読解力を鍛えるには読んで想像し考えること

読解力 鍛える まとめ

読解力を鍛える必要性を感じている方に、いくつかの方法を紹介します。

当記事では、読解力を鍛える方法・トレーニングについて解説している記事をまとめて紹介しています。

読解力をレベルアップさせるヒントになれば幸いです。気になる記事は各項目の「詳しくはこちら」から御覧ください。

目次

読解力を鍛えるには読んで想像し考えること

読解力とは文章を読んで理解する力だと理解している人は、もはやそれだけでは不十分だと理解しましょう。

現代は仕事のコミュニケーションのほとんどがメール連絡になっています。メールの文章を読んで、文面を表面的に理解するだけではなく、その背後にある状況を理解し何を言わんとしているのか、行間を読まないと、仕事がうまく進まない時代になっています。

それらの読み方が浅いと、仕事の成果や評価がついてこないのです。つまり、現代社会で使う読解力とは、相手に対する想像力や発想力、思考力が関連する能力だという事です。

読解力を鍛えると何が変わる

読解力が鍛えられると変わることはたくさんあります。読解力は、文章に限っての話ではなく、相手が言うことを理解できるかどうかと言う力でもあります。

例えば、仕事の場面に限っていれば、以下のような経験はありませんか。

・上司に仕事の指示をされたが、何を言われているのかわからないことがある
・先輩や上司の言った通りにしたはずなのに、「そうじゃない」と言われたことがある
・顧客や取引先とのメールのコミュニケーションで、クレームになったことがある
・同僚とのコミュニケーションがうまく取れないことがある

これらは一例です。読解力が身につくと、こんな状況が改善されます。

読解力を鍛える必要があるのは大人

実は読書の必要があるのは10代までの子供たちだと思い込んでいる大人が多いです。

しかし、人生の約半分を社会人として会社に所属したり、独立起業して働くのです。その期間は一般的には40年以上です。

読解力が不足しているために、前述のように上司が何を言っているのかわからない人がたくさんいます。東証一部上場のような大企業にもいるのです。

いわゆる「空気を読めない大人」「言葉を額面通りにしか理解できない大人」「行間を読めない大人」がいます。これらは、みんな読解力がないために起きている現象です。

しかも読解力不足は、努力する気持ちがあれば、改善できる交点的な能力です。

読解力をつける方法

読解力とは、一般的には「文章を読んで内容を理解する能力」とされています。実はもう一段階あります。文章だけではなく「相手が言うことや言わんとしていることを理解する能力」とも言われます。

読解力をつける方法には、6つのステップがあります。

1)本・文章を読む 2)言葉を調べる 3)文章の構成を見分ける 4)要旨を探す 5)要点を見つける 6)要約文を書いて自分の理解度を確かめる

以上の6ステップの中には、語彙力・要約力を高める要素も含まれています。読解力・語彙力・文章力・要約力の言語に関する能力は、互いに関連しあっているのです。

基本的なこと(本を読むこと・要約文を書くこと)はやったが、それほど成長できていないという人もいると思います。その方には、さらに上げる方法を紹介します。

それは、文章を読みながら・話を聞きながら、「なぜ」と考えることです。

読解力を鍛えるアプリ

この記事では読解力が必要な理由と、読解力を鍛えるアプリの紹介をしています。もし、まだ学生あるいは社会人になって日が浅いのでしたら、アプリで練習することをおすすめします。

本を読まないし、言葉もよく知らないという状態のままで、会社に入社して働くということは、なかなか大変なことです。例えて言うなら、英語が全くわからず、翻訳アプリも通訳もなしで、外国に仕事をしに行くようなものです。

ただの観光なら、なんとか通じる場合もありますが、仕事となれば話が違います。

アプリは語彙や漢字の意味をクイズ形式で覚えていく方式のものです。やってみると、聞いたことがあるような気がする言葉がたくさん出題されます。しかし最初のうちは、高い割合で不正解になるはずです。練習して覚えましょう。

読解力をつけるには同じ本を3回読む

読解力がない原因は、そもそも本や文章を読んだ経験が少ないことにあります。本を読むことを、ただの趣味だと思いこんでいたり、本を読む=勉強=ツマラナイと思いこんでいたりします。

学生の頃には、そういう印象が強く本を読まないで過ごして来たかもしれませんが、世の中は本を読まない人のほうが、損をするようにできています。

読解力がない人は、話や文章を半分聞いて分かったつもりになってしまう傾向がありますので、まず本を正確に読み取る練習から始めることをおすすめします。ですので、同じ本を3回精読することから始めましょう。

読解力をトレーニング

前述したとおり、読解力を鍛えることは、語彙力や要約力とも関連しています。ですので、読解力をトレーニングすることに集中することは、語彙力と要約力のトレーニングでもあります。

読解力を身に付けるには小説を読む

あなたの周りには、ビジネス書ばかりを読んでいる人は、いないでしょうか。こういう方は、コミュニケーション力や相手に対する読解力が低下している可能性があります。

そういう方は小説を読むことをおすすめします。小説は、単なる娯楽だと考える人が多いです。特にビジネス書ばかり読んでいる人にある傾向です。実際にはビジネスマンといえども、仕事を円滑にすすめるには、相手とのコミュニケーションが必要です。他にも、相手の心に対する想像力や言わんとしている言葉を理解する読解力も然りです。

これらのことは、ビジネス書を読んでいても身につきません。小説を読みましょう。

読解力は本を読むだけでは不十分

読解力を鍛えるには、本を読むことから始めます。一方で、それなりの読書量を読みこなしているのに、読解力が思うように身についていない人もいます。

これは本の読み方に問題があるのです。読解力が身につかない人の本の読み方は、読書速度を優先して、字面を追っているだけの読み方になっています。必要なのは、「考える」ことです。

本を読みながら「考える」ことをしなければ、読解力はレベルアップしていきません。この習慣がついてくると、実務でも相手の言動をただ受け流すのではなく、大事な場面であるほどに想像し考えるようになります。

何故相手はその言葉を発したのか、何故そんな表情をしているのか、何故話していることと別の方向へ視線が動くのか、などと考えるようになります。考えたことを少しずつ口にして、精査と修正をして、相手への理解力がレベルアップしていきます。

まとめ

読解力は国語では、文章を読んで内容を理解する能力とされています。

しかし現実社会で言うところの「読解力がある」とか「読解力がない」というのは、単に文章を読む力だけでありません。読解力は、相手が言わんとしていることや、空気感や、文章であれば行間を読む、ということまでが、現代社会の読解力を指しています。

営業の仕事をしている人だけではなく、社会で働く人には全員読解力が必要です。読解力がどの程度あるのかによって、仕事の成果や評価が変わります。

関連記事一覧

読解力を鍛えるには読んで想像し考えること*当記事

読解力を鍛えるとどうなるか|メリットは仕事の成果と人間関係に

読解力を鍛えるのが必要なのは大人

読解力をつける方法は6つのステップで理解度アップ

読解力を鍛えるアプリ|そのまま社会人になると落ちこぼれる可能性

読解力をつけるには同じ本を3回精読から|本を読まない人の場合

読解力のトレーニング|語彙力・要約力も同時にアップする方法

読解力を身につける本なら小説を読むべき

読解力を鍛える方法

読解力は本を読むだけで鍛えることはできない|仕事に必要な能力

読解力をさらに上げる方法はクリティカルに「なぜ」と考える

読解力 鍛える まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次