簡潔にすることは具体的にはどうすればいい

簡潔に

社会人になると「簡潔に書いてください」「簡潔に話してください」と言う機会が増えます。

この記事では、書くこと・話すこと・説明のことなど、簡潔にすべきことについてまとめて解説しています。

目次

簡潔にすることは具体的にはどうすればいい

簡潔にすることについて、具体的に文章を書く場面や、話す場面、説明などの場面に応じて説明していますので、詳しくはそれぞれの紹介ページからご覧ください。

簡潔にまとめる

よく聞く言葉に「簡潔にまとめる」という言葉があります。この記事では、文章を書く場合に、簡潔にまとめる方法について、解説しています。文章を簡単にして短くすると覚えてしまうとちょっと乱暴すぎるかもしれません。要点をおさえる必要がありますので、削っていい部分と削ってはいけない部分があります。

簡潔に話す

簡潔に話すことで伝わるようになります。簡潔に話すことは、相手が理解しやすくなるにはどう話せばいいのかを考えることでもあります。

簡潔に話せるようになるには、練習が必要です。当サイトで紹介しているトレーニングは日々繰り返していくと成長できていく基礎力を磨くものです。

簡潔に話せない

今どきは簡潔に話せないと、話の途中で終了させられてしまうこともあります。ただ持ち時間が3〜5分ということが一般的ですから、開始から2分ほどを目安にして伝えたいことの概略は伝える必要があります。

伝えた結果、相手にどうして欲しいのか具体的に伝えなくてはなりません。また話が長い人だと思われてしまうと、その後の関係性にも悪影響があります。

簡潔に言うと

「簡潔に言うと」は、言い換えれば「わかりやすく言うと」「要するに」「一言で言えば」などと言う意味があります。この表現は英語にもあります。また相手が上司や取引先であったりする場合には、敬語を入れて言わなくてはなりません。

簡潔に説明する

会議の場やミーティング、営業なら顧客の前で、簡潔に説明する場面があります。与えられた時間が短い場合など、相手からは、「簡単でいいよ」などと言われた意味通りに受け取った説明をすると失敗してしまいます。

簡単でいいと言った相手が簡単すぎると不満を口にしたり、逆に5分程度の持ち時間しか恥分されなかったのに、終わってみたら質疑が多く30分もかかると言う場合もあるのです。前向きな質疑で30分もコミュニケーションが取れれば、後日成果が生まれる可能性は大です。

関連記事一覧

要約

要約とは|意味と類語と必要性|社会人は要約して話している

要約力とは社会人が仕事で使う基本ビジネススキル

本の要約を読むのか書くのか|書くときは注意が必要

要約にはコツがある

簡潔にすることは具体的にはどうすればいい*当記事

要点の意味がわかれば要約もできるようになる

話が長い人は自分の話の長さに気づいていません

簡潔にまとめるとは|具体的に何をどうすればいいのか

簡潔に話すことが伝わる話し方のコツ

簡潔に話すためのトレーニングを紹介

簡潔に話せない人は話が長いし伝わらない

「簡潔に言うと」の言い換え・英語・敬語の使い方

簡潔に説明する意味と具体的な方法

簡潔に

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次