本を読む人の雰囲気が知的で信頼を感じさせやすい理由

本を読む人 雰囲気1

本を読む人と読まない人の比較のようになってしまいますが、本を読む人は知的な雰囲気を持っていて、説明を聞いてもわかりやすく感じます。

仕事で失敗しても成功しても、客観的で論理的で説明がわかりやすく、信頼をおける印象があります。年収や評価が高くなることも自然にうなづけます。

目次

本を読む人の雰囲気が知的で信頼を感じさせやすい理由

本を読む人 雰囲気2

本を読む人には、知的な雰囲気を持っている人が多いです。思考や判断のレベルも高く、言葉や行動に信頼をしても良い人なのだと思わせてくれるという特徴もあります。

本を読む人はなぜ知的な雰囲気を持っているのか

人はそれぞれに個性を持っていますが、本を読む人には一定の傾向があります。そして本を読む人の共通の傾向は、顔つきや雰囲気に現れます。

自分の周りを見渡すと、持ってる雰囲気が知的で、穏やかな空気感を持っているのに、強い意志や自信を感じさせる人はいないでしょうか。ほとんどの場合が本を読む人たちのはずです。

中には、根拠のない自信を持つという個性の方もいます。しかし話をすれば、個性だけの人なのか、本を読む人なのかがわかります。

「本を読む人は、それだけ知識があるんだろう」と思われる人もいるかもしれませんが、本を読む人が持っているのは知識だけではありません。

知的な雰囲気とは知性的ということ

知的な雰囲気とは、顔の表情や言葉遣い、そして立ち振る舞いから、知性を感じるということです。

知性とは、知識があるだけではなく、考えて判断する能力のことです。知性を感じさせるということは、物事をよく知っているだけではなく、深い思考と論理的な判断力がある人なのだと、相手に伝わるということなのです。

本を読むことで、物事を知って、よく考えることを繰り返してきた結果、身についたものです。本を読むことに関連する思考や判断の繰り返しが知的な雰囲気に表れるのです。

穏やかなのに、意志の強さや自信を感じさせるのも、物事を論理的に深く考えられる人だからでしょう。

本を読む人が信頼を感じさせやすい雰囲気を持つ理由は

本を読む人は、知性的な雰囲気を持っているだけではなく、実際に深い考察(思考)と根拠に基づいた判断ができる傾向があります。読書で学んだ知識に基づいた考察の内容や判断について、論理的に説明ができるので、相手からの共感を得やすいという特徴も持っています。

逆に本を読まない人は、本を読まないのですから、知識量は少なく、古い情報しか持っていません。ですので、知識に基づいて深い考察をすることはできす、感覚的に物事を判断する傾向が強いです。感覚に頼った行動は、判断の根拠を説明できなないので、相手からの共感は得にくいです。

本を読む人の行動は知識と考察(思考)に基づいている

ですので、本を読む人の話し方(話す内容)と行動は知識と思考に基づいていますが、本を読まない人は感覚に基づいていると言えます。

社会人として仕事を考える場合に、信頼できそうに感じるのは、共感しやすい説明をしてくれる本を読む人ということになります。本を読む人は行動や判断が、知識と論理的思考に基づいていますので、たとえば仕事上の失敗や問題があっても、論理的に問題解決や改善対策が検討できます。

しかし本を読まない人の行動と思考は、感覚に基づいていますので、失敗対策や問題解決の検討や判断も、根拠のない感覚になってしまいます。その結果、ありがちなのが過去の成功と失敗に基づく前例主義です。

しかし現代のように、ネットやスマホが進化した時代では、「前回はそれでうまくいった(失敗した)」の前例主義は、全く役に立ちません。なぜ上手くいったのか、なぜ失敗したのかを、分析できません。

本を読まない人の仕事ぶりは常にやってみないと分からない

同僚や先輩社員の中にも、いるはずです。成功の秘訣や失敗の原因を考察し、成功の再現策や失敗対策を考えることができません。結果、常にやってみないと分からないという仕事の仕方を繰り返します。

実際に、本を読まない営業社員に、商談成功の理由をヒアリングすると、ほとんど説明できません。中には「僕の腕がいいからです」という愚かな人もいるくらいです。

本を読む営業社員の場合は、なぜ成功したのか、なぜ失敗したのかを考察して、仮説を持っています。仮説があれば、次の場面で検証していくことができます。

こうした仕事ぶりを重ねた結果、会社の中では、論理的説明や深い考察ができる本を読む人が、上司や顧客からの信頼を獲得するようになります。当然出世もします。本を読む人の方が年収が高くなる傾向があるのは、これらのことが、複合的に関係しています。

本を読まない人も体験によって学びを重ねます。人に論理的に説明することはできませんが、感覚的な判断力がついていきます。ただ実用レベルになるには、何年もの時間がかかります。また論理的な説明が苦手ですので、人を育てられる上司にはなれず、感情的なパワハラ上司になる可能性があります。

まとめ

本を読む人は雰囲気が知的なので、話すとすぐにわかります。逆に本を読まない人も雰囲気と話す言葉ですぐにわかります。

本を読む人が知性的な雰囲気を持っているのは、読むだけではなく、深く考える能力があるからです。

しかも思考や判断が、本から得た知識や情報に基づいていますので、相手にわかるように話すことができます。

仕事ぶりや評価にも関連することです。

関連記事一覧

本を読む人

本を読む人の特徴と本を読む人になる方法

本を読む人は頭がいい!読書で頭が良くなるのは本当なのか?

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は性格まで変わるのか

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?

本を読む女性の印象と本を読む男性の印象

本を読む人は孤独|成功する人ほど孤独ともいう

本を読む人は何を読むのか?自分はどんな本を読めばいいか

本を読む人の雰囲気が知的で信頼を感じさせやすい理由*当記事

本を読む人の割合|複数の調査結果から読み取る

本を読む人が小説を読む理由|趣味にとどまらない

本を読んでいる人だとわかる理由

本代を惜しまない人は月にいくらかける|本を読む人の投資

本を読む人 雰囲気1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次