ビジネス書おすすめガイド:年代別・ライフステージ別に選ぶ一冊

おすすめ、ビジネス書 (1)

人生のさまざまな時期において、成長とキャリアの向上をサポートしてくれるビジネス書。しかし、その数は膨大で、どれを選べば良いか迷うこともありますよね。そこで、この記事では異なる年代や状況に応じて、おすすめのビジネス書をご紹介します。

20代から50代までのライフステージや、学生や社会人、さらには異なる読書形式に合わせた選書アドバイスを掲載。自己成長やキャリアアップを考える方々に、ぴったりの一冊を見つける手助けをいたします。さあ、あなたのビジョンに合った知識とインスピレーションを得る旅に出かけましょう。

目次

ビジネス書おすすめガイド:年代別・ライフステージ別に選ぶ一冊

「ビジネス書おすすめガイド:年代別・ライフステージ別に選ぶ一冊」では、異なる年齢や状況に合わせて選ぶべきビジネス書を紹介します。

20代から50代までのアドバイスや、学生や社会人向けのおすすめ本、さらに異なる読書形式についても解説。自己成長とキャリアアップに役立つ一冊を見つける手助けをします。

20代の方へのビジネス書のおすすめ

おすすめ、ビジネス書

20代の皆さんには、キャリアのスタートを切るための基本を学ぶ本が重要です。以下に、具体的なおすすめ書籍をいくつか紹介します。

頭のいい人が話す前に考えていること(安達裕哉)

書籍『頭のいい人が話す前に考えていること』は、コンサルタントとして22年間の経験を持つ安達裕哉氏が、その経験から得た「頭のいい人」の思考法をまとめた本である。

「頭のいい人」は、話す前に、まず「何を話すか」「なぜ話すか」「誰に話すか」を明確にする。そして、その上で、相手の立場に立って考え、相手の納得を得るために必要な情報や根拠を準備する。

本書では、こうした思考法を身につけるための具体的な方法が、豊富な事例とともに紹介されている。

「頭のいい人」になりたい、また、より説得力のある話し方をしたい人にとって、必読の一冊といえるだろう。

本当の自由を手に入れる お金の大学(両@リベ大学長)

書籍「本当の自由を手に入れる お金の大学」は、YouTubeチャンネル「リベ大学」で人気の両@リベ大学長が、お金の知識をわかりやすく解説した本である。

本書の目的は、お金に困らない人生を送るための「5つの力」を身につけることである。この「5つの力」とは、貯める力・稼ぐ力・増やす力・守る力・使う力のことだ。

本書では、それぞれの力について、具体的な方法やノウハウが紹介されている。また、お金に関する最新の知識や、両@リベ大学長自身の経験談も盛り込まれている。

「お金の勉強を始めたい」「お金で自由になりたい」という人には、必読の一冊といえるだろう。

30代の方へのビジネス書のおすすめ

30代の方々には、キャリアの深化やスキルの磨き方に焦点を当てた本が適しています。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド

書籍「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド」は、やりたいことが見つからずに悩む人に向けて書かれた本である。

著者の八木仁平氏は、やりたいこと探し専門のコンサルタントとして、これまで多くの人の「やりたいこと」を見つけてきた。

本書では、やりたいことを見つけるための3つのステップを紹介している。

・価値観を整理する
・才能を探る
・情熱を感じるかどうかを確かめる

30代を無駄に生きるな(永松茂久)

書籍「30代を無駄に生きるな」は、著者の永松茂久氏が、30代をどう生きるかについて、自身の経験や周囲の人の経験を踏まえて、具体的なアドバイスをまとめた本である。

著者の永松氏は、30代で起業し、40代で20億円の売上を達成した実業家である。

本書では、30代を無駄に生きないために、以下の5つのポイントを挙げている。

  1. 自分の人生の「軸」を見つける
  2. 自分の「信頼残高」を高める
  3. 自分の「可能性」を信じる
  4. 自分の「理想」を追求する
  5. 自分の「未来」を描く

40代の方へのビジネス書のおすすめ

40代の方々には、リーダーとしてのレベルアップやキャリアの中での転機や再スタートに関する本が参考になるでしょう。

40代から人として強くなる法(田口佳史)

田口佳史著の「40代から人として強くなる法」は、東洋思想をベースに、40代からの人生を充実させるための心構えや行動指針を説いた書籍です。

著者は、40代は人生の転機であり、これまでの経験を活かして、より大きな目標に向かって挑戦する時期であると述べています。そのためには、心身ともにタフになり、どのような困難にも立ち向かえる強さを身につけることが重要であると説いています。

著者は、東洋思想の「水」の教えを例に、しなやかさと強さを兼ね備えた人間像を提示しています。また、「恩を稼ぐ」「不善を恥じる」「群れから離れる」「戦略に精通する」「欲望を操る」などの6つの心得を、具体的なエピソードとともに解説しています。

本書は、40代を迎えたビジネスパーソンや、人生の転機を迎えようとしている人におすすめの書籍です。

だから僕たちは、組織を変えていける(斉藤徹)

斉藤徹著の「だから僕たちは、組織を変えていける」は、組織を変えていくための方法論を解説した書籍です。

著者は、組織の課題は「関係性」にあると主張しています。結果主義的な評価や、トップダウンの指揮命令によって、組織に「やさしさ」が失われ、社員のモチベーションや創造性が低下しているというのです。

本書では、組織に「やさしさ」を取り戻すための5つのステップを、具体的な事例とともに解説しています。

  1. 小さな一歩から始める
  2. 対話を通じて信頼関係を築く
  3. 失敗を恐れずにチャレンジする
  4. 成果を共有する
  5. 組織全体を巻き込む

本書は、組織を変えたいと思っている人や、組織で働く人にとって、ヒントとなる内容が満載です。

50代へのビジネス書のおすすめ

50代に差し掛かると、豊富な経験を活かしてのリーダーシップや人生の総括が求められます。以下に、50代の方々に向けたおすすめのビジネス書をご紹介します。

一度しかない人生を「どう生きるか」がわかる100年カレンダー(大住力)


大住力著の「一度しかない人生を「どう生きるか」がわかる100年カレンダー」は、人生100年時代を生きる上で、自分の人生を客観的に見つめ直し、これからの生き方を具体的に考えるためのワークブックです。

本書では、1930年から2131年までの約200年分のカレンダーが用意されており、自分の生まれ年から100歳までの人生を、1年ずつ書き込みながら、その年に何を成し遂げたいのか、どんなことに挑戦したいのか、考えていきます。

また、本書には、人生の目的や価値観を見つめ直すための問いや、目標を達成するための具体的なアクションプランを立てるワークなどが掲載されています。

本書は、人生の岐路に立つ人や、これからの人生をより充実させるために、自分なりの生き方を模索したい人にとって、ヒントとなる内容が満載です。

うまくいっている人の考え方(ジェリー・ミンチントン)

ジェリー・ミンチントン著の「うまくいっている人の考え方」は、自尊心の重要性を説いた書籍です。

著者は、自尊心とは「自分を大切にしようとする心」であり、人生のあらゆる局面に大きな影響を与えると述べています。自尊心の高い人は、失敗や挫折を恐れず、前向きに取り組むことができるため、成功を収めやすいというのです。

本書では、自尊心を高める具体的な方法として、以下の3つを挙げています。

  1. 自分を大切にする
  2. 自分を肯定する
  3. 自分を信じる

これらの方法を実践することで、自尊心を高め、人生をより豊かにすることができるでしょう。

本書は、自尊心の重要性を理解し、自尊心を高めたいと考えている人にとって、必読の書籍です。

ビジネス書のおすすめ:大学生

大学生の皆さんにとって、将来のキャリアや成功への第一歩を踏み出すための知識とスキルは非常に重要です。以下に、大学生向けのおすすめのビジネス書をいくつかご紹介します。

人として7つの習慣を身に付けることで人格が磨かれていく「7つの習慣」

『7つの習慣』は、世界中で1,500万部以上を売り上げたベストセラーです。本書では、個人の成長と成功につながる7つの習慣が、わかりやすく解説されています。

  1. 主体的である
  2. 第一に重要なことを第一に考える
  3. ウィンウィンで考える
  4. シンクロニシティの思考
  5. 5つのなぜ
  6. 重要なものから先に行う
  7. 鋭く切る

