簡潔にまとめるとは何をどうすればいいのか

簡潔にまとめる

「簡潔にまとめる」という言葉は、社会人になると頻繁に耳にするでしょう。

「何かについて話す場面」「何かについて文章を書く場面」でよく使われます。

簡潔にまとめるをどう理解し、どのように対策しているでしょう。

当記事では、「簡潔にまとめる」の意味と具体的に何をどうすればいいのか、について深掘りし解説します。

目次

簡潔にまとめるとは何をどうすればいいのか

簡潔まとめる,1

簡潔にまとめる、とはご自分でよく使う言葉でしょうか。それとも言われている側でしょうか。

決まり文句のように、何かの折に「簡潔にまとめて」という上司が発する言葉が、実は最も簡潔ではないなんていう笑えない冗談のようなケースさえあります。

この上司は言葉の意味ではなく。音の響きで好きで使っているとしか思えないです。

簡潔にまとめるの意味は?英語では

改めて「簡潔にまとめる」の意味を調べると次のようになります。

・「簡潔」とは、表現がシンプルで、要点をついていることです。無駄がないことでもあります。

・「まとめる」とは、バラバラの状態を集めてひとかたまりにすること

つまり「簡潔にまとめる」とは、シンプルに無駄なく要点をついて整えられていること、と理解することができます。

また英語に言い換えるなら次のように複数の言い方が可能です。場面のニュアンスで、使い方が変わります。

1)summarize 「要約する」「簡単にいう」の意味。会議の後に要約したものとしてサマリーを配布することで知られています。要約をするイメージです。(to summarize、in summary)
2)in short「整理する」「まとめる」少ないことで簡単にまとめるイメージです。
3)basically「整理する」「まとめる」長く続いた話をまとめるイメージです。

簡潔にまとめる方法

簡潔にまとめるということが具体的に何をすればいいのか、その方法について解説します。

簡潔にまとめる場面は、会社員の場合なら最も多いのが、「何かを話す場面」「何か文章に書く場面」です。

簡潔にまとめる方法には、主だったもので5つあります。基本的には文章力と要約力を駆使して、まとめます。大前提として、「相手がわかるように理解しやすく伝える」がポイントになるのです。

1)相手にとって分かりやすいという事は、相手が関心を持っている視点で作る必要があります。
2)文章の構成を、結論から先に話す「結論・理由・根拠(具体例)」に、整える。
3)一文の文字数は短くする
4)ケースによっては、まとめた文章の形ではなく、箇条書きの表現も検討する
5)社内文書の場合なら敬語を削る検討もする

簡潔にまとめるには相手が関心を持つ視点を含める

人は自分が関心を持つ物事に対しての理解が早いです。伝えたいことの中に、相手が関心を持つ視点があるかどうかを検討し、その視点を軸にして簡潔にまとめるのです。

簡潔にまとめるレポートでは結論を先に

レポートとしてまとめる場合なら、文章構成は先に結論を書き、理由・具体例(根拠)と展開していく方法がPREP法がおすすめです。レポート以外でも、誰かに話す場面でも効果的です。相手は「何の話だろう」と思っているところへ、「○○○について△△△の提案(報告)があります」と、結論から話すのです。相手は「今全部聞くべきか」「あとで別に時間を作るか」などの最適な判断ができます。

最も良くないのは本の1ページ目から読んでいくように、時系列や起承転結の流れのレポートの書き方や話し方です。相手にしてみれば、いつ終わるのか、どこへ向かうのかがわからないからです。

簡潔にまとめるには何文字がいいか|一文で50文字が目安

書く文章で、簡潔にまとめる場合に注意することは、一文の長さです。60文字が目安とされていた時代もありますが、現代は30〜50文字が最適と言われます。一文が短いほうが理解し易いのです。

主語と述語の関係も見失うことがなくなります。接続詞で長くつながっている文章は、読み手にとってストレスでしかありません。

簡潔にまとめる文章なら箇条書きも検討する

文章内容によっては、並列で箇条書きにしたほうがわかり易い場合もあります。また時系列表現を応用する場合も箇条書きは有効です。

ポイントが並列に並べることが可能であったり、順番を示すことができる場合には、箇条書きは簡潔にまとめる有効な書き方です。

社内文書の場合なら簡潔にまとめるには敬語も削る検討

簡潔にまとめるときにネックになるのが、文末の表現や敬語の扱いです。一般的には書類の文末は敬語の丁寧語書かれていることが多いはずです。簡潔にまとめるには、ここにも着手します。

社内文書の場合なら「デスマス調」から常体「だ・である」に変更してください。社外への文章の場合、特別場合でない限り、「デスマス調」はキープです。

簡潔に説明するには5W1Hにまとめる

話す場面のまとめる方法でわかりやすいのは、基本的には5W1Hでまとめることです。

5W1Hで話すと、話し手にとってまとめやすいですし、受け手にもまさにわかりやすく簡潔な文章のまとめになります。

ただ相手が忙しくて、5W1Hの時間もない可能性があるという場合なら、2W1Hで話してみてください。WhatーWhyーHowで話すことです。そして基本はそれ以外の削れる部分を削り取ってしまうことです。

まとめ

簡潔にまとめるとは、削れる部分を削ることです。

どこまで削るかは、話す場面なのか、文章で伝える場面なのかによっても違います。

また簡潔にまとめるという場面の多くは、時間が取れない場合です。「伝えること」に意識を置きすぎると、相手が関心あるポイントが蔑ろにされてしまい、共感が得られない説明になってしまいます。

そのやり方では、形は簡潔にまとめることができたとしても、相手に伝わり易い文章ではなくなる可能性があります。プレゼンは失敗してしまいます。

関連記事一覧

要約

簡潔にすることは具体的にはどうすればいい

簡潔にまとめるとは何をどうすればいいのか*当記事

簡潔に話すことが伝わる話し方のコツ

簡潔に話すためのトレーニングを紹介

簡潔に話せない人は話が長いし伝わらない

「簡潔に言うと」の言い換え・英語・敬語の使い方

簡潔に説明する意味と具体的な方法

簡潔にまとめる

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次