文章力がないままの大人はキツい|トレーニングで身につけられる

文章力 トレーニング

実際には、文章を書けないままの社会人はかなりいます。

若い世代に限ったことではありません。そして文章を書けない社会人は、文章を書く必要がある場面になると、元気をなくしています。文章をうまく書けなくてつらそうです。

今の時代は、知っての通り社内の連絡も社外とのコミュニケーションもほとんどメールです。

何歳であっても遅すぎることはありません。文章力のトレーニングをしましょう。

仕事を続けるなら、文章力がないままだと、仕事にならない時代になったのです。当記事では、文章力のトレーニングに関してまとめて記事を紹介しています。

詳しくは、各ページをご参照ください。

目次

文章力がないままの大人はキツい|トレーニングで身につけられる

文章力 トレーニング1

どこでもネットにつながり、スマホが進化することでコミュニケーションの方法が大きく変わりました。

今は通話をしない時代です。通話はスマホの機能として残っていますが、特別な時しか使われなくなっていくのかもしれないと感じさせます。電話の着信に気づいても、出ない人も増えました。その後で、LINEやメッセージで「電話をもらったみたいですが、なんでしょうか」と連絡があります。

テキストメッセージでしか、コミュニケーションが取れなくなっていくのかもしれません。

しかしLINEのメッセージでは連絡できても、メールだと面倒と思う人も多いようです。仕事上のコミュニケーションとしてのメッセージでは敬語も必要ですし、言葉遣いも気をつけないといけないことがたくさんあります。

また思うように表現ができなくて、伝えたいことが相手に伝わらないという人もいます。この状態は、仕事の場合は仕方がないとしておくことはできません。文章の書き方をトレーニングして覚える必要があります。

文章力のトレーニングは社会人なら必須

社会人になったら、いつの間にか文章力が身についてメールを書けるようになる思い込んでる人が実際にいます。しかし残念ながら、実際にはそんな魔法のようなことは起きてくれません。

文章を書けるようにトレーニングした人しか、文章を書けるようにはなりません。ですから生まれつきの才能で文章を書くのがうまい人もいません。文章を書くのがうまい人は、普段から文章を読んでいて、良い文章と悪い文章の違いが分かっています。

トレーニングしたことはないが、文章は書けるという人は、例外なく本をよく読む人です。こちらのページでは、文章力をつけるトレーニング方法を紹介しています。関心がある方はご覧ください。

文章力のトレーニングはアプリでもできる

文章力をトレーニングする方法は、スマホのアプリでもできます。

文章力を鍛えるポイントを覚えておいて、スマホのアプリでトレーニングするのです。

文章力をトレーニングするには、文章を読むアプリ・言葉を調べて覚えるアプリ・相手にわかるように文章を書く練習をするアプリが必要です。

文章を読むアプリは、本を読むアプリですが、無料でもたくさんの本を読めるのです。著作権の年数期限が切れている本がたくさん無料で公開されているのです。

こちらのページでは、文章力をトレーニングするために覚えておく鍛えるポイントや、アプリの数々を紹介しています。

文章力を早く身につけるなら毎日10分でもトレーニング

文章力を身につけたいと思う人が、どのくらいトレーニングすれば文章を書けるようになるのかは、実は正しく言えばわかりません。

どんなトレーニングを何分やるのか、毎日なのか、2日に1度なのか。そもそも現状の文章力レベルがどれくらいあるのか、ないのかなど、個人差の要素が多すぎてわかりません。

はっきりしているのは、トレーニングすればうまくなるし、時々やるよりも毎日やる方が効果があるということです。3日に1回30〜40分のトレーニングをするよりも、たとえ10分でも毎日トレーニングする人の方が習得スピードが速いのは、筋トレなどと同じです。

また文章力というと、文章を書く一つの力のように思えます。しかし実際には幾つの能力が重なり合って、文章を書けるようになります。一度に全部を覚えるのは大変です。現状の文章力レベルがかなり低いということなら、毎日20〜30分トレーニングをしなければならないかもしれません。

毎日のトレーニングで、文章力のなんの能力をトレーニングするのか、解説しています。ご参照ください。

わかりやすい文章を書くには文章構成力をトレーニング

良い文章とは、相手にとって読みやすくわかりやすい文章です。わかりやすい文章とは、理解しやすい文章のことです。

理解しやすい文章に大事なことは、理解しやすい文章の流れや順番で文章が構成されていることです。逆にわかりにくい文章は、文章の流れが整理されてなく、順番もバラバラに書かれています。

とても良いことが書いてある文章なのに、文章の構成が整理されてないために、相手にとってわかりにくい文章になっているものはたくさんあります。

わかりやすい文章構成で書けるようになると、頭がいい人だと思われるようになり、次には信頼できる人と思われるようになります。会う前のメールのコミュニケーションにより、顧客からの信頼度が高まり、初めて会ったのに、楽に契約してもらえた、などという事例もあります。

理解しやすい文章構成の例と、文章構成力を高めるトレーニングについて解説しています。

文章の表現力がない人は語彙が不足してる|トレーニングしましょう

文章の表現力がないと言われると、文章を修飾する技術がないのだと誤解する人もいるかもしれません。

実際には、テレビのグルメ番組で、食レポの芸能人が「おいしい」しか喋れないというシーン。これが表現力がないということです。どのようにおいしいのか、口に入れた時の感触がどうなのか、最初にどんな味がしたのか、他の食べ物と比べて何が違うのか、などと表現できることはたくさんあるはずなのです。

文章を書いたり話したりする場面で、「かわいい」「すごい」などしか言わない人は、表現力がない人ということになります。面倒だと思う人もいるかもしれませんが、これができないと仕事になりません。

文章の表現力がないとは、どんなことなのかの事例を紹介しています。表現力がないとクレームやトラブルにもなりますので、仕事への影響度は高いです。トレーニング方法も紹介しています。

ビジネス文章力|トレーニングしましょう

社会人になってから文章を書く機会が思っていたよりも多く、うまくかけない自分の文章力に気がつく人は多いです。学生時代にもレポートの提出や小論文など文章を書くシーンはあったはずでした。

しかしなんとか乗り越えてきた人たちは、社会人になってからは自力で頑張る必要に気がつきます。そしてビジネスマンとしての読み書き能力が評価にも影響することに気がつくのだと思います。

昔からよく言われていたことに、「営業マンは売上で評価されるが、営業以外の職種は何を持って評価されるのだろう」ということがあります。

これは自分自身が評価をする側の立場にならないと分からないことです。実は最も基本の評価となるのは「話す・聞く・読む・書く」などの言語に関する能力です。「分かりやすく話す」「相手の話を聞いてよく理解している」「文章や相手の言動から相手を理解している」「相手に伝えたいことを相手に合わせて分かりやすく適切な言葉を使って表現できている」などです。

残念ながら高校や大学の教育では教えてもらえないことばかりです。結果的に社会人になって差異が生まれるのは、読書をすることで、言葉について自動的に学んできている人は「話す・聞く・読む・書く」がうまくできる可能性は高いです。ですので、現時点で言語に関する能力が不足しているなら、これからトレーニングするしかありません。

それができないとすれば、仕事ができないからです。

まとめ

文章力のトレーニングについて、まとめとして紹介しています。

それぞれの項目については、「あわせて読みたい」からページにジャンプしてご覧ください。文章力に自信がない人は、トレーニング方法をチェックして、ぜひ試してみてください。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力がないままの大人はキツい|トレーニングで身につけられる*当記事

文章力を上げるには鍛える|努力なしには上手くならない

文章力があるとは相手に伝えられるということ|実はそれが難しい

文章力|伝わる文章を書けているか

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章の書き方で仕事の成果が決まる

文章力のトレーニングはアプリで出来るのか|文章力を鍛える

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

構成力を鍛える|トレーニングするとわかりやすい文章になる

文章の表現力の鍛え方|トレーニングするには語彙を増やすこと

ビジネス文章力に自信がないならトレーニングしよう

文章力 トレーニング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次