本を読むことで得るものは仕事と人生に大きく影響

本を読むことで得るもの

「本を読んだら何かいいことでもあるの?」という人もいます。

今の日本では、1ヶ月に1冊も本を読まない人という人が半分近くいますので、冒頭のように考える人がいても仕方がありませんが、本を読むことには得しかありません。

本を読むための時間と買うためのお金も使いますが、他のものと比べるとはるかに安いと、そのリターンは何よりも大きいかもしれません。

目次

本を読むことで得るものは仕事と人生に大きく影響

本を読むことで得るもの (1)

漫画と写真集以外の本を読むこと=読書することは、読む人と読まない人とでは、全く違う人生になってしまいます。

世の中には、文字に対して障害を持っている人もいます。文字が動いて見えたり、重なって見えてしまったり、同じ行から動いていけなくなったりするなど、識字障害という本を読めない障害を持つ方もいます。

しかし、乗り越えたり、共存したりして大人になって自分なりの方法で本を読むようになる人もたくさんいます。中には、文字や文章に関わる仕事をしている方までいます。

本を読むことで得るものは2種類あります

本を読むことで得るものは、一つは仕事に影響することです。もう一つは人生に関係することです。人生というとオーバーに聞こえてしまうかもうしれません。しかし本当に1冊の本で人生が変わる人もいます。

本を読む人生を選ぶか、本を読まない人生を選ぶかでは、まるで違います。ただし、価値観は、本来個人に特有のものですので、どちらが幸せか、ということではありません。

あくまでも大きな影響があるということです。

本を読むことで得るものは仕事に大きく影響する

(仕事は人生の一部ですから、完全に分類できるものではありませんが、一つの目安として分けました)

読書で得るものの特徴は、読書量が増えると比例することです。特に仕事に関する基礎能力は、読書量に比例しています。仕事の基礎能力が高まることで、仕事の成果量が変わってきます。

語彙力(ごい力)が高くなる

語彙力とは、言葉に関する能力です。語彙力が高いといえば、多くの言葉を知っていて、たくさんの言葉を使いこなす能力が高いということです。本を読む事で語彙力が高まります。何となく本を読むのではなく、言葉の意味を理解して読むことがポイントです。

顧客との応対、取引先との交渉ごと、社内連絡など、語彙力が必要となる場面がたくさんあり、語彙力が高いと上司からの評価も上がる可能性は高いです。

逆に言えば、語彙力が不足したままでは、上司や先輩が言っていることが理解出来ません。当然顧客や取引先についても、分かったような気になっていますが、本当のところを理解出来ていない場合が多いです。語彙力が不足しているということは、言葉を知らない状態ですので、かなり危機的な状況とも言えます。

文章力が高くなる

本を読む事で得ることの一つは、文章力です。本を読んで理解出来たら、要約文を書くことで文章力は上がります。ただし本を読む人は、良い文章を形でも覚えるようになります。文法的な理解が不十分であっても、良い文章の形を覚えていることで、自分で文章を書くときに、良い文章を書きやすくなります。

現代では直接面談をすることもありますが、それ以上にメールでの社内連絡や相談、そして社外との交渉や商談も増えます。逆の立場で考えると分かりますが、同僚や上司と違って、顧客や取引先は、文章力が低い担当だと思っても、普通何も言いません。何も言わずに他の店・会社へと行ってしまいます。

社会人には、文章を普通にきちんと書ける能力は不可欠の能力です。

コミュニケーション力が高まる

文章力は、文字や言葉を紙の上でコントロールする能力です。当然、会話の中でも言葉を使って、商談やコントロール、また社内連絡や相談などする場面があります。

そのようなコミュニケーション力が必要な場面でも、本を読んで語彙力が向上していれば、楽にコミュニケーションができるようになります。

営業や販売のように、顧客や取引先と商談や交渉などで接する機会が多い人は、商品知識だけ持っていないとコミュニケーションの関係性を構築するのに苦労します。本を読むことで得ていた知識情報があれば、相手の好きな話題に注目することで、関係性は一気に打ち解けます。

浅く広く身につけた知識情報がコミュニケーション力を高めてくれる場面です。

想像力が身につくようになる

仕事の場面では、日々の業務の中で、次に何が起きるのか、どういう対応が必要になるのか、を想像することが必要な場面があります。特に、相手の心の動きがどの方向に動くのかは、仕事に大きな影響をする事が多々あります。

小説を読んでいる人は、相手の心理への想像力が働き、良い関係性を作れることがあります。小説を読むことで、登場人物の心模様を想像しながら読んでいたことが役に立ってくれます。

顧客や取引先、あるいは社内連絡等の場面においても、想像力を働かせる場面があります。本を読んでいると、小説などでは、人の心の動きや移り変わりが表現されていますので、そういったことからも応用できる想像力があります。

仕事上の問題解決のヒントを得る

過去に事例があることの対応等については、先輩や上司に聞けば、教えてくれることもあります。しかし、どうすれば、目標を達成できるか、今起きた初のトラブルの対処についてなど、前例があまりないことについて、解決するためのヒントを見つけることができます。

目標達成に過去にどうやったかと考える人がいますが、ほとんどの場合、顔のやり方が通用する事例はありません。経験ある課長や部長がいても、目標が達成できないことがあるのがその証拠です。ビジネスの場面は常に変化してますので、同じ状況は通常起きません。また、小さいトラブルや問題が大きくなってしまうのも同じです。

そんな時は、ほんの中に答えのヒントを見つけることができます。もちろん、ピッタリのことが書かれているわけではありませんが、解決のヒントを見つけて善処できることはたくさんあります。

思考力が高まる

本の種類にもよりますが、考える場面が多い種類の本の場合だと特に思考力が高まるようになります。また、意図的に脳を刺激して、頭の回転を良くする方法もあります。それは音読や素読を速くする練習をすることです。特に文章の意味を理解していない状態で、声に出して、なるべく速く読み上げる素読という方法では、実際に脳(前頭前野)が大きくなったことを確認しているという実証データもあります。

営業なら成績も上がる

営業ならば、語彙力が上がりコミュニケーション能力が上がり、想像力も上がっていると、顧客心理も考えられるようになり、営業成績は案外楽に上がるようになります。

毎月やってみないと分からないということが少なくなり、上司からすると、売り上げが見込める部下ということになり評価も上がります。

収入増える・評価が上がる

本を読むことを続けていくと、仕事への接し方が変わっていきます。前述の通り、語彙力・コミュニケーション力が向上し、仕事の能力が向上したと感じられるようになるはずです。

当然、仕事能力が向上したとみられるようになり、評価と期待値が向上します。収入も上がります。

本を読むことで得るものは人生にも大きく影響する

人生に関わることとして分類したものの中で、仕事にも関連することもあります。この2つの分類は、一つの目安としてご覧ください。

自分以外の価値観を知る・お金以外の価値観にも気づく

人は、根本的に、自分は正しいと思っています。しかし当然ながら、そうではないことはたくさんあります。目の前の知人友人や親兄弟の言うことに素直に、「イエス」と言えないことや、物事の価値観でも、本に書かれている著者の価値観(自分と違う)を素直に受け入れることができたりします。

また、本を読むことで、自分が知っていることは狭い範囲でことなんだと、気づかせてもらえることもあります。自分以外の価値観を知ることはとても重要です。

またいろいろな物事を考える基準がお金になっている人が多いです。本を読むことで、お金以外の価値観に気づくことができるようになります。

人と比べることが無意味であることに気づく

人は、ついつい人と比べてしまいながら生きています。

しかし、そういう生き方・考え方は、自分の人生を意味ないものにしてしまうことに気づいていきます。

これは、たくさんの本を読んでいく中で気づいていけることです。

記憶力が高まる・脳が鍛えられる

脳科学の川島氏の実証データでは、できるだけ速く素読を繰り返すことで、脳の前頭前野が大きくなり、記憶力が上がったとされています。

素読とは声を出して本を読む方法ですが、音読と違い、言葉の意味がわからなくとも、とにかく読む方法です。なるべく高速に。この方法は、文章の理解ではなく、脳を刺激することで鍛えるという方法になっています。

自分以外の生き方・考え方・人生を知ることができる

人間は、非常に限られた時間の中で生きていますが、根本的に体験からしか学べないようにできています。そこで、本を読むことで、疑似体験を通じて、自分の学びとして、得ることができるのです。

自分以外の生き方・考え方・人生を知ることが人にとって大きな学びになります。疑似体験を通じて学んでおり、さまざまなジャンル(漫画と写真集以外)の本を読むことが進められるのはそのためです。

漫画は、内容が比較的浅いため、時間との関係があまり良くありません。

まとめ

本を読むことで得るものは仕事と人生に大きく影響していることは明かです。

本を読む事は、慣れない人には面倒に感じることと思います。しかし面倒を乗り越えた先には、仕事と人生が好転すると期待して良いのでだと思います。

ただし、体のトレーニングと同様に始めてすぐに効果が現れる方の方が少ないです。あせらず努力を積み重ねると、本を読む事で得るものは明確に感じるはずです。人生が変わったかのように感じる人もいるはずです。

関連記事一覧

本を読む

本を読むことのまとめ

本を読むメリットはどんな効果があるのか

本を読むと眠くなる理由と解決方法|どうすればいい

本を読むといいことはあるのか?大きな違いがあります

本を読むことの大切さに気づくとき青ざめて恥ずかしい思いに

本を読むことで得るものは仕事と人生に大きく影響*当記事

なぜ本を読むのか|なぜ本を読むといいのか

本を読むことで知識を増やすことは仕事の役に立つ

本を早く読む方法は無料でできる4つの方法

小説を読むメリットを知っていますか?ビジネス書にはないメリット

本を読む理由は人によって違う

本を読むことで得るもの

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次