文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

文章力,トレーニング,毎日

文章力の重要性は、働き方や取り巻くデジタルツールの進化により、更に高まっています。

テレワークでは、人によっては、毎日圧倒的に文章を書くようになっているでしょう。さらに、社内と社外のコミュニケーションや商談等の場面に、「文字で伝える」ことの割合がどんどん増えています。

文章力がないと仕事ができない人という評価は、すでに数年以上前から始まっています。

そして今後は、さらに「文章・文字で伝える」ことが仕事の基本になるのです。文章力に不安がある人は急いで毎日トレーニングしましょう。

目次

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに

社会人になってから自分の文章力がないことに危機を感じていませんか。

どんな職種でも想像以上に文章を書く場面に驚いている人もいると思います。あるいは驚く暇もなく日々を過ごしているかもしれません。

さらにテレワークで毎日文章を書く機会ƒこうが増えてる人もいると思います。文章力はないと困る基礎スキルです。もしも文章力不足だと自覚があるなら、今日からトレーニング開始です。

文章力は毎日ただ書くだけではトレーニングにならない

文章力とは、名前の通りなら文章を書くだけですが、実際には読み手にこちらの伝えたいことがわかりやすく伝わることが必要であるという少し難易度の高いものです。

単純に毎日文字を書いていても文章力が身につくことはありません。急場しのぎにできる人の真似をして覚える方法もあります。しかし、それはとりあえず最速でできるようになったとみえるだけで、さまざまな状況の中で文章を書けるようにはなっていません。

真似の段階では、一つのパターンしかできないことが多いです。いろいろなケースに応じて書ける文章力を身に付けるトレーニングを毎日しておかないと、後輩に聞かれる立場になった時に困ります。

文章力を構成する能力を毎日トレーニング

当記事で紹介する文章力とは、社会人が会社や組織で働く中で必要とされる文章力です。文章力全般を指しているのではないことをお伝えします。

ですので、書くことが直接仕事に直結する方が必要とする文章力のレベルや範囲とは違うものであります。

文章力を身につけるトレーニングは毎日行うのが、秘訣です。また、文章力とは何ができる能力?文章力がないと困ることで紹介していますように、文章力と言いましても実際には7つの力で構成されています。

トレーニングは、7つの力に応じて毎日行い、早く身につけた方が良いです。

構成の設計力

ビジネスで使う文章には、理解しやすい構成があります。小説で昔から言われるような「起ー承ー転ー結」のパターンは、ビジネス文書には合いません。わかりやすい文章の構成で良いと言われるのは、「結論ー理由ー事例ーまとめ」のパターンです。

文章構成の設計力をトレーニングするには他の文章を分析する

わかりやすい文章・わかりにくい文章の構成がどのように設計されているかを分析してみることです。どういう順番で論理が展開しているのかを分析してみると良いです。新聞社の社説やニュースサイトでもいいと思います。何について書かれているのか、どういう順番で論理が展開しているのか、など毎日分析してみてください。

わかりやすいパターンの展開を感じることができるようになるでしょう。

毎日文章力を高めるためのトレーニングとして日記かブログを書く

毎日の日記をわかりやすい構成を使って、文章力のトレーニングとして日記を書くことです。

タイトルを決め・わかりやすい構成にしたがって、結論を1〜2行で示してください。次に理由です。理由には事例をつけてください。そして結論です。このような順番で論理的に展開することを確認しながら、各トレーニングをしましょう。

語彙力

文章の中で、相手の知識レベルや関心度合いに合わせて、言葉を書き分ける必要があります。そのためには、語彙力を高める必要があります。まずは言葉を知ることです。お奨めするトレーニング法は、読書とアプリを使う方法です。

ビジネス書をたくさん読む

過去に途中で挫折したビジネス書があれば、それを読むことです。古典的名著もお奨めです。スマホに漢字アプリを入れてわからない言葉があったらすぐに調べましょう。数秒で読み方と意味を教えてくれます。

語彙力を高めるアプリを使う

語彙力を高めるとは読解力を高めることでもあります。語彙力は、文章力にも読解力にも関連しているからです。移動時間や毎日のスキマの時間を使って、語彙力のアプリでトレーニングしましょう。今まで、ゲームやSNSにあてていた時間の何割かを語彙力アプリにあててください。

敬語

ビジネス文書では敬語の使い方はかなり重要です。敬語を軽く考えていると大きな後悔をすることになります。

間違えた敬語で取引先から担当変更を言われてしまうこともあります。トレーニング方法は敬語に関する本を読むことと敬語をトレーニングするアプリがおすすめです。

敬語の本を読みアプリでトレーニング

現在どの程度敬語について理解しているかにもよりますが、最低でも基礎レベルは抑えておきましょう。基本的にどの本を読んでも書かれている内容に大きな違いはありませんが、自分が読みやすいかどうかです。本当にたかが敬語ですが、されど敬語です。毎日の積み重ねが大事です。

間違えましたでは済まないところが敬語の怖いところです。本を読んで、アプリで練習しましょう。

想像力

想像力は、思考力と同じように考える力です。思考力が具体的にある物事で考えるのに対し、想像力は現実にはないものだったり、イメージであったりします。

文章を書く場面では、相手の身になって考えることで、相手の身になることは現実にはできないことです。ですから、イメージでしかありません。しかし、想像力を働かせて、相手視点から物事を考えた後で、書かれる文章は違ってくるはずです。

想像力のトレーニングは、本を読むことと想像することです。読む本は、人の心模様が描かれているものが良いので、小説がおすすめです。ストーリーよりも、登場人物の心の動きに注目して読んでください。

もう一つのトレーニングの想像することは、どこでもいつでも出来ます。逆にしようと決めていないと、忘れてしまいます。シンキングタイムを毎日の中のどこかの時間帯に設定しても良いです。

単純に想像力をトレーニングする方法として、ハーバード大学・スタンフォーフォ大学で行われているのは、「答えが出ない問題を想像力を使って考える」というものもあります。

発想力

発想力とは、思いつき力でもあります。

思いつきを進化させるトレーニングは、いくつかあります。おすすめするのは、1人ブレストです。ブレストとは、ブレーンストーミングのことです。

例えば、「文章力を高めるにはどうすればいい」と考えてみてもいいです。実際にできるのか、効果があるのか、などの制限を無しにして、ただただ発想して行きます。方法は、ノートに書き出していく・付箋に書き出していく・マインドマップに書き出していくなどの方法があります。

発想力の観点で考えると、おすすめはマインドマップです。「文章を高めるにはどうすればいい」と大きいノートや紙の中心に、そのままの言葉を書きます。次にそのことだけを考えて、中心の周りに言葉(1階層目)を書いて中心から枝となる線を引きます。

書きつくしたら、2階層目を書いていきます。1階層目に書いた一つずつの言葉にのみ注目して、「そのためにはどうする」と自問し発想したものを2階層目として書いていきます。現実的ではないものも出てくると思いますが、気にせず書いていきます。

これが発想力を鍛えるトレーニングになります。毎日行うと脳が柔軟になり発想しやすくなります。

要約力

要約力は文章力と関係性は深いです。わかり易い文章とは、情報が整理され分類され理解しやすい順番に並んでいる必要があります。その中には情報が要約されていることが必要になります。

要約力を高めるトレーニングは、要約することを繰り返すことです。他の能力アップで読書する本を要約するトレーニングの題材とすれば、一石二鳥です。

注意力

文章を書く場面での注意力は、文章が完成したあとの確認のためのものです。

誤字脱字はもちろん、わかりやすいと思って書いた文章構成が書く前と書いたあとで印象が違うかもしれないなどのチェックもしておきたいのです。

注意力は、校正につながることです。オンラインの文章校正ツールもありますが、自分でできる能力アップもしておきたいです。

トレーニングする方法は、文章を校正してみることです。自分が過去に書いた文章をチェックしたり、以外に勉強になるのが他人の文章チェックです。

校正する材料は、他人のブログ記事やニュースサイトの記者の記事です。ニュースサイトの記事は本来書き手のプロである記者が書いていますが、実際にはおそらくスピードを優先させているために、誤字脱字は普通にあります。「プロなのに意外」と驚かれるかもしれません。

ついでに記事の構成を分析すると、構成の設計力のトレーニングにもなります。

まとめ

文章力をつけるためのトレーニングは、最適な方法を積み重ねる必要があります。

急場しのぎに、本をたくさん読むことや文章力がある人の真似をすることで、できたように見えることもありますが、自分の能力とするためには、やはり毎日トレーニングすることが大事になります。

当記事では、文章力を校正している7つの能力を高めることで、文章力をつけようとするヒントとなるものです。

関連記事

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力がない社会人は仕事ができない人とみなされます

文章力にはトレーニングが必要|社会人には必須

文章力のトレーニングはアプリで出来るのか|文章力を鍛える

文章力の本を1冊選ぶなら|たくさん読んでも意味がない

文章能力と文章力は同じもの?文章作成に関する能力は他にもある

文章力鍛えることは社会人として最低限やっておくべき

文章力と頭の良さは関係が深いと思われているが

文章力がある人の特徴|文章にも7つの特徴がある

文章力をつけるには何をすればいいか|最速は真似すること

文章力には読書は必須だが不十分|他にも重要なことが

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力がない人の特徴

文章力とは何ができる能力?文章力がないと困ること

文章力は毎日10分のトレーニングの積み重ねで使えるレベルに*当記事

文章力がないと頭が悪い印象になる

文章力を上げる方法は才能ではなく簡単なことを積み重ねて

文章力には構成力が欠かせない|構成が整えば読みやすいし書きやすい

文章が書けない人|昇進昇格しない理由はそのせい

文章力がない原因と対策

文章力,トレーニング,毎日

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる