読書で人生は変わる|社会では学歴よりも重要

社会人,読書 (1)

読書をする人の数が少ない事は、色々な場面で取り上げられているのでご存じの人も多いはずです。

民間の調査機関でも、文化庁の調査(国語に関する世論調査)でも、ほとんど同じ数値が出ています。約半分の人が1ヶ月に1冊の読書もしていません。つまり毎月1冊以上の読書をするだけで、世の中の上位50%側の人に入るということです。

実は社会に出ると、学歴よりもどれだけ読書をしているかが、仕事に大きく影響します。

良いと言われる大学を卒業し、上場企業や大手企業に就職しても、読書をしていない人は企業の中で落ちこぼれていきます。社会人としての能力評価は学歴とは関係がないからです。

社会人として評価され伸びていく人は、読書量が多く行動する人です。

目次

読書で人生は変わる|社会では学歴よりも重要

社会人,読書 (2)

文化庁の平成30年の調査結果では、3〜4冊読む人が8.6%、5〜6冊読む人が3.2%、7冊以上読む人が3.2%です。

つまり、3冊以上読む人は、合計しても15%しかいません。(平成20年、25年と徐々に割合が減少しています)3冊以上読めば、上位15%の中に入ります。

さらに、興味深いのは、「人が最も読書すべき年齢」という質問で最も多い回答が「10代」(約40%)と答えていることであり、20代以降については多くの人が、読書すべき年齢とは感じていないことです。

読書をする人の割合が少ないからこそ人生が変わる

もし大学受験に失敗して2番目3番目の大学で勉強してきたという人は、社会人になって読書量を増やすことで、社会人として成功し、人生が変わる可能性があります。

繰り返しですが、学歴は社会に出れば重要度は下がります。それよりも社会人になってから勉強をしているかどうかが重要です。日本では、小学中学の読書率は高いのに、高校からどんどん下がります。大学生はほとんど本を読んでいません。

有名大学を卒業していても、企業に就職してから落ちこぼれてしまう理由はそこにあります。無名大学の出身者でも、社会人になって読書量を増やした人は、昇進昇格していきます。それが現実です。

読書で人生が変わるには分からないことは人に聞くのではなく本に聞くこと

社会人となり働き始めると、分からないことや上手くいかないことが起きてきます。

ほんの些細なことは別として、大事なことは同僚や上司に聞くのではなく、本に聞くことです。つまり本を読んで調べて覚えるのです。

「どうすれば仕事がうまくできるようになるのか」「成果を早く出す方法は?」などという大事な問いに対して、上司も同僚もきちんと答えを持っていないことが多いからです。

信じられないかもしれませんが、上場企業の部長クラスでも、事業の成功にかかわる戦略についての考えを持っていない場合があります。当然そういう部長は読書はしていません。そして成功する場面を作れずに降格してしまいます。

読書で得られる効果は2つ

社会人の読書は自己学習のためにあります。そしてその効果には2つあります。一つは、すぐに役立ちヒントとなる効果です。仕事で壁にあたっているときに、問題を解決するためのヒントを見つけることができます。問題発見や解決へつながる読書です。

もう一つは、すぐに効果が現れるのではなく、ビジネス関連の知識やスキルを教養として身につける効果です。すぐに何かに役立つことではないが、学習したこととして自分の中に蓄積され、ゆっくりとビジネスに関する知識やスキルが高まっていく効果です。

前者は、現時点の問題を解決していくために即効性があります。

後者は、知識やスキルを自分の業務の中で実践していくことで身についていき、自分をレベルアップさせるものです。読書で人生を変えることを考えれば、後者の読書を継続することがわかります。

読書を月3冊以上毎月読んでいけば上位15%の人になり人生は変わる

冒頭で紹介しましたように、月3冊以上読めば、上位15%の人になります。

上位15%の人は、管理職として評価され給料も高くなった人たちです。読書量と給料は比例するという言葉すらあるのです。

もちろん、読書で得られた知識や経験を自分のものにして、行動に生かしていくようになるには一定の時間(数ヶ月から1年ほど)がかかります。そして、いずれ気づくときには、本から学んだ借り物だったはずの知識や経験が、自分自身の言葉となって語っているはずです。

真剣に取り組めば、早ければ数ヶ月後には、人生が変わりはじめていることを実感することが少しずつ増えていくはずです。

読書で人生が変わるには4つの基本スキルを高めること

実は社会人としての「読み・書き・聞く・話す」という4つの基本的能力に関係する「読解力・語彙力・文章力・要約力」が不足している人は、多いです。

社会人として仕事で成果を出すという役割がうまくできない原因は、読解力・語彙力・文章力・要約力という基本スキルがないことが原因になっている事例がたくさんあります。

これらの基本スキルを身につけるために、最初にやるべきことは読書なのです。読書をして、知らない言葉を覚えて、文章全体の意味を理解するのです。自分以外の誰かに分かりやすく話す言葉や文章で伝えるのです。

最初は読書から始まります。社会人になって読書量を増やし、実践していくことで人生が変わります。

読書で人生を変えるには語彙力を上げること

大学受験までは本を読んでいた人も大学に入ると読書の頻度がぐんと落ちます。社会人になる頃には、語彙力はすっかり低下しています。上場企業にしても大手企業にしても、あるいは中小企業にしても、新入社員の学歴に興味を持っているのは、せいぜい入社2〜3ヶ月の間くらいのものです。

もちろん読書で人生が変わると言いましても、単純に本を読むだけで、評価と給料が上がるわけではありません。

読書をして知らない言葉があったら、面倒がらずにスマホアプリで調べるのです。かかる時間は数秒です。言葉を覚えたら、使いましょう。それを地道に繰り返します。

ついでに、本に書いてあった知識情報も仕事や生活に役立てましょう。行動に役立てるのです。ここが大事な点です。

読書をして知らない言葉を調べることで語彙力が上がる

語彙力とは、たくさんの言葉を知っていて使いこなす力です。本を読んでない人は知らない言葉が多いです。会社の中でやり取りされる言葉の中に、意味がよく分からない言葉があった時に、スルーしてませんか。

社会人は基本的に自己責任です。語彙力不足は、仕事で恥をかき、青ざめることになります。当然語彙力不足の社員の評価は下がります。

出世は厳しいし、給料も下がる可能性が大です。前述の15%の人たちが管理職になっているはずです。

現実社会では、10代よりも社会人になってからの方が読書料が必要なはずなのです。仕事で成果を出すための基礎的なスキルである読解力・文章力・要約力は、読書をしていないと身につかないからです。

人生を変えるには語彙力の次に読解力そして文章力を上げます

言葉の意味が分かるようになると、上司が何を言っていたのかが分かるようになります。また書類に書かれている文章の意味も分かるようになります。つまり、読解力が上がったということです。

すると、読書をしていて更に本に書かれていることも理解出来るようになります。

文章力のある人は、良い文章をたくさん読んでいます。良い文章を読み慣れてくると、読解力もついてきて、良い文章も書けるようになります。

仕事で使う書類の読み書きや、顧客や取引先とのコミュニケーションに使う文書を書くのが、下手な人が多いです。そういう社員に読書量の質問をすると、ほぼ100%、毎月1冊以上本を読むという人はいません。

読書の重要性に目覚めて、読書をする社会人に変わっていける人も、ときにはいます。しかし、残念ながら、目覚めないまま30代40代を迎える社員も少なくありません。

読書で人生を変えるには何歳からでも遅くない|毎月3〜4冊を読んで仕事と人生に活かせばいい

現在の年齢が、30代40代でも遅いことはありません。50代の方の耳に届くかは分かりませんが、本気で自己改善すれば、50歳からでも自分の評価や給料を変えられるはずです。(筆者の目覚めは40代になってからでした)

また、読書のジャンルに迷う人もいます。漫画と写真集以外であれば、文字を読み続けることで脳は刺激を受けますので、変化はあります。

小説でも良いですが、手堅いところではやはりビジネス書や自己啓発本がおすすめです。

読書で人生を変えるには要約力をつけるべき

読書をするようになってくると、少しずつ読解力や文章力がついてくるようになります。

顧客や取引先とのコミュニケーションに文章力は必要ですから。ただ、大事な点=要点をまとめる要約の力が不足していると、文章が書けるようになってきても、成果に結びつかない可能性があります。

日頃の業務についての相談や連絡・報告にしても、要点が整理されてまとめられていないと、気になることを次々と口にすることになり、結局何を言いたいのか分からない、と言われてしまいます。

要約ができるようになると、相手に話が分かりやすく伝わるようになり、仕事がうまくいくし、成果も上がるという具合になっていきます。

まとめ

読書をするかしないかは、当然個人の選択です。しかし、社会人になって、なぜ同期は評価され出世もしたのに、自分が会社に評価をされないのか、わからないでいる人も何人も見てきた経験から、まとめたものです。

当然ケースバイケースですが、最も多いケースでは、社会人としての重要基礎スキルである読解力・文章力・要約力・語彙力が不足していることに原因があります。しかも、そのことに自覚していません。チャンスが与えられないと思い込んでいます。

読書量不足によって、社会人として勉強不足になっているのです。

関連記事一覧

読書

読書は趣味なのか必要なものなのか

読書量と年収の関係|相関関係の参照データ

読書の必要性は大きい!子どもだけじゃなく大人にも読書を

読書することで自信を持てると違う景色が見えてくる

読書で人生は変わる|社会では学歴よりも重要*当記事

日本人の読書量が減っている|読書の頻度は世界の平均以下

「読書はしなくてもネットで十分」には落とし穴がある

読書によって脳は活性化し鍛えられる

社会人,読書 (1)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次