文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

文章力,トレーニング (1)

社会人の中には、文章力は、一定の年齢になったら自然と身につくものだという勘違いをしている人がいます。

当然ながら、文章力は意識を持って、少なくとも本を読んだり、文章をまとめる要約の練習をしていかないと、ついてくるものではありません。

つまり、文章力をつけたいと思うならトレーニングをしないとつかないということです。特に社会人なら尚更です。

目次

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

文章力,トレーニング (2)

冒頭の勘違いの人は、実在の人です。彼は当時20代半ばの社員でしたが、積極的な勉強や、トレーニングをしない人でした。

その後も気づきを得ることがなく、そのレベルから脱することができず、文章力を身につけることなく、会社をさりました。

文章力とは何をする力か

そもそも、文章力とは何かということを調べて整理すると、文章や言葉をつかって、言いたいことを表現する能力のことです。

意味が似てる言葉には、語彙力(ごい力)があります。語彙力とは、どれだけ多くの言葉を知っているかです。使いこなすことができるかです。

つまり、語彙力が不足していれば、文章は作れないということです。必要ということになります。

文章力をつけるトレーニング|自力でやるなら

文章力とは、前述の通り、文字を書く力ではなく、文字や文章を使って、言いたいことを表現する能力なのですから、文字を書く練習をしても意味はありません。

文章力がない自分は、何年もかかって今の状態にいることを理解しましょう。つまり文章力がある自分になるには、数日でなることはできません。一応の形になるだけでも、数ヶ月のトレーニングは必要です。

文章力をつけるトレーニングを整理すると次のようになります。

1.本を読む。複数のジャンルを読む。小説・ビジネス書・自己啓発など

2.本を読んで、心に響いた文章を抜き書きする。抄録する。何を感じたなどの意見は交えずに抜き書きする。

3.本を要約する。要点を抽出して、わかりやすく短くまとめる。

4.可能であれば、完成させた文章を誰かに読んでもらい、意見をもらう。

文章力のトレーニング|まず本を読む・できるだけたくさん読む

文章力がない人は、そもそも本を読む量が少なすぎです。ですので、語彙力が不足しています。語彙力が不足しているのですから、文章で表現する言葉を知らない状態です。

この状態を改善しなければ、言いたいことや伝えたいことを適切に表現できません。まず、漫画や写真集以外の本を、毎月3〜4冊読むことです。

文章力のトレーニングのために抄録する

抄録するとは、原文をそのままの形で抜き書きすることです。

良い文章の表現や形について、肌感覚で慣れ親しむために、抄録してください。

文章力とつけるトレーニングには要約力も必要

要約とは、要点をまとめて短くまとめることです。

短くまとめて相手にわかりやすく伝えるのです。要点を選び出し、要点を理解しやすく合体することがまとめることです。

文章の表現力に、直結する要素です。

要約する原文の種類によって、要約のコツは多少異なりますので、次の記事をご参照ください。

文章力のトレーニングの確認で読んで意見をもらう

文章力がないことがトレーニングのきっかけでしょう。社会人なら、顧客や取引先との連絡文書・報告書・計画書・総括やレポートなどを書く場面でお困りなのかもしれません。

前述のように、文章力は数日間でマスターできるものではありません。

トレーニングの最後は、書き上げた文書を上司か同僚に読んでもらい、意見をもらうことです。

文章力をつけるトレーニング講座の力を借りる

前述したような個人的なトレーニングで成果が出せるタイプの人もいますが、トレーニング講座を利用した方が、トレーニングが進むという人もいます。さまざまな資格試験などと同様に考えて良いです。

基本的にはオンライン講座で学んでいく方法と通信教育型の添削指導で学んでいくものがあります。

どちらが優れているというよりも、諸条件を比べて取り組みしやすい方を選ぶのが良いです。

産業能率大学 ビジネス文章力トレーニング
・Z会 仕事で生きる文章力講座 メール・報告書編
文章力養成講座

上記の他に、現役ライターの方が「ビジネス文章力トレーニング講座」を行っている講座もあります。

オンラインには、ライブの良さがありその場で教わる感覚がありますし、添削中心であれば、自分の思考のスピード感に合わせて、指導を受けられる良さもあります。

期間は概ね2〜3ヶ月で、ひと月に2回ほどの添削スピードですが、それぞれで少しずつ違いがありますので、それぞれのリンクから確認をしてみてください。

文章力をつけるトレーニングの本を読む

実は、文章力をつけることに特化した本が、意外にたくさん出版されています。

しかし数冊読んでみるとわかるのですが、実際の社会人が困っているビジネス文書(メール文・報告書)に特化された内容については、ほんの数ページしか該当しないのです。

文章力のトレーニングとして、一般論として書かれているページが多いので、ビジネス文書の書き方としては、それほど役には立ってくれませんでした。

むしろ職場にいる文章力について定評のある先輩や上司から、手本となる文章をお願いして見せてもらって、分解し分析した上で、真似をさせてもらう方法の方が、自分のオリジナル文書が書けるように、文章力のトレーニングができていくように思われます。

まとめ

文章力は、年齢とともに高まるものと誤解をしている人もいます。

実際には、本を読んだり、文章を書くことで、徐々に高まっていくものです。特に、日頃から読書に縁がないという人は、文章力をつけるトレーニングをしなければ、身につくことはありません。

運動やスポーツと同じです。練習しなければできるようにはならないことです。

記事一覧はこちら

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須*当記事

文章力のトレーニングはアプリで出来るのか|文章力を鍛える

文章力の本を1冊選ぶなら|たくさん読んでも意味がない

文章能力と文章力は同じもの?文章作成に関する能力は他にもある

文章力鍛えることは社会人として最低限やっておくべき

文章力と頭の良さは関係が深いと思われているが

文章力がある人の特徴|読みやすく分かりやすい文章の書き方

文章力をつけるには何をすればいいか|最速は真似すること

文章力上げるには読書は必須だが不十分|他にも重要なことが

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力がない人の特徴|頭が悪そうと思われている

文章力とは何ができる能力?文章力がないと困ること

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

文章力がないと頭が悪い印象になる

文章力を上げる方法は才能ではなく簡単なことを積み重ねて

文章力には構成力が欠かせない|構成が整えば読みやすいし書きやすい

文章が書けない人|昇進昇格しない理由はそのせい

文章力がない原因と対策

文章力,トレーニング (1)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる