ビジネスマナーの本は今売れてる1冊あれば十分

ビジネス,マナー,本

ビジネスマナーの本は1冊読めばいいです。売れている本を1冊を選んで下さい。

電話の応対・メールの応対・対面時の応対について、ビジネスマナーを守って応対が出来るようになることがまず基本です。そして、働くことに関して、同僚や上司との関係性においてのマナーもあります。

色々な本を複数読む事よりも、1冊の本をよく読んで練習することです。

お店や拠点ごとのメンバーが互いにしチェックし、練習することでビジネスマナーは身についていきます。

目次

ビジネスマナーの本は売れている1冊を読めばいい

ビジネスマナーの本をamazonで調べると、2万冊以上がヒットします。

確かに一般的なマナーの中には、時代の変化と共に、変わっていくものもあります。しかし、ビジネスマナーの場合、社内・社外においての「電話」と「メール」と「対面時」の3つの応対の仕方についてが重要ポイントです。

これらの基本が書かれているビジネスマナーの本が1冊あればいいのです。

ですので、ビジネマスマナー本は今の時代で売れている本を1冊読めばいいのです。

ビジネスマナーの本に書かれていることは基本的に同じ

ビジネス,マナー,本 (1)

先に紹介した3つのビジネスマナーについて学べる本を1冊選びましょう。複数の本を読んでも意味がありません。

例えば、電話の応対、またメール文の書き方について、深掘りし効果的なスキルにまで触れている本もあります。しかしそれは、ビジネスマナーを超えた領域に踏み込んでいます。

基本的なビジネスマナーについては、本によって違うことが書かれているのは、むしろ問題です。「分かりやすそう」と感じる本を見つけたら、きちんと精読をして、後は練習をするだけです。

他に何冊買って読んでも同じことしか書かれていません。読みやすいかどうかが、自分に合っているだろうか、というポイントの違いしかありません。

ビジネスマナーの本が1冊で良いのはビジネスマナーは不変だからです

ビジネスマナーは不変的なものです。

何故なら、良いマナーかどうかを決めるのはビジネスの相手だからです。ですからビジネスマナーの基本がきちんと書かれている本が1冊あれば十分なのです。

ビジネスマナーとは、社会人が企業や組織で働くときに必要とされるマナーであるとされます。そして、ビジネスマナーは、相手のために行うものです。相手と気持ちよくビジネスが出来るために、こちらの言葉づかいや立ち振る舞いについて、相手への敬意を込めて行うものです。相手とは社外だけではなく社内の人もビジネスの相手です。

社内の人との関係性において、服装や言葉づかいに関して緩くなったと感じて、ビジネスマナーは不変ではないとする説があります。社内のビジネスマナーは人間関係が強く、ビジネスマナーで語るのは難しい部分があります。

ただ、企業の利益は常に社外にしかないことを考えれば、優先すべきビジネスマナーの相手は、社外の顧客と取引先ということになります。ビジネスマナーは緩くなってるとネット記事に書いてあったし、小さいピアスやネイルはOKでしょうと考えるのはとてもリスキーです。OKかどうかを決めるのは、ビジネスの相手だからです。

確かに働き方が変わったせいで、通勤姿もパンプスではなくスニーカーへ、バッグは持たずにリュックへ、と変わったかも知れません。では、重要な商談の場面にピアスをつけたりノーネクタイで出向いていけるでしょうか。

商談の場の基本は、1億円の商談も10万円の商談も同じです。働き方は緩くなったかも知れませんが、ビジネスマナーの肝となる場面では、数十年前から変わっていないです。ほんの一部、緩くなったように感じられる部分はあるのかもしれませんが、ビジネスマナーの本質は何も変わっていません。

ですので、ビジネスマナー本は1冊あれば十分です。あとは練習です。

おしゃれは自分のため、ビジネスマナーは相手のため

ビジネスマナーは先に説明したとおり、顧客や取引先などビジネスの相手のために、身に付けるべきことです。

おしゃれや髪型やアクセサリーなどは、自分のためにすることです。言葉づかいや見た目、そして立ち振る舞いがマナー違反かどうかを決めるのは、おしゃれとビジネスマナーでは違います。

この点を混同してしまうと、1億円の商談の場にノーネクタイやピアスをつけたままで向いてしまうのかも知れません。ビジネスの相手が正装し、ネクタイをしてスーツ姿で現れた時、商談はほぼ壊れます。

ビジネスマナーの本に、このような事例が書かれている本は無いのかも知れません。しかし、これが現実に起きていることです。茶髪にピアスをビジネスの場に相応しくない感じる顧客は普通にいます。気にしない相手は、まだまだ一般的ではないです。

しいて言えば、扱う商品の価格が低価格の場合、ビジネスの相手は気にしない可能性があります。

ビジネスマナーの本を1冊紹介

新入社員が対象のように書かれていますが、中堅社員でもビジネスマナーを忘れている人は、現実には沢山います。日本人の読書率は低いことも関係しているのかも知れません。

読んで思い出した方がいいです。お店や事務所で、マナー研修を実践した方がいいです。社外の人と会う可能性がある人は全員覚えて練習をすべきです。

まとめ

ビジネスマナー本は1冊あれば十分です。

何故なら、理由の一つ目が基本的に書かれていることは同じだからです。特化している部分には多少違いはあるのかもしれません。

理由の二つ目は、ビジネスマナーは不変だからです。働き方は変わりました。職場の言葉づかいも変わったと思います。しかしビジネスマナーが必要な面談・メール・電話の場面は、数十年前と同じです。マナーに違反しているかどうかを決めるのは、ビジネスの相手です。

つまり不変的なことについて書かれていることを学ぶには、ビジネスマナーの本は1冊あれば十分なのです。

関連記事一覧

読むべき本はビジネス書と自己啓発本でOK

ビジネス書の選び方5選|本を選ぶ基準

ビジネス書ランキング|最新・歴代の名著

ビジネス書の名著【厳選】時を超えて読まれ続ける書籍リスト

ビジネスマナーの本は今売れてる1冊あれば十分*当記事

営業の本で読むべきは|顧客の考えを知るヒントとなる本

論理的思考は本を読んで身につける|社会人の基本スキル

行動経済学の本を読むと人は感情的で非合理だと気づく

行動心理学の本を選ぶヒント

ビジネス書のおすすめ|リーダーとなる30代・50代管理職へ

30代社会人が読むべき本の選び方とおすすめ

20代に読むべき本|本を読まない社会人は社内弱者になる

寝る前に読む本は面白すぎない本を選ぶのが秘訣

疲れた時に読む本は脳を癒しラクにしてくれる

ビジネス,マナー,本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる