること|わからないことはすぐにメモし早く調べる

語彙力を上げる方法の最重要ポイントは、言葉の意味を調べることです。会議の場や、上司との会話の中、先輩の会話との中、など全ての業務時間の中で、相手が発した言葉の中にあったわからないことをメモしています?

これらの言葉を調べて覚えることです。本を読むことや語彙力のアプリで覚える言葉ももちろん重要です。しかし、今日の先輩が上司と話していた中から聞こえた言葉の意味を今日のうちに理解しておけば、近日中に自分との会話の中で再登場するかもしれません。可能性は、本やアプリを読んで調べる単語もよりも大きいでしょう。

「よく知っているね」と評価を上げる可能性もあります。

語彙力を上げるには調べたワード・センテンスを適切に使う|話す書く

語彙力は言葉を知ることと、使うことがポイントです。ワードやセンテンスとしての意味を知ったら、使うことで身についていきます。ただ、むやみにではなく、適切にです。

会話やプレゼンの中で、使ってみましょう。ただし、専門性がある言葉は顧客との場面ではNGです。また、メールや報告書や計画書など、使える場面で使ってみてください。

聞いてわかることも大事ですが、語彙力は使えないと意味がありません。その繰り返しで身につくものです。

語彙力を上げるには言い換えの言葉を考える

日本語は同じ意味だが表現の違う単語や言葉遣いがあります。語彙力がない人は、表現がワンパターンという特徴があります。特に、個人的に気に入っているワードやセンテンスを何かといえば、繰り返す傾向もあります。要注意です。聞いてる方は、「また言ってる」と痛い気持ちで聞いています。

意識的に他の言い換えの言葉を考えておくことです。表現が違うことで、説得力が増す場面もあります。

NGワード使わない|やばい・すごい・なるほど

若者がよく使う「やばい」や「すごい」、また若者に限らず度々使われる「なるほど」「なるほどです(ね)」はNGです。「なるほどですね」は、そもそも日本語として間違った使い方です。

商談の場で、「やばい」なんて言葉が飛び出してしまったら、次回以降出番は無くなるでしょう。

まとめ

もし語彙力がないと指摘されたり、自分で気づきがあったのなら、本を読んだり、アプリで練習したりすることで身につけていけることなので、諦めずに努力した方がいいです。

語彙力はないと仕事になりません。しかし、特別に難しいことではありません。頭がいいとか悪いとか関係ないことです。ただ、本を読まずに社会人になってしまっただけです。ただし、のんびりしていると会社から戦力外通知をされる可能性はありますので、早く対策することです。

本を読んで、言葉を調べて、話や文章に使うことです。語彙力を上げることは、誰にでもできることです。

関連記事一覧

語彙力

語彙力を鍛えるためにすぐできること

語彙力を鍛えるアプリで読解力と文章力もアップする

語彙力を鍛えるゲームを紹介|アナログなゲームで鍛える

語彙力を鍛える本|おすすめ7選を読んで語彙を増やす

語彙力を増やすサイトで語彙力を鍛える

語彙力を鍛える大人は理解語彙の量と使用語彙の質が大事

語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介*当記事

読書で語彙力が上がる|語彙力がないと大人になって辛い思いを

語彙力を高める方法|さらにアップさせると仕事もうまくいく

語彙力をつけるにはどうするのか|年代で対策はどう違う

語彙力,上げる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次