本代を惜しまない人は月にいくらかける|本を読む人の投資

本代

月に1冊の本も読まない人が半分いるという現状の中で、一方には毎月10冊以上の本を読んでいる人たちがいます。

ビジネス書の平均価格はおおよそ1,400円と言われますので、月に14,000円のコストがかかることになります。本をよく読むという人たちは、年間で約17万円の本代を惜しまないでかけていることになります。もちろん、もっと高額の人もたくさんいます。

経営者や上級管理職など高年収の人たちの多くが、本をたくさん読む人たちです。本を読むことがノーリスクハイリターンの投資であると言われる理由がここにあります。

目次

本代を惜しまない人は月にいくらかける|本を読む人の投資

本代1

本題に月々いくら使っているでしょう。冒頭に毎月10冊という例えを紹介しました。実は月に10冊はかなり少数派です。文化庁の国語に関する世論調査によれば、月に7冊以上読む人は4%ほどという結果があります。

本を読むと答えている人の平均読書量は概算で2.9冊になります。概算の本代は4,000円前後ということになります。

本代を惜しまない人は月にいくら使うのか

本代を惜しまない人の定義は決まったものはありません。文化庁の世論調査から、月に7冊以上読む人を、本代を惜しまない人と仮定してみます。

ビジネス書に換算すると約1,400円ですので、本代を惜しまない人と仮定した月7冊以上読んでいる方(全体の4%)は、毎月1万円以上のお金を本代として使っていると分かります。

実際にはかなり偏りがありますので、本代をもっと使っているという人もいます。また一人の人の読書量としても月によって偏りがあります。

本代をケチらない方がいいと言いますが節約する方法もある

本代にかけるお金は未来の自分への投資になることから、ケチらない方がいいと言います。

しかし、投資は数年後に資産として形成されるものです。投機的な投資ではありません。つまり将来の資産になるまで時間がかかります。それまでの間を本代をケチらないで続けていけるかと考える方もいるかもしれません。2020年から発生したコロナ禍による、不況の影響を感じている人は本代を節約せざるを得ないという人もいるでしょう。

本代をなるべくかけないで、本代を節約して読書をする方法は以下の通りです。

本代を節約して読書する方法

1)図書館を利用する
2)電子書籍で無料の本を読む
3)中古本を買う

本代を節約しても読書の効果はある

読書の効果は、「知識情報を得ること」と「本を読むことで脳がトレーニングされる」ことの2つあります。つまり必ずしもお金を出して新刊を読まなくても、読書の効果はあるのです。

全国には7,300以上の図書館があります。図書館の規模によって蔵書数には違いがありますが、無料で読書ができるのは大きなメリットです。近くの図書館を探して一度行ってみると良いです。カーリルのアプリを使えば、全国の図書館の貸し出し状況もわかります(事前登録が必要)。

また無料で読める「青空文庫」という電子書籍があります。著作権がなくなった作品や著作権者の許諾が得られている作品を、ネット上で無料で読むことができます。有名な著書の名作がたくさんあり、無料で読めることは非常に大きなメリットです。(2022年6月時点の蔵書は1万7051冊)

本代を節約するには中古本を読むのもおすすめです。古本屋が近くにない方は、Amazonで1円(送料は別途)から購入できます。中古本の特徴で、かなり古い本は逆に高い価格がついている場合があります。また本の状態は、あくまでも中古だと理解することです。まれに新品と変わらない状態の本もある反面、クリーニングされていない本もありますし、傷や書き込みもあります。

最新の知識情報は新刊を買うしかありませんが、古くても今に通じるビジネス知識もあります。また小説の名作は、スマホやタブレットにアプリをインストールして、青空文庫を読めば、読み尽くせないほどの数を読むことができます。

本代は年収の何%・月3万円と言います|本を読む人の投資

本代は年収の10%かけるという説があります。日本人の平均年収は400万円ほどですので、換算すると月々約3万円が本代になります。しかしビジネス書の平均価格1400円で換算すると、21冊以上になります。なかなか現実的ではない読書量になります。

そのくらいの読書量を実践している人も実際にはいますが、一般的ではないです。本をよく読むと言われる人でもその3分の1程度です。です。

ただし、もし本代に月3万円かけることができるのであれば、未来が楽しみになります。単純に字面だけを読むのではなく、意味を考えて読み、そして読書ノートでアウトプットもするなら、会社員なら昇進昇格する可能性は非常に高いです。

まとめ

本代を惜しまないで使うことができるのなら、自分自身の大きな投資になることは間違いありません。

そして、上位4%の月7冊以上の読書を続けたとしても、月に1万円程度の本代になります。

本代にかけるお金は、自分の未来に対するノーリスクの投資になります。また本代を節約する方法も紹介しました。

関連記事一覧

本を読む人 読書量が多い人の特徴と違い

本を読む人は頭がいい!読書で頭が良くなるのは本当なのか?

本を読む人は顔つきが|読書家の人の特徴は

本を読む人と読まない人の具体的な違いはかなり大きい

本をたくさん読む人は何冊以上読んでるのか?

本を読むのが遅い人の特徴は2つ|速くなるコツ

本を読まない人の割合は|その理由と特徴

本を読まない人が浅いは間違い|本を読む人にも浅い人はいる

本を読む人は孤独|成功する人ほど孤独ともいう

本を読む人の印象と読まない人の印象

本を読む人は何を読むのか?自分はどんな本を読めばいいか

ビジネス書ばかり読む人|読むだけじゃ意味がない

本を読む人の割合|複数の調査結果から読み取る

知的好奇心とは?本を読む人は知的好奇心が強い

本を読まない人と読んでいる人は話せばわかるし書く文章でもわかる

本を読む人が小説を読む理由|趣味にとどまらない

本代を惜しまない人は月にいくらかける|本を読む人の投資*当記事

本代

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる