語彙力を鍛える方法のまとめ|仕事も上手くいくようになる

語彙力 鍛える

語彙力を鍛える方法をまとめて紹介します。

語彙力は社会人になって大事になる基本能力のベースとなる能力です。

語彙力がベースとなり、読解力・文章力・要約力という基本的能力が活性化します。相手が言うことを理解出来るようになることや、わかりやすく文章で伝えること、そしてまとめてわかりやすく伝える能力が、活性化するのです。

目次

語彙力を鍛える方法のまとめ|仕事も上手くいくようになる

本や文章を読むときに、意味をきちんと理解しているのかどうかは、実は、大事なことです。業務上の指示や顧客や取引先からの要望などを聞き逃していることも大事です。

本を読むときに、意味を理解している言葉や漢字を、飛ばし読みすることで速く読むという方法は有ります。しかし、意味が分からないまま飛ばし読みをして、理解したつもりになっていることが、度重なると段々と正しい意味との乖離が大きくなってしまいます。

仕事がうまくいかないときの原因は、もしかするとそんなことにあるのかもしれません。身に覚えがあるなら、語彙力を鍛えることで、読解力が高まり、求められている仕事を理解し、仕事がうまくいくようになる可能性があります。

語彙力とは

語彙力とは、たくさんの言葉を知っていることと、その言葉を使いこなす能力のことです。つまり語彙力が低いとは、知ってる言葉の数が少ないこと、使える言葉の数が少なくワンパターンになりがちということです。

つまり言葉を知っているだけでなく、使えないと語彙力があるとは言えません。また、使っていないと正しく理解していない可能性も残ります。

語彙力がないから・不足してるから仕事がうまくいかない可能性

職場で上司や先輩・同僚から、仕事の話を聞いているとき、指示やアドバイスを受けているとき、言葉の意味を正確に理解出来ていますか?何となく分かったような気になったまま、やり過ごしてることはありませんか。

営業や販売系の社外の人と接する職種の場合、顧客や取引先との話の中で、何となく分かったような気になっていることは、ないでしょうか。

言葉の意味に確証が持てないときに、調べたり確認したりなどしているでしょうか。ありがちな語彙力が不足しているケースには下記のようなことがあります。

・一般教養・時事的な言葉を知らない
・ことわざや熟語を知らない
・敬語や、社会人の常識的な言葉づかいを知らない
・言葉を知らないので表現がワンパターン
・専門用語を知らない

相手とのコミュニケーションの中には、このような言葉がたくさん使われているはずです。もしも、「そんなに使われていないと思う」と感じているなら、危険信号です。理解しないままにやり過ごしている可能性が大きいです。

現在の自分の語彙数レベルがどの程度なのかは、オンラインで知ることができます。問題に答えていくと、語彙数を推定してくれます。年齢相応の語彙数を持っているのか目安がわかります。

語彙力をつけて高めれば、仕事はうまくいくようになる

上司や先輩と何となく距離を感じるようになったり等の経験がありませんか。営業なら、確かな原因は分からないが、顧客が他の会社を選んだりしたという経験はありませんか。語彙力が不足しているために起きてしまったケースです。

語彙力を鍛えることで、知ってる言葉の数が増えて、話すことや書く事に言葉を使えるようになります。語彙力が上がると、上司や先輩の言葉が正確に理解出来るようになります。その結果、正しい行動が取れるようになります。

語彙力が仕事の成果を全て決める訳ではありませんが、少なくとも言葉の意味に沿った正しい行動が出来るようになります。指示内容の意味が分からずに、ミスにつながっていたことがなくなります。

言葉の理解不足と思っていたことは語彙力の不足なのです。語彙力を高めていけば、仕事はうまくいくようになる可能性があります。少なくとも、求められていることが理解出来るようになります。

語彙力を鍛える方法

語彙力が不足していても日常的に困る場面が少ないかも知れません。語彙力不足のままの状態でいてしまう原因がここにあります。

しかし前述のような語彙力不足のケースに心当たりがあれば、仕事にも支障が起きている可能性があります。語彙力を鍛えることで、改善しますので、是非おすすめします。

語彙力を鍛えるにはアプリで

語彙力を鍛えるにはアプリを使いましょう。

アプリで語彙数を増やします。語彙数が増えることで語彙力がアップします。言葉の意味が分かってくれば、読解力が上がりますので、相手が何を言っているのか、相手からのメールには何と書いてあるのかを正確に理解出来るようになります。

そして、言葉の意味が分かることで、文章力もアップします。文章や言葉の意味をなるべく正確に読み取り、伝えることができるようになることで、仕事の成果も上がりやすくなっていきます。

分からない言葉はすぐに調べる

インプットの最大のポイントは、分からない言葉を調べることにあります。理解するということです。新しい習慣は面倒に感じると思いますが、知らない言葉を調べることをしないと、語彙力は上がりません。

場面によって、すぐに調べられないときは、手帳やノートにメモをして、なるべく早く調べることです。顧客や取引先には、言葉が分からなくてメモしているとは思われないはずです。むしろ熱心さを演出できる可能性があります。

コミュニケーションを取るのが上手そうなのに、成績が良くならない営業は語彙力と読解力不足なのです。表面上は、良い感じなのに、言葉の意味を理解していなかったために、成績にならなかったのです。

語彙力を鍛える本

語彙力を鍛える本を紹介します。下記の記事ではおすすめの7選を紹介致しています。それぞれが様々な場面での言い換えの言葉を紹介しています。

語彙力が高いのかどうかの目安には、場面に応じての言い換えがどの程度できるのか、というポイントがあるからです。もし、「マジ」「ヤバい」「かわいい」などの言葉を毎日繰り返しているのであれば、この先社会人になってとても苦労をしてしまいます。

語彙力を鍛えるゲームを紹介

ゲームといえば、スマアプリがゲーム的な感覚で語彙力を鍛えることができますが、誰かと対戦することで、もっと頭を使うようになります。

ゲームのルールはいずれもかなり簡単です。しかし言葉を使ったゲームで誰かと対戦することで、スマホアプリとは違う面白さと思考レベルを感じるものと思います。

語彙力を鍛えるサイト

語彙力を鍛えるには様々なサイトが役立ちます。先ずは現状を知ることで、現状の語彙数を確認してみましょう。オンラインで知ることができます。

語彙を増やすことは語彙力を高める上で重要な事ですが、単純に漢字と言葉を覚えるだけで良いというものではありません。言葉の意味を知り、他にどのように言い換えができるのか、場面に適しているのか、などが語彙力が高くなったかどうかを判断するポイントです。

語彙力を鍛える大人

大人になれば、新米社員でもベテラン社員でも語彙力が求められます。また入社1年なんですといっても、顧客や取引先の方々は、「言葉の意味が分からなくても仕方がないよね」と思っていません。

そういう考えがあるのは、当人だけです。大人は、理解語彙と使用語彙をできるだけ速く使えるように語彙力を鍛えることのみです。

まとめ

言葉の意味を知っているだけでは語彙力が高いとは言えません。

言葉の意味を知り、話すことや書く事で使えるようになることで、語彙力として身につき高まっていきます。また、仕事をする上で語彙力は不可欠の能力です。

もし仕事が順調ではないとするなら、語彙力と読解力や文章力が無いことに原因があるのかもしれません。言葉の意味を正確に理解しないままに、努力していても求められる仕事の成果になっていない可能性があるからです。

仕事で成果を出すには、語彙力や読解力・文章力は不可欠です。

関連記事一覧はこちら

語彙力とは社会人に最も必要な言葉に関する能力

読書で語彙力が上がる|語彙力がないと大人になって辛い思いを

語彙力がない人の特徴と相手に与える印象

語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介

語彙力を鍛えるアプリで読解力と文章力もアップする

語彙力アップは本を読むことから|大人の語彙力不足は損するだけ

語彙力がない人が多用する言葉|語彙力テストで自分も確認

語彙力を鍛える方法のまとめ|仕事も上手くいくようになる*当記事

知らない言葉を調べるかどうかが語彙力高くなる人との境目

語彙力テストのまとめ

語彙が少ない社会人は周りからどう見られているか

語彙力を鍛える本|おすすめ7選を読んで語彙を増やす

語彙を増やす意味と理由|語彙がないままだと仕事を失います

語彙力を増やすサイトで語彙力を鍛える

語彙力を鍛えるゲームを紹介|アナログなゲームで鍛える

語彙力を鍛える大人は理解語彙の量と使用語彙の質が大事

語彙力 鍛える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる