精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果

精読

精読とは、その名の通り、一文字ずつ丁寧に読んでいくことであります。本や文章の読み方としては正統な感じがしますが、勉強のために、今の自分にとって重要な本の読書量を増やしたいときには合わない可能性があります。

逆に、小説など文章表現から細かな描写を味わい時などには、最初から精読や熟読が最適な読み方になります。

精読の言葉の意味と効果をあらためて確認することで、状況に応じた読み方の一つとして活用できるようになります。

 

目次

精読とは?言葉の意味や同義語・違いと精読の効果

精読 (1)

精読(せいどく)とは、何を意味する言葉か。

辞書では、「細かいところまで、丁寧に読むこと」とされています。

 

精読の同義語・類義語は|熟読との違いは

精読の同義語(同じ意味で別の言い方)のように思われる言葉に、「熟読(じゅくどく)」がありますが、実際に同じ意味ではありませんので同義語といいより、類義語(意味が似ている語)の一つと言えます。

 

精読と熟読の違いは

精読するとは、理解できるように、細かいところで、丁寧に注意して読むことです。

熟読は、細かいところまで理解と共に読み取り、深く考えながら読みこなしたとき、に使う言葉です。

精読と熟読は、じっくりと読むという部分では似ていますが、精読が丁寧に読むことに軸が置かれているのに対して、熟読では理解しながら考えながら、読んでいくことに軸があります。理解度の深度は熟読の方がより深いということになります。

 

精読の対義語は

また反対の意味を表す対義語としては、通読・乱読があります。

通読(つうどく)は、最初から最後まで読み通すことです。内容について、理解を深めながら、丁寧に読むのではなく、とにかく一通り読み通すこと、全体をざっと読むという意味になります。

乱読(乱読)は、手当たり次第に、読んで、面白い部分・気になる部分があれば目を止めて読む、という読み方です。

どちらも、精読に対して、印象が良くない感じがする読み方ですが、乱読をすすめる読書家や学者は意外に多いです。

 

精読の方法・やり方

精読する方法は、細かいとこまでを丁寧に読み込むことになります。

ですので具体的なやり方としては、単語の意味の理解は当然ですが、文章の構造までを確認し、代名詞が何を指していて、接続詞の前後関係を確認しつつ、作者の要旨に沿って、文章を要約するほどの段階まで読むことになります。

ですので、日常的に本を読んだりする場面ではなく、日本語や英語で書かれた文章から、試験問題を解答するような場面にこそ、精読の方法や効果が活かされます。

 

精読の効果とデメリット

精読は、熟読ほどでないにしても、細かい部分まで読み込みますので、理解度は深くなりますので、脳への定着度は一時的に高くなります。

精読の効果は、まさにこのポイントにあります。

ただし、同時にデメリットにもなります。

それは、読書スピードが遅いということです。

 

精読するのは通読や乱読の後でするとデメリットでなくなる

ページ数が多いビジネス書などでは、平均10万〜12万文字ほどあります。

初めて読む本を読書スピードの遅い精読や熟読の読み方で読んでいくと、もし日にちがかかってしまって読んでいるようだと、数日前に読んだ部分の内容を忘れてしまう可能性があります。

あわせて読みたい
本を読むのが遅い人の特徴は2つ|速くなるコツ 本を読むのが遅いのは、そんなに悪いことじゃありません。 また同時に読書のスピードが速いことが必ずしもいいこととも言えません。 特に小説などは、ストーリーよりも...

 

そこでお勧めする精読する方法は、乱読した後や、目次から重要箇所を拾い読みした後で、精読する価値を見出した場合などに、精読や熟読をするのです。

特にスキルアップのためにビジネス書を読む場合などは、最初から、精読や熟読をするのではなく、選んだ本がスキルアップに有効なのかを乱読で確認してから、精読や熟読に進むべきでしょう。

現在の自分のスキルレベルとあっていない本を読むのは、高くても低くても、ロスになるだけだからです。

あわせて読みたい
乱読の効果で商談の成功率が上がるメリット 乱読は手あたり次第に、本を読むことです。読書量も増えます。 人と会うことが多い方にはぜひ乱読をおすすめします。乱読することで、世界中のことに関心が向き、世間の...

 

精読と速読の違いは

精読は読書スピードが遅いことから、早く読む方法に関心を持つのは、自然なことです。

早く読む方法として、名前の通り「速読」という方法があります。

 

精読が読書スピードが遅いのは、口では発声していませんが、細かい部分まで丁寧に読むために脳内で、一語一句ずつ発声しているからです。これが読書スピードが遅くなる原因です。

本来、黙読の読書スピードが速いのは、脳内音読をせずに、読んでいるからです。それは、速読の基本にもなります。

具体的には、速読では文章を読んでいくときに、一文字読むのではなく単語や文節としての一つのブロックのようにして読んでいくことです。普段から読書量が多く、黙読している方は、自然にその方法で、読書量を増やしている可能性があります。

あわせて読みたい
速読方法と身につけるコツは想像以上に簡単 読書をする人、本を読むのが遅い人なら、「速読」に関心を持ったことがあると思います。 しかし、速読方法の広告には怪しいものを感じたり、うさんくさいと感じて、ため...

また、単語や文節のブロックのように捉えていくという方法は、実際には無意識に日常生活で誰もが行なっている方法でもあります。広告の見慣れた文字が並んでいるチラシ等や新聞やニュースの見出しなどでも、読むというよりも、瞬間的に捉えているはずです。

 

人は、読み慣れていない文字の場合は、一文字ずつ読み込みますが、よく目にする単語や文節は、文字というより映像に近い感覚で、瞬時に読み取っています。

速読はその方法を読書に活用するのであり、特別な技術を使うわけではありません。慣れてくると、かなりのハイスピードで読み込むことができるようになります。

あわせて読みたい
視読だけでも読書は十分速くなる 本や文章を読むのが遅いと感じている人は、例えば試験問題の読み込みや読書の速度をもっと速くできないか、などと悩んでいる人もいるかもしれません。 現在のあなたの本...

 

まとめ

本や文章を読む際の読み方の一つである精読は、細かいところまで丁寧に読む方法です。熟読ほどでないにしても、読解力を高める効果がある読み方です。

その効果の代わりに、読書スピードを落としてしまいます。初めて読む本に対しては、通読や乱読をして、重要性が把握できてから精読や熟読を行う方が、無駄がなくなります。

 

 

 

 

関連記事

本の読み方11種|効果的な方法は目的によって違う

黙読は本を読むスピードで効果を発揮する

音読とは脳を刺激する読み方|メリットとデメリット

音読する効果は大人にも小学生にもある

精読とは?言葉の意味や同義語|精読の効果*当記事

積読は金の無駄ではなく効果があるとしたら驚く?

通読とは初めから最後まで一通り読むこと

朗読とは?音読との違いと朗読の効果

輪読とは?意味とやり方と効果|最速で本を理解する方法

速読方法と身につけるコツは想像以上に簡単

速読の効果|音読(脳内)を止めるだけで効果は実感できる

素読とは声を出して読む方法|幼稚園で素読する理由が分かる

高速音読の脳を刺激する効果がすごい

耽読の意味・使い方・効果

乱読することで読書量が増えチャンスも増える

多読を繰り返すとなぜ英語力は向上するのか

味読は映画を鑑賞するように疑似体験から学ぶ読み方

遅読はそれほど悪いことじゃない|場合によっては速読よりも良い

視読だけでも読書は十分速くなる

音読効果で脳を活性化|頭が良くなり仕事の成果もアップする

精読

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる