行動経済学の本をおすすめ|行動と心理から利益が生まれる

行動経済学、本

行動経済学とは、心理学と経済学を合わせた学問で、主に利益が目前にあるときの人間の行動を研究する学問です。行動経済学の治験は、マーケティングや投資といった分野に生かされています。行動経済学を学ぶことで、人間の行動の意思決定ついてに知ることができます。

行動経済学は、人間の無意識の行動や選択を知ることで、より効果的に無駄なくビジネスを行うことを目指しています。例えば、商品の価格設定広告の効果を高めるために、行動経済学の知見を活用することができます。あるのです。

行動経済学を学べば、顧客の行動と心理の関係が理解でき、お店の売上を更に増加させ利益をあげられる可能性があります。

目次

行動経済学の本をおすすめ|行動と心理から利益が生まれる

主流派経済学では、「人間は自己利益を合理的に計算して追求するもの」と定義づけられています。

しかし、実際の私たちの行動の中には、合理性では説明できない矛盾がいくつもあることがわかっています。それが行動経済学によって示されています。

よく知られている理論には、プロスペクト理論・サンクコスト効果・アンカリング効果などがあり、人間の意思決定に影響をしてます。

プロスペクト理論

人間の損得に対する評価についての理論。損失回避を優先する傾向がある。

サンクコスト効果

すでに費やしてしまった回収できないコストを惜しむために、継続すれば損失拡大になるのにやめられない心理効果。

アンカリング効果

最初に聞いた数字や条件が基準となって、その後の判断をしてしまいそうになる効果。

人は、机上で客観的に判断する場面では、利益を守るにはどちらの方が合理的であると選択できるのに、現実に自分の状況として発生した場合には、上記の効果・理論のように、非合理的な選択をしてしまう傾向があります。

そして、世の中の販売活動やキャンペーンでは、行動経済学の理論が各所で活用されているのです。あなたが選んだお店もこの理論を応用しているかどうかは分かりません。

しかし、私たちは、自分の意思で商品を選び、自分の意志で購入や申込をしたと思っていますが、コントロールされている可能性があるのです。逆に知らずに失敗や苦労をしているお店や販売担当・営業担当もいます。

あなたはジャムを買うときに、6種類のジャムを置いてる店と24種類も置いている店、どちらで買いますか。行動経済学の知見を応用すれば、多すぎる選択肢は顧客の判断を遅らせることに気づきます。このケースでは実際に6種類の選択ができるお店のほうが売上は多いのです。

行動経済学の本おすすめ|ランキングから紹介

行動経済学は、人々が経済的な意思決定をする際に、どのような心理的・社会的要因が影響を与えるかを研究する学問です。初心者から上級者まで、幅広い層に向けた行動経済学の本を紹介します。

予想どおりに不合理

行動経済学者のダン・アイエリーが、人々がなぜ不合理な選択をするのかを解明するために書いた本です。この本では、人々がなぜ自分自身の利益に反する選択をしてしまうのか、なぜ人々は安いものよりも、高いものを選んでしまうのか、なぜ人々は自分自身の幸福を妨げるような選択をしてしまうのか、という疑問について答えています。疑問について答えています。

行動経済学の使い方

本書は行動経済学を良い意思決定と行動を引き出す知恵と工夫である「ナッジ」の使い方を解説しています。高校生から読める平易な解説書です。内容は多岐にわたっており、済学から派生しています。本書では行動経済学の使い方について学ぶには最適の本と言えます。

池上彰の行動経済学入門

池上彰氏の「行動経済学入門」、行動経済学の基本的な考え方や、実際のビジネスや政策にどのように応用されているかを紹介しています。本書を読むことで、行動経済学についての理解が深まります。また、自分自身の行動についてもカンガが得るきっかけになるかもしれません。

ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンが書いた行動経済学のベストセラーです。人間のファスト(直感)とスロー(論理)の働きについて、多くの実験結果に基づいて解説しています。人間の意思決定には、直感的な思考と論理的な思考があり、それぞれ長所と短所があるとしています。より良い意思決定をするには、両方の思考を理解することが必要としています。

人を動かすマーケティングの新戦略「行動デザイン」の教科書

「人動かす」ことがマーケティングの木であり、行動デザインの目的です。右肩下がりの日本市場では、今までのマーケティング戦略が通用しなくなったと言われています。良い商品を作れば売れる、広告スレぶれるという考え方はもはや通用しないのです。これまでのマーケティングでは物から発想しがちでした。これからは顧客の行動に注目したマーケティングが必要になります。

行動経済学の本でランキング上位にいつもある

著者のリチャード・セイラー氏には、行動経済学に関する著書が多いです。本書の他にも、「行動経済学の教科書」「行動経済学の力」などが知られています。本書では、行動経済学の理論を紹介しながら、人々がなぜ不合理な行動を取るのか、その行動がどのように経済に影響を与えるのかが解説されています。

行動経済学の書籍で面白いのは

ノーベル経済学賞のリチャード・セイラー氏の著作。なかなかのボリュームがある分厚い本です。行動経済学についての自分史に関連して書き上げた読み物です。自伝のようでもあります。

手に取ると本の厚さに、やや抵抗を感じる人もいるかもしれません。(文庫では上下巻に別れてます)しかし、実際に読み始めると、すんなりと読めてしまうでしょう。

行動経済学の新書でよく知られているのは

新書サイズは電車の中でも読みやすいですね。ただし、内容は少し難しめです。読みやすさで言えば、本のタイトルが非常によく似ているこちらの本の方がおすすめです。

セブンイレブン創業者の鈴木敏夫さんが幹部社員に勧めた本として有名です。筆者もこの書からヒントを得て、自分のビジネスに応用した記憶があります。2008年の著書ですが、今も人間の行動の選択は、同じことを繰り返しています。多分、これからも。

行動経済学の名著といえば

名著の紹介はかなり迷いますが、ノーベル経済学賞のリチャード・セイラー氏のベストセラーは外せないと思います。

ただし残念なことが一つ。翻訳がおかしい箇所が数箇所あり、飛ばして読むしかないことが残念です。

行動経済学がマーケティングに利用しやすいことを学ぶ本

現在はリアル店舗のマーケティング以上にWebマーケティングが重要な時代です。すでにこの著書からヒントを得て、Webマーケティングに利用している人も多いと思います。人は、さまざまな背景によって選択の基準が変わります。多くのWebマーケが、いかにして選択をスムーズにできるように、行動させられるかに、利用している可能性が高いです。

まとめ

人によっては、行動経済学という言葉に馴染みがない方もいるかもしれません。

しかし、前述したようにノーベル経済学賞の受賞に見られるように、社会に非常に関係性が強く身近な経済学の一つです。「学」という言葉がつくと、抵抗感を感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、現実には毎日の生活に関係しています。お店に買い物に行ったら、少しずつ違う商品が、3つの価格帯で販売されていたときに、私たちは、どれを選ぶのかをコントロールされているのです。

行動経済学は、知ると面白く、でも少し怖くもあります。主流派経済学という数学ベースの学問に、実際には人間心理が強く関係していることを解明したものです。

冒頭の「ジャムのお店を選ぶ」問いの答えは、6種類のジャムを置いている店の売上の方が多いです。しかもその差は6倍です。人は、選択できないと買わないのに、選択が多すぎると、色々と理由をつけて「買わない」という選択をしてしまいます。結果、ちょうどよく選択させてくれる店から購入する人が多いのですね。

関連記事一覧

読むべき本

心理学の本のまとめ

初心者のための心理学の本:スタートアップガイド

心理学の本で視野が広がり幸せになれる!ジャンル別のおすすめ

行動心理学の本|行動を見れば相手の心理がわかる

心理テスト本で自己理解!大人から子供まで楽しめる

行動経済学の本をおすすめ|行動と心理から利益が生まれる*当記事

高校生のための心理学入門:おすすめの心理学本ガイド

目次