読むべき本はビジネス書と自己啓発本でOK

読むべき本

仕事や人生に役立てるために読むべき本は、ビジネス書と自己啓発本です。

読むべき人は、社会で働く全ての人です。ビジネスマンに限りません。例えば、専業主婦が読んで、夫婦や家族・親子関係に生かせると感じるヒントも読み取れるものがあります。

本を読まなければ、人は自分で経験した事でしか学びを得る事ができません。特にそれは、失敗体験からです。

しかし失敗体験からばかり学んでいたのでは、メンタルが持ちません。本の著者や先人の成功や失敗の体験や研究や思考について、本を読むことで疑似体験する事ができ、学びを得る事ができます。

人間の悩みの9割は人間関係からきています。10割だとする心理学者もいます。人間関係の問題を解決まででなくとも軽減する事ができるヒントは、本の中に書かれています。

目次

読むべき本はビジネス書と自己啓発本でOK

多くの人は、社会人になって仕事になれ始める頃に、ビジネス書を読み始めるのではないでしょうか。

しかし、ビジネス書は、表面的には、「ビジネス」を表していても、内容は組織やチームの中で人が生きていくことについて書かれている本は少なくありません。個人経営の小さなお店にも、家族というチームにも活用できるのです。

当記事は、それらの中から新社会人や中堅社員の方にフォーカスした記事をまとめたものです。詳しくは、それぞれの”読んでみる”からご覧ください。

ビジネス書の選び方|本を選ぶ基準

ビジネス書を選ぶとき、何を基準に選ぶか。

最近多いのは、インターネットで評判を確認する。アマゾンなどの書籍販売サイトや読者のコメントが中心の”読書メーター”などのサイトのクチコミが参考になります。特に読書メーターなどは、販売のためのサクラもいないと思いますし、参考になります。ただし、読了後に感じることは、クチコミ通りではないことも多々あります。

また、リアル店舗で表紙や帯を見て、選ぶのでもありですし、お店の売り上げランキングも参考になります。決まった著書がいる場合は、ネットで検索する方が間違いないです。リアル店舗では、面積の関係上、いわゆる売れ筋書籍をおかざるを得ません。過去の書籍を見つけるのは、骨が折れます。

あわせて読みたい
ビジネス書の選び方5選|本を選ぶ基準 ビジネス書の選び方はいくつかあります。 一つは、ビジネス上のリアルな問題解決に役立てたいと考えるときの選び方と、もう一つはビジネスマンとしてアップデートするた...

自己啓発本を選ぶ|生きるためにも仕事にも役立つ

自己啓発という言葉に身構えてしまう方もいるかもしれません。しかし、本来は、仕事や人生に向かうとき、自分にとっての気づきを得ることで、もっと楽になることができる本です。

人によっては、不安や悩みなどが消えてくれるという人もいます。仕事に関する具体的な問題解決の場合なら、ビジネス書の方が役立つかもしれません。

もちろん、本に書かれていることは、著者による私見である場合が多いですから、なんでも鵜呑みにすることなく、自分にとってためになると感じることを見つければいいです。

あわせて読みたい
自己啓発本を選ぶ3選|生きるためにも仕事にも役立つ 自己啓発本を読むと、人生や仕事がもっと楽になるように、うまくいくようになります。 不安や悩み・心配の気持ちが、スーッと晴れていく経験になると思います。 ビジネ...

関連記事一覧

読むべき本はビジネス書と自己啓発本でOK*当記事

ビジネス書の選び方5選|本を選ぶ基準

自己啓発本を選ぶ方法6選|生きるためにも仕事にも役立つ

ビジネス書ランキング|最新・歴代の名著

ビジネス書の名著は時を超えて読まれ続ける書籍リスト

ビジネスマナーの本は今売れてる1冊あれば十分

おすすめのビジネス書は新刊ではなく古典の中に見つかる

営業の本で読むべきは|顧客の考えを知るヒントとなる本

論理的思考は本を読んで身につける|社会人の基本スキル

行動経済学の本を読むと人は感情的で非合理だと気づく

行動心理学の本を選ぶヒント

ビジネス書おすすめ|リーダーとなる30代・50代管理職へ

30代社会人の読むべき本の選び方とおすすめ

20代に読むべき本|本を読まない社会人は社内弱者になる

自己啓発本 30代におすすめ|頭が良くなる本

人生を変えたい20代30代社会人にすすめる本|たかが本ですが助けになる

自己啓発本とは何か?何が得られるのか?

自己啓発本ランキング|元会社経営者が選んだベスト20

自己啓発本は意味ない本もあるが良書があるのも事実

生き方についての自己啓発本10選!何か気づきがあります

自己分析本を読んで転職面接に対策|働くことに迷いがある人も読む

寝る前に読む本は面白すぎない本を選ぶのが秘訣

疲れた時に読む本は脳を癒しラクにしてくれる

読むべき本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる