語彙力を高める方法|さらにアップさせると仕事もうまくいく

語彙力を高める

語彙力がないままに社会に出ると、知らない言葉が多すぎて読書をしてこなかったことを後悔する人が多いです。一般的には、社会人の職場は年齢や育った環境の違う人が集まって同じ方向を向き、それぞれの役割の仕事をしているものです。

学生時代のように、曖昧な表現でもなんとなく分かり会えるという関係性は、一般的な職場にはありません。ですので、互いに、具体的で分かりやすい会話が必要になります。それが論理的なトークということになります。

論理的トークに慣れていない新社会人の頃には、職場の先輩や上司の言葉が、分かったような気になっているが、実は語彙力がないために、理解できていないということが頻発します。

実はその後にも、節目ごとに語彙力をレベルアップさせる必要性を感じる時があるのです。年齢や立場や役職などに合わせて、知っておくべき語彙力があります。

語彙力アップはこれでいいということがありません。基本的なことを覚えたら、それ以降は自分自身が日々吸収していくことで、レベルアップを続けていけるものです。

当記事では、基本力ではなく、その後自分自身で語彙力を高める方法としてのヒントを紹介しています。

目次

語彙力を高める方法|さらにアップさせると仕事もうまくいく

語彙力を高める1

語彙力は身につけるというよりも、高め続けるものと考えるほうがふさわしいかもしれません。年代や役割によって、最適な語彙は違うからです。

また他の国語力(読解力・文章力・要約)と違って、練習を重ねていくというより、吸収と実践でレベルアップする能力でもあります。

語彙力を高めることで、言葉をよく知っている人>言葉を使いこなせる人>賢い人>信頼できる人>仕事ができる人、というように、自分自身の評価に直結する能力でもあります。

語彙力を高めることを続けていくならば、評価が上がり、仕事ができる人と思われるようにも成長できます。

理解できる語彙を増やせば読解力アップ|使用できる語彙を増やせば文章力アップ

語彙力は、社会人の国語の基本の基にあたるものです。理解できる語彙が増えていくことで、読解力によって相手が言葉や文章で言っていることが理解できるようになります。

また意味を理解できた語彙を文章や話し言葉の中に使用していくことで、文章力がアップしていきます。実は相手には分かりやすい表現として、伝わるようになっていきます。

語彙力が高いとは、たくさんの言葉を知っていて、使いこなせるレベルが高いということです。

語彙力を高める方法

語彙力を高めるには、現在のレベルによって方法は違います。社会人になりたてであったり、現時点で先輩や上司との会話で既に意味がわからない言葉がたびたびあるという状況であれば、簡単な方法から始めると良いと思います。

もう少しレベルアップしたやり方を知りたいという場合であれば、当記事で紹介する方法がヒントになると思います。

語彙を知ろうとするこだわりを持つ

語彙力は言葉に関する力です。自分にとっての新しく覚えたい言葉は、日常のあらゆる場面に潜んでいます。

もちろん読書から吸収するのがオーソドックスな方法ですが、その他にもみたり聞いたりするあらゆる物事に関する言葉に興味やこだわりを持って、吸収する意識を持つことです。

語彙力を高めるには本のジャンルは広く読む

特定のジャンルの勉強をしたいという場合は、同じようなテーマの本を続けて読むことが多いです。

ただ、語彙力を高めることに集中しようと考える場合は、ジャンルは絞らず、手当たり次第の乱読という読み方のスタイルで本を選ぶと良いです。

予期していない本からヒントを得ることがあります。知らない言葉に出会ったら、辞書アプリで調べて覚えてください。

講演会や交流会など普段と違う場所へ

普段の生活とは違う場面へ出掛けていくことをお勧めします。講演会や交流会など、知らない人との出会いには、普段の自分の周りから出てこない言葉に巡り合うことがあります。

日記やブログで新しい言葉を使う

覚えた新しい語彙は使わないと身についてきません。当然話すことでも良いですが、ちょうどよく使える場面がないかもしれません。簡単な仕事に関係する記録や日記を書いてもいいですし、ブログを作ってネットに公開すれば、人に見られている緊張感を感じることもプラスになります。

形容詞や曖昧表現をやめて他の言葉で言い換える練習

同じ言葉の意味なのに、言葉を言い換えることが上手い人がいます。

一般的にはそういう人のことをボキャブラリーが豊富だと表現します。そういう成長をしていくためには、使用する語彙を増やす練習の中で、曖昧な表現をやめてみてください。せっかく語彙力が高まったのに、わかりにくい説明の仕方をする人がいます。

分かりにくい説明をする人に共通するのは、曖昧な表現です。それは多くの場合は形容詞や副詞の多用に原因があります。日本語には形容詞を使った曖昧な表現が柔らかい表現として良しとされる場面もあります。

ただし仕事の場合、曖昧な表現は誤認識する可能性が高く、トラブルやクレームの原因になる可能性があります。仕事上のコミュニケーションでは、曖昧な表現ではなく、形容詞をあまり使わず、数字で表現できる部分は数値表現に言い換えるのです。

他にも形容詞を使わずに、どのように表現するか、が試される場面です。その練習の先に、語彙力を高めていけるチャンスがあるのです。

まとめ

当記事で紹介している語彙力を高める方法は、基本的な方法(本を読んで、理解していない言葉をスルーせずに調べて覚える)に加えておこなうと効果的です。

知っている言葉、使える語彙が増えることで、さまざまな場面で他の方よりも「少し詳しい人」「少し先にいる人」な感じが信頼度にもつながりやすいのです。

そうなれば、きっと評価されるチャンスも増えるはずです。

関連記事一覧はこちら

語彙力

語彙力を鍛えるためにすぐできること

語彙力を鍛えるアプリで読解力と文章力もアップする

語彙力を鍛えるゲームを紹介|アナログなゲームで鍛える

語彙力を鍛える本|おすすめ7選を読んで語彙を増やす

語彙力を増やすサイトで語彙力を鍛える

語彙力を鍛える大人は理解語彙の量と使用語彙の質が大事

語彙力を上げるのは難しくない|簡単な方法を紹介

読書で語彙力が上がる|語彙力がないと大人になって辛い思いを

語彙力を高める方法|さらにアップさせると仕事もうまくいく*当記事

語彙力をつけるにはどうするのか|年代で対策はどう違う

語彙力を高める

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次