行動心理の本|行動から心理学によって相手の心を推測

行動心理学,本

人の心の動きは、体のどこかへ現れてしまいます。

もしあなたが営業や接客の仕事をしているなら、顧客のイエスもノーも鵜呑みにはできません。相手の本音は、行動やしぐさを喪にして判断しましょう。

もしあなたが顧客で相手が優秀な営業なら、いくら言葉で誤魔化しても本音は見られています。

目次

行動心理の本|行動から心理学によって相手の心を推測

行動心理学,本

まず注意すべきことがあります。

行動心理という学問自体は「無い」という事です。

サイトによっては、「しぐさと本音について、科学的に証明した信頼できる学問である」と説明しているページがありますが、学問として教えたり研究している大学などの研究機関はありません。

ただし心理学には、ポピュラー心理学(通俗心理学)と呼ばれる分野があり、学術的知識がない方が発信する情報が多いとされています。社会心理学や行動科学が心理学を一つの柱としていることからヒントを得て、誰かが行動心理という言葉を作ったのかもしれません。行動心理は通俗心理学の一つとして、考えると良いかもしれません。

ですので、行動心理士という資格試験や講座などありますが、民間資格です。少し名称が似ている国家資格に、公認心理師という資格があります。こちらは大学で心理学部を卒業したあと、大学院に入学し修了することが、受験資格になっている狭き門です。

行動心理は学問的な心理学ではないことを認識した上で、行動科学と心理学で示されるように、一つの関係性は認められることですので、「行動と心理に傾向がある」ことを参考にするのが良いのではないかと思います。

行動心理学の本でおすすめする心理学の本

行動心理の名称はありませんが、「しぐさ」から感情や考えがわかるということで、おすすめすることにします。若干気になるのは、FBIはアメリカのものですし、文中のボディラーンゲージはアメリカ人のしぐさだということです。

日本人にどこまで応用できるのかは、日本人にどこまで応用できるのかは、若干気になる部分です。ただ、相手が取るしぐさや動きをよく観察して、違和感を感じることは、営業が顧客と接するとき、取引先との交渉ごとの場面でも発生しますので、参考になると思います。

心理学を使って営業や接客の仕事に役立てたい

著者は立正大学名誉教授、日本ビジネス心理学会長です。コミカルなマンガが各項目で掲載されており、心理学の勉強というよりも顧客の行動を予測するコツやヒントについて、軽く読むことができます。

接客や営業の対人スキルのレベルアップを目指す人には、物足りないかもしれません。対人関係の仕事を始めたばかりの人や、読書をあまりしないという人には、最初の一冊として良いです。

社会心理学で他者との関係・職場での心理を知る

人は職場や家庭や社会の中で、他者と関係し合って生きています。人との関係性の中で、どの選択が最良なのか、あるいはすべきでないとわかっていてもしてしまうこともあります。

なぜそういう行動をとってしまうのか、等々の自分も含めた行動の謎について心理学から解説している本です。直接的に営業や接客のヒントが書かれている本ではありません。

人が集団の中で生きていく上での気づきが得られる本です。自分自身や他人の行動の謎の部分が見えるかもしれません。例えば人は少人数のグループでいる場合には正確な思考や判断ができるのに、人数が増えると傍観者になって行動しなくという特性があるのです。

人間の行動の心の不思議がわかります。

行動心理を心理学の本から学んでビジネスに役立つ

さまざまな心理効果とWebサイトへの具体的な応用例は、Webマーケの勉強というより、すぐにホームページの修正などの応用可能な実践的な資料を探している人には最適だと思います。ビジネスに今日から役立てられます。価格は、そこそこしますが、使える本だと思います。

人によるかもしれませんが、Kindle版より紙の本の方が見やすいのではないかと思います。

しぐさから心理学で相手の本音を見抜く本

著者の会社名にニヤッとするかもしれません。株式会社空気を読むを科学する研究所代表取締役の清水氏です。

表情の変化や仕草から本音を見ぬための具体的な方法が分かりやすく文章と図解(イラスト・写真)されています。

ありがちな心理学の法則や理論を羅列していないことに好感が持てます。文章表現も翻訳本と比べると、はるかに読みやすいです。

心理学から相手の行動を読み取る本

有名な本なので、知ってる人が多いと思います。社会心理学について、 具体的な場面をもとにして、非常に分かりやすく書かれています。492ページという、この種の本の中でそれなりに分厚い方ですが、おそらくはスルスルと読めてしまうのだと思います。

あまりに人気になり、「影響力の武器」シリーズまでできてしまいました。

自分もどこかの場面でこうやって、買わせられているのかもしれない、と思います。

相手の心理を読み取るには行動を観察すること

営業マンに限らず、人は相手の心を読めたらどんなにいいだろう、と考えていることがあります。著者はメンタリストで著述家です。心理学の学者ではありません。独自に、言語と行動の関係に注目して研究を重ねた方です。

人の言語と心理の関係について、研究と観察を重ねた結果、心理学の入門書として書かれています。人は言葉を発する前に、感情を持った瞬間にその内容の兆候が体に現れているといいます。

行動心理の本でマーケティングに使えるのは

マーケティングや営業・接客業などで、現在働いている方なら、今日から使えるアイディアが100個書かれています。

そして、実践に応用すれば、すぐに実感できるでしょう。(練習が必要なものもありますが) おそらく既にどこかで聞いたことがある方法から、初めて聞くものまであるかもしれません。

もしほとんど知ってるよ、となれば、あなたは十分優秀な営業です。

まとめ

冒頭に紹介しましたように、行動心理学という学問は今のところは存在しません。

だからということではないのですが、紹介した本には明確に行動心理のタイトルがついている書籍は、少なかったです。

実際には心理学から人の行動を見て次の行動を予測するということになります。

学問的論考がなされていないことが、行動心理の弱点です。ですが、表情や体動きが心の中の声との間に関係性があることは、営業や販売系の方には、とても役に立つと思います。

関連記事一覧

読むべき本

ビジネス書の選び方5選|本を選ぶ基準

ビジネス書ランキング|最新・歴代の名著

ビジネス書の名著は時を超えて読まれ続ける

ビジネスマナーの本は今売れてる1冊あれば十分

おすすめのビジネス書は新刊ではなく古典の中に見つかる

営業の本|この1冊は読んでおくべき・業種別に選ぶ

営業の本のおすすめ|同じ悩みを持つ人は世の中に何万人もいる

営業の本ランキング|営業経験から選んだランキング

論理的思考は結論から先に話す|本を読んで鍛える

行動経済学の本を読むと人は感情的で非合理だと気づく

行動心理学の本|行動から心理学によって相手の心を推測*当記事

行動心理学,本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次