語彙力を鍛えるためにすぐにできること

語彙力 鍛える

語彙力を鍛える方法をまとめて紹介します。

語彙力は社会人になって大事になる基本能力のベースとなる能力です。

語彙力がベースとなり、読解力・文章力・要約力という基本的能力が活性化します。相手が言うことを理解出来るようになることや、わかりやすく文章で伝えること、そしてまとめてわかりやすく伝える能力が、活性化するのです。

各項目について詳しく知るには、「詳しくはこちらから」をご覧ください。

目次

語彙力を鍛えるためにすぐにできること

本や文章を読むときに、意味をきちんと理解しているのかどうかは、実は、大事なことです。業務上の指示や顧客や取引先からの要望などを聞き逃していることも大事です。

本を読むときに、意味を理解している言葉や漢字を、飛ばし読みすることで速く読むという方法は有ります。しかし、意味が分からないまま飛ばし読みをして、理解したつもりになっていることが、度重なると段々と正しい意味との乖離が大きくなってしまいます。

仕事がうまくいかないときの原因は、もしかするとそんなことにあるのかもしれません。身に覚えがあるなら、語彙力を鍛えることで、言葉の意味を理解し、言葉や漢字を使えるようになり、求められている仕事を理解し、仕事がうまくいくようになるのです。

語彙力を鍛えるにはアプリで

語彙力を鍛えるにはアプリを使いましょう。

アプリで語彙数を増やします。語彙数が増えることで語彙力がアップします。言葉の意味が分かってくれば、読解力が上がりますので、相手が何を言っているのか、相手からのメールには何と書いてあるのかを正確に理解出来るようになります。

そして、言葉の意味が分かることで、文章力もアップします。文章や言葉の意味をなるべく正確に読み取り、伝えることができるようになることで、仕事の成果も上がりやすくなっていきます。

語彙力を鍛えるゲームを紹介

ゲームといえば、スマアプリがゲーム的な感覚で語彙力を鍛えることができますが、誰かと対戦することで、もっと頭を使うようになります。

ゲームのルールはいずれもかなり簡単です。しかし言葉を使ったゲームで誰かと対戦することで、スマホアプリとは違う面白さと思考レベルを感じるものと思います。

語彙力を鍛える本をおすすめ

語彙力を鍛える本を紹介します。下記の記事ではおすすめの7選を紹介致しています。それぞれが様々な場面での言い換えの言葉を紹介しています。

語彙力が高いのかどうかの目安には、場面に応じての言い換えがどの程度できるのか、というポイントがあるからです。もし、「マジ」「ヤバい」「かわいい」などの言葉を毎日繰り返しているのであれば、この先社会人になってとても苦労をしてしまいます。

語彙力を鍛えるサイト

語彙力を鍛えるには様々なサイトが役立ちます。先ずは現状を知ることで、現状の語彙数を確認してみましょう。オンラインで知ることができます。

語彙を増やすことは語彙力を高める上で重要な事ですが、単純に漢字と言葉を覚えるだけで良いというものではありません。言葉の意味を知り、他にどのように言い換えができるのか、場面に適しているのか、などが語彙力が高くなったかどうかを判断するポイントです。

語彙力を鍛える大人と高校生

大人になれば、新米社員でもベテラン社員でも語彙力が求められます。また入社1年なんですといっても、顧客や取引先の方々は、「言葉の意味が分からなくても仕方がないよね」と思ってくれません。

そういう考えがあるのは、当人だけです。ほとんどの場合は、選手交代を告げられるだけです。力不足を理由に担当者を変更させられるのです。経験するとわかりますが、なかなか屈辱的なことです。

相手が言う言葉の意味がわかることと、大人の言葉遣いができるように言葉を使えるようになることは、自分で努力して身につけるものです。

語彙力を鍛える高校生は読書をすることと「やばい」をやめること

おそらく一般的に高校生くらいから、自分が語彙力がないかもしれないと気づき始めます。

あと数年で大人の世界に入っていくのです。そろそろ大人の言葉遣いや語彙を知っておくべき年代です。ところが、中学生までは、ある程度本を読んできた人が高校になると、時間がないことを理由にして本を読まなくなります。

語彙力不足になる1番の原因は、本を読まないことにあります。全国学校図書館協議会の「学校読書調査」のデータによれば、中学生までは約85%の人がある程度本を読んでいます。しかし、高校になると、本を読んでる人の割合は50%ほどに減少します。

2番目の理由がSNSを中心に、短文コメントや「やばい」「すごい」「かわいい」だけで会話をするようになってしまったことです。友達と同じ言葉遣いをすることで、安心するのかもしれませんが、実はその分使える言葉が減少しています。つまり語彙力が減少しているということです。

語彙力を鍛える高校生がやるべきことは、次の2つです。スマホの語彙力アプリをやっても良いですが、すぐにやるべきことはアプリよりも、次の2つです。

1)本を読むこと。週に1冊程度は読みましょう。読む本は小説で良いです。漫画はカウントしません。
2)「やばい」「すごい」「かわいい」などの言葉を止めることです。

語彙力を鍛える中学生は読書量

中学生で語彙力不足を感じるのは、早すぎる気もしますが、実は前述の学校読書調査によれば、小学生までは月に10冊前後本を読んでいた人が、中学になると月に4冊程度に減少しています。

もちろんページ数も文字の大きさも違いますので、ある程度は減ることは仕方ないのですが、小学5〜6年生と比べると、読書量が減少しています。

もし学力に関連することで、語彙力不足を感じているのであれば、課題は読書量不足にあります。

ベネッセ教育研究所「読書の効果」の研究によれば、小学生を対象にした調査によって、読書量と学力に密接な関係性が認められています。語彙力は読解力と深く関係があります。読書量が多い子どもの方が読解力の偏差値が伸びているのです。

小学生(4年生〜6年生)の読書率は95%ほどですが、中学になると85%ほどに下がります。語彙力不足を感じ始めた中学生は読書量の減少と読書自体を小学校の時のように、継続していないことが考えられます。語彙力は、知ってる言葉と使える言葉の数でありますので、語彙力が不足しているのであれば、読書量が強く関係している可能性が高いです。

語彙力を鍛える中学生がやるべきことは以下の通りです。

1)読書量を増やしましょう。少なくとも中学生の平均値である月に4冊以上は読むようにしましょう。

語彙力を鍛える理由

自分のボキャブラリーがまずいと思ったことがありませんか。

あるいは上司や先輩が話している言葉の意味がわからない時、ありませんでしたか。なんとなく、雰囲気で理解したつもりになった経験て誰にでもあるはずなのです。

問題はその後です。自分で調べて確認する人と、スルーしたまま忘れてしまう人がいます。ある日、後輩に上司の言葉の意味を聞かれます。スルーした人は説明できないのです。

そのまま、言葉の意味がわからない世界にいるままの状態になっていきます。そのままでは、何があっても、「やばい」「すごい」「かわいい」しか言えない人になってしまいます。

語彙を増やす意味と理由

語彙を増やすという意味は、意味を理解している「理解語彙」と場面に応じて使い分けられる「使用語彙」の両方を増やしていくということです。言葉の意味が分かって、話せる状態になるということです。

語彙を増やす理由は、社会人の場合は仕事をスムーズに行うために、言葉の意味を知ることは重要です。

相手が書いた文章や発した言葉を理解できないと何をすればいいのか、分からない状態になります。仕事の場合、雰囲気で分かったつもりで仕事をすると、必ず失敗します。正確な意味が分からないで済ませていると、そのうちに仕事をさせてくれなくなってしまいます。

こちらの語彙数が不足していたり、語彙力不足なことがわかると、仕事はこなくなります。会社にいるのに、仕事がないというあり得ない状況になってしまいます。相手に、安心や信頼を感じてもらうには、語彙を増やす必要があるのです。

語彙力を上げるのは難しくない|前述のゲームなどで鍛える

語彙力は言葉の意味を知ることと、使うことです。つまりビジネススキルのベースになるものです。

語彙力を上げるには、先に紹介したゲームやアプリで鍛えられます。鍛えるというとハードな感じがしますが、毎日繰り返していくだけで語彙力はついていきます。

早くたくさん覚えるか、ゆっくり覚えるかは、個人の考え次第です。

困ったな、と思っているだけでは解決しないので、紹介した本を読むにも良いですし、アプリを毎日コツコツやるのも良いです。知らない言葉に出会ったら、メモして調べることも大事です。覚えたと思ったら、実際に会話や文章に使うことです。

まとめ

言葉の意味を知っているだけでは語彙力が高いとは言えません。

言葉の意味を知り、話すことや書く事で使えるようになることで、語彙力として身につき高まっていきます。また、仕事をする上で語彙力は不可欠の能力です。

もし仕事が順調ではないとするなら、語彙力と読解力や文章力が無いことに原因があるのかもしれません。言葉の意味を正確に理解しないままに、努力していても求められる仕事の成果になっていない可能性があるからです。

仕事で成果を出すには、語彙力や読解力・文章力は不可欠です。

関連記事一覧

語彙力

語彙力とは社会人に最も必要な言葉に関する能力

語彙力を鍛えるためにすぐにできること*当記事

語彙力を鍛えるアプリで読解力と文章力もアップする

語彙力を鍛えるゲームを紹介|アナログなゲームで鍛える

語彙力を鍛える本|おすすめ7選を読んで語彙を増やす

語彙力を増やすサイトで語彙力を鍛える

語彙力を鍛える大人は理解語彙の量と使用語彙の質が大事

語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介

読書で語彙力が上がる

語彙力を高める方法|さらにアップさせると仕事もうまくいく

語彙力をつけるにはどうするのか|年代で対策はどう違う

語彙力 鍛える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次