大学生のうちに読むべき本|読まずに社会人になると後悔

大学生 読むべき本

念願だった大学に入学し、勉強するマインドは低下し、本を読まなくなる人は多いです。

バイトにサークル活動や友人との関係性など、時間があればやりたいことはあるのかもしれません。やりたいことや、やるべきことのリストがあると仮定するなら、10位以内に「本を読むこと」はランキングしているでしょうか。

次にお伝えすることは、受験のために読書をしていた人や、読書といえば勉強のイメージしかないに人は、ショックを受けることかもしれません。社会人として有能な存在だと評価される要素は、学歴ではなく、読書量と言語力にあります。

読書量と言いましても、単純な分量(冊数)ではなく、内容を理解し読み込んでいる量です。そして言語力は社会人としての国語力という理解で良いでしょう。言葉を使って思考し、思考したことを相手(上司や取引先)に伝える能力です。その思考のためや伝えるために、読解力・語彙力・文章力・要約力が必要になるのです。

目次

大学生のうちに読むべき本|読まずに社会人になると後悔

社会人として働く上で、成果を出せるか、評価されるかと考えるときに、重要なことは前述した通り「読書量と言語力」です。

読書量とは、繰り返しになりますが、単純な冊数ではなく、内容を読み込んでいる量です。

それは知識情報が多いということと、経験値(疑似体験や追体験の量)の量に関係します。人が各自持っている時間には限りがあります。

人の成長には、追体験や擬似体験による経験値が必須です。自分の経験からしか学べないのであれば、限りある人生の中で大きな成長はできません。

会社によっては、新人研修等を準備している会社もありますが、研修の内容は、2〜3日で忘れてしまいます。そもそも研修は、社員のためというよりも、会社が助成金を受け取るための必要条件として実施している会社が多いのです。

有能な人材として成長する人は、読書量を増やして経験値を高め、言語力のトレーニングをしている人です。そのためには、本を読むことが最もコスパが良い方法です。深く読むことと、実務で活用することが必要です。

会社に入ったら、仕事を教えてもらうというのは、体面上の表現であり、現実は自分で学んで成長するマインドを持っている人だけが成長します。学歴ではなく、読書量がポイントです。

社会人になって数ヶ月後、言葉を知らないこと、本を読んでこなかったことを痛感し後悔している人がたくさんいます。大学生のうちに、準備(読書)をしていると、社会人になった時にとても楽になります。

大学生のうちに読んでおくべき本を7冊に絞り込んで紹介します。

ファクトフルネス

副題から推測する通り、人は思い込みで物事を判断していることがとても多いです。イントロダクションに紹介されている世界のさまざまな状況についての13の質問に、果たして何問答えられるか。結果は平均で2問しか正解しない。なんとチンパンジーは33%だと紹介されています。

知識不足の状態では考えるほどに間違えるという話から始まる本書は、とても興味深いはずです。正しいと思い込んでいることが間違いで、一見不可能と思えることが実は可能なのだということに、気づくきっかけになるはずです。またタイトルからイメージする内容とは違い、とても平易な言葉で書かれていることも、ひきつけられるポイントです。知っていると思い込んでいることで、事実と違うことがいかに多いかです。

5W1H思考

5W1Hを学校で教わるのは、一般的に中学1年生です。本のタイトルは5W1Hで思考しようということです。「今更」と思うかもしれません。しかし実際のビジネスの場面では、この最もシンプルなフレームワークが一番役に立つことに気がつくはずです。最も共有しやすく、わかりやすいのです。

社会人になれば、上司と部下の間で「何が言いたいのかわからない」と叱咤激励や議論されている場面に遭遇するはずです。しかし5W1Hを持ち込んで、余分な知識情報を取り外していくと、問題や課題がすんなり見えてくることに気づきます。

7つの習慣

「7つの習慣」を始めとして幾つかの書籍は、誰に取っても読むべき本です。大学生のうちに読んで感じたことを数年後にどう感じるか、数年後にまた読んでみると良いです。視点が変わり、自分自身の成長を感じるかもしれません。

本の中には、時代(知識情報)を反映させた内容のものもたくさんあります。一方で、自己啓発本のように、何10年経っても通用してしまう内容のものもあります。つまり私達を取り巻くさまざまな環境は進化しますが、私達人間は数10年程度のスパンでは変わらないのだと気づきます。

人を動かす

「人を動かす」は、7つの習慣よりもさらに古くに書かれた書籍です。しかし書店に行けばお店によっては自己啓発本の平積みに置かれています。通常、平積みは「売れ筋」の本を置くものです。

人間関係や人の心について書かれています。今も昔も人は、褒められると嬉しいと感じるものです。そして、どんな犯罪者でも、自分が悪いとは思っていないