要約には書き方のコツがある

要約 まとめ

当記事では、「要約」に関して「書き方の手順やコツ」について、まとめて紹介しています。

それぞれの書き方の手順やコツについては、「続きを読む」からご覧ください。

目次

要約には書き方のコツがある

最近では、小学生から要約を勉強するようになりました。

要点は3年生、要約は4年生、要旨は高学年で勉強が始まるようです。要約は文章の流れや内容を変えないで短くした文章という学び方をします。段落ごとに要点を見つけて、要約では短く、まとめることを学びます。

当たり前ですが、高校・大学の要約と基本形は同じです。社会人になれば、報告書などの文章を書くときは、もちろんですが、社内での仕事に関する会話については、常に相手に要点を要約して伝える話し方が基本になります。

つまり、社会人の話し方は、普段から、なるべく短く要約して話すことが基本になります。社会人になって、要約ができないままの人もいます。要約されていないということは、整理されていない状況ですので、「で、結局は、何をいいたいのですか?」という上司や先輩からの洗礼を受けることもあるでしょう。

要約をする要約力という能力を含めて、社会人になったら早く身につけて日々磨き上げていくのは、ビジネスの基本力です。要約力の他には、読解力と語彙力と文章力があり、いずれも生まれつきの才能ではなく、本を読むことに始まり、だんだんと身につけていく後天的能力です。

では要約の書き方のコツについて解説を紹介します。それぞれ「続きを読む」から詳細ページを読むことができますので、参考になりましたら幸いです。

要約のコツには基本と手順がある

要約は元の文章の意味を変えずに、自分の意見を加えずに簡潔にすることです。中には、10万文字のビジネス書を3行の文章にまとめたりなどの例もあります。要約の課題が出た場合は、何文字に要約するのかを必ず確認することです。

また本の文章の形態によっても変わります。要約の完成イメージを後で聞かされて、作業が徒労になってしまうことがあります。作業開始する前に、確認をしておきましょう。

普段から、相手に伝えることを簡潔にまとめて話すことができるようになっていれば、上司から思いがけない質問があっても、簡潔に要約して報告や説明ができるようになります。

要約の書き方は順番にやればできる

要約することが、元の文章を簡潔にすることだと理解していても、記述式の答えを書くのが日本人の苦手とするところです。

但し、そうはいいましても、本文の意味を変更して何かを作り出すのではないので、順番に沿って進めていけばできるはずです。手順の流れとして覚えておくと良いです。

ただ経験がなかった人が要約ができるようになるには、要約の練習も必要です。順番にやれば難しくはありませんが、最初から簡単にはできないかもしれません。ですので、最初は難しく感じなくなるまで練習してください。運動と同じです。毎日繰り返して練習していると、より簡単にできるようになります。

要約の練習の場合は、継続すると、要約だけではなく、文章力と読解力もレベルアップして行きます。それぞれ関連性のある能力だからです。

要約の仕方|手順の次に注意点もチェック

「要約の書き方は順番にやれば難しくありません」で、手順を押さえた後は、要約の仕方についての注意点を確認しておきましょう。やってしまいがちなポイントについても解説しています。

要約のやり方がわからない人は要点を見つけられてない

要約が難しいと感じている人に共通するのは、要点を見つけられていない可能性があります。

課題図書や要約する文章を読んでいるうちに、どの部分も重要に思えてくるのかもしれません。

要点を見つける上で、重要であり、ポイントとなるのは、著者や文章の発信者が全体を通じて最もいいたいことは何かを見つけることです。著者の意図であり主旨です。

要点は、この主旨に沿っている必要があります。重要そうに思えた部分が、単に重要な補足説明であるという場合もあるでしょう。主旨は、タイトルと文章の最初か最後の部分に書かれているはずです。主旨に関連する要点を絞り込んでください。

要約の書き出しの書き方

要約を書き始めて行こうとするときに、どの部分から書いていけばいいのか、困る人もいるのかもしれません。要約文に限りませんが、文章を書くときには、まず文章構成を作り上げます。

そして実際に書き始めていこうとするときに、多くの人は、なんと書き出していけばいいのかに悩む人もいます。しかし、文章全体の構成ができているのであれば、必ずしも1行目から書き始める必要はありません。書ける部分から書いていけばいいのです。

また書き出し部分に悩み、時間だけが経過することもあります。そんな場合には、書き出し部分を残して本文や結論、締め部分までを書いてしまうことです。そして最後に書き出し部分に着手するのです。本文の内容が頭の中に残っているうちに、最後に書き出し部分を書くことをお勧めします。

例えば、「序文ー本文ー結論」という文章構成で文章作成をする場合に、書き方の順番が「本文ー結論ー序文」の方が書きやすいことは多々あり。

要約では具体例は省いて

要約では、主旨に直接関係性がない部分は、原則削ります。迷うのが、要点を支えている具体例かもしれません。

しかし原点に戻って考えると、要約とは要点をまとめた文です。ですので、要点を根拠づける具体例は重要部分に思える可能性があります。しかし、具体例は要約でもないし要点でもありませんので、省いていい部分です。

要約の文字数の目安は

多くの場合、要約文の課題が出る場合には、文字数が指定されています。

しかし中には、字数制限なしという課題もあります。字数制限がない場合に、軟文字の要約文を作成すれば良いのか悩む方もいるかもしれません。ネット上の情報では、「本の文章の何割です」と書いている声がありますが、その考え方は少し乱暴と言えます。

元の文章にも構成があり、文字数が同じ10万文字でも、全く異なる場合があるからです。もし元の文章が、「章」や「節」などで、区切られた構成になっているのであれば、その構成に応じて要約されていくのが正しいです。

要約の書き方|大学生の具体例

大学生だからといって、要約の書き方が特別に変わるわけではありません。先に紹介した書き方で手順はわかるが、もっと具体的に知りたいという声もありましたで、「要約の書き方|大学生の場合」として、書き方の手順について、もう少しリアルに具体的な要素も入れて書き直しました。

重要なことは、要約の書き方そのものではなく、要約文を書き始める前の準備にあります。

まとめ

要約の書き方のコツに関連する記事をまとめて紹介しています。

要約を書く方のヒントになれば幸いです。

詳しくは、「続きを読む」からご覧ください。

関連記事一覧

要約

要約とは簡潔にまとめること|社会人は要約して話している

文章を要約するのは社会人には毎日のこと

要約の意味は何をやること?どうやる?サマリーとの違いは?

要約の類語サマリーとレジュメの違い・言い換え・同義語・対義語

要約が上手い人とできない人は何が違うのか

要約ができない人の特徴|放置してると損するだけ

要約して話すのが社会人の話し方

要約の方法|社会人は要約しながら話す

要約の書き方

要約には書き方のコツがある*当記事

要約のコツには基本と手順がある|文章の種類によって

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

要約の書き方は順番にやれば難しくありません

要約の文字数の目安はどのくらいにすべきか

要約では具体例は省くのが正しい

要約の書き方|大学生の手順とコツ

要約のやり方が難しいのは要点が分からないから

要約の練習をして身につくのは要約のコツ以外に文章力と読解力

要約の仕方は本の要点を抽出し要旨に沿ってまとめる

本の要約は章ごとがコツ|書き方がわかれば苦手じゃなくなる

本の要約

本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要

本の要約ができれば仕事はうまくいく|17のポイント

本の要約を音声で聞くなら方法は2つ

本の要約は著作権侵害にあたる場合がある【違法注意】

本の要約をブログに書くなら個人的感想のみ

本の要約とレポートと読書感想文の違い

本の要約アプリはフライヤーが最強|ビジネス書の読み方

本の要約は違法でもYouTubeチャンネルが続いてる理由

要約力

要約力とは社会人が仕事で使う基本ビジネススキル

要約力のトレーニングして要約力がある人になる

要約力がある人は評価されやすい|社会人必須のスキル

要約力を高める方法|要約ができない人は仕事が出来ない

要約力がない人が困ること

要約力を学ぶ本|おすすめするのは一冊だけ

要約練習ツール

要約サイトのサービスが超便利!文章力のスキルも身につく

要約を練習するアプリ|練習しないと大事なことが伝わらない

要約の練習にはTwitterが最適

要約アプリは新聞社でも使われている

社説を要約する|社会人が要約力をつける練習に最適テーマ

要約 まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次