これらの習慣を実践することで、大学生は、自分の人生を主体的に切り開き、より充実した人生を送ることができるでしょう。

嫌われる勇気(岸見一郎・古賀文健)

『嫌われる勇気』は、アドラー心理学をベースに、人生をより充実させるための考え方を説いた書籍です。本書は、現代社会の生きづらさを抱える多くの人に共感され、ベストセラーとなりました。

本書の主人公は、アドラー心理学の権威であるアルフレッド・アドラーの弟子である若き青年「トビアス」。トビアスは、アドラーから「他人の評価を気にせず、自分の人生を生きる勇気を持つ」ことを教わります。

本書を通して、大学生は、他人の評価に惑わされず、自分の人生を生きる勇気を持つことの大切さを学ぶことができるでしょう。

高校生の方へのビジネス書のおすすめ

高校生の皆さんも、将来のキャリアや人生に向けての準備を始める良いタイミングです。

夢をかなえるゾウ(水野敬也)

『夢をかなえるゾウ』は、人生を切り拓くための考え方や行動を、象のゾウ太郎とその飼い主のセールスマン・佐藤の交流を通して描いた書籍です。

本書は、夢をかなえるためには、まず「夢を明確にする」「目標を達成するための具体的な行動を計画する」「失敗を恐れずに行動する」ことが大切であると説いています。

高校生は、これからの人生をどう生きていくのか、漠然とした夢や目標を持っている人も多いのではないでしょうか。本書を通して、夢をかなえるための具体的な考え方や行動を学び、自分の人生を切り拓くためのヒントを得ることができるでしょう。

なぜ僕らは働くのか(池上彰)

池上彰監修の『なぜ僕らは働くのか』は、仕事、お金、幸せ、AI、多様性、働きがいなど、働くうえで考えるべきテーマをマンガと図解で多角的に伝える書籍です。

主人公は、将来に漠然とした不安を抱える中学生・ハヤト。学校で職場体験をすることになり、働くなんて遠い未来のことに感じてよくわからないと悩んでいると、叔母からデザインを手がける本の草稿を渡されます。

本書は、ハヤトの視点を通して、働く意味や働き方のあり方について考えます。

  • 働くとは何か
  • 働くうえでの心がまえ
  • 好きな仕事を見つけるには
  • 幸せな働き方とは
  • AI時代の仕事
  • 人生100年をどう生き抜くか

本書は、これから社会に出る人や、仕事に向き合い悩む大人たちに、働くことの意味や価値を問いかける一冊です。

社会人の方へビジネス書のおすすめ

社会人の皆さんには、キャリアアップやリーダーシップスキルの向上を支援するビジネス書が役立ちます。以下に、具体的な書籍を2冊紹介します。

7つの習慣(スティーブン・コヴィー)

スティーブン・R・コヴィーが著した『7つの習慣』は、個人の成長と成功につながる7つの習慣が、わかりやすく解説されている書籍です。

  1. 主体的である
  2. 終わりを思い描くことから始める
  3. 最優先事項を優先する
  4. ウィンウィンで考える
  5. まず理解に徹し、そして理解される
  6. シナジーを創り出す
  7. 刃を研ぐ

これらの習慣は、ビジネスシーンではもちろん、日常生活でも役立つものばかりです。

社会人におすすめする理由は、以下の3点です。

  • 仕事で成功するために必要なスキルが身につく
  • 人間関係を円滑にするために役立つ
  • 人生をより豊かにするために役立つ

仕事で成功するためには、主体性や目標設定、優先順位の付け方、コミュニケーション能力など、さまざまなスキルが必要です。『7つの習慣』は、これらのスキルを身につけるためのヒントを与えてくれるでしょう。

また、人間関係を円滑にするためにも、『7つの習慣』は役立ちます。Win-Winの考え方や、相手の立場に立って考える姿勢は、人間関係を円滑にする上で欠かせないものです。

さらに、『7つの習慣』は、人生をより豊かにするためにも役立ちます。自分の人生の目的や価値観を明確にし、主体的に行動することで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

社会人の方には、ぜひ『7つの習慣』を読んで、仕事や人生で成功するためのヒントを得てみてください。

伝え方が9割(佐々木圭一)

佐々木圭一著の『伝え方が9割』は、伝え方の技術をわかりやすく解説した書籍です。

本書は、伝え方が上達するためには、相手の立場に立って考えることが大切であると説いています。また、相手のメリットを意識した伝え方をすることで、相手を動かすことができると述べています。

本書では、伝え方の技術を身につけるための具体的な方法として、以下の3つを挙げています。

  1. 相手の立場に立って考える
  2. 相手のメリットを意識する
  3. 伝える前に準備をする

これらの方法を実践することで、相手に伝わる、説得力のある伝え方を身につけることができるでしょう。

本書は、ビジネスシーンはもちろん、日常生活でも役立つ伝え方の技術が満載です。伝え方のスキルを身につけたいと思っている方には、ぜひ一読をおすすめします。

ビジネス書のおすすめ:新卒

新卒の皆さんには、キャリアのスタートを切るための基本的なスキルや考え方を身につけることが重要です。

入社1年目の教科書(岩瀬大輔)

岩瀬大輔著の『入社1年目の教科書』は、新入社員が仕事を進める上で大切な「仕事の3つの原則」と具体的な50の行動指針を1冊に凝縮した書籍です。

仕事の3つの原則とは、以下の3つです。

  1. 仕事の目的を理解する
  2. 仕事の優先順位をつける
  3. 仕事の成果を出す

これらの原則を理解し、具体的な行動指針を参考にすることで、新入社員は仕事を効率的に進め、成果を出すことができるでしょう。

また、本書では、新入社員が直面するさまざまな悩みや課題にも、具体的なアドバイスが紹介されています。

本書は、新入社員の必読書として、10年以上もロングセラーを続けています。

コンサル一年目が学ぶこと 新人・就活生からベテラン社員まで一生役立つ究極のベーシックスキル30選(大石哲之)

大石哲之著の『コンサル一年目が学ぶこと 新人・就活生からベテラン社員まで一生役立つ究極のベーシックスキル30選』は、コンサルタントが身につける必要がある「究極のベーシックスキル」を30個厳選して解説した書籍です。

コンサルタントは、企業の経営課題を解決するために、さまざまなスキルを必要とします。本書では、その中でも、コンサルタントとして必須のスキルや、他のビジネスパーソンにも役立つスキルを、具体的なエピソードや実践方法とともに紹介しています。

30個のスキルは、以下のカテゴリーに分類されています。

  • 思考力
  • 分析力
  • コミュニケーション力
  • プレゼンテーション力
  • 課題解決力
  • リーダーシップ
  • マネジメント
  • ビジネススキル

これらのスキルを身につけることで、ビジネスパーソンとして活躍するための基礎を築くことができます。

本書は、コンサルタントを目指す方はもちろん、ビジネスパーソンとして成長したい方にもおすすめの書籍です。

まとめ

おすすめのビジネス書は古典の中にあります。50年も60年も前に出版されたビジネス書が今日のビジネスにも役に立つことは不思議な気もします。しかし古典からの学びから今日明日の仕事に生かせることがたくさんあるのです。

また各年代によって状態や環境に違いがありますが、もしこれまでに読んでこなかったのであれば、前の年代の分も読むべきです。20代には微差であったはずなのに、30代40代50代へと進むにつれて、知っているか知らないかの差は大差になって、仕事や人生に影響をするようになります。

関連記事一覧

読むべき本

ビジネス書の選び方5選|本を選ぶ基準

ビジネス書ランキング|最新・歴代の名著

ビジネス書の名著は時を超えて読まれ続ける

ビジネスマナーの本は今売れてる1冊あれば十分

ビジネス書おすすめガイド:年代別・ライフステージ別に選ぶ一冊*当記事

営業の本|この1冊は読んでおくべき・業種別に選ぶ

営業の本のおすすめ|同じ悩みを持つ人は世の中に何万人いる

営業の本ランキング|営業経験から選んだランキング

論理的思考は結論から先に話す|本を読んで鍛える

マネジメントの本:初心者から経営まで、おすすめと名著

目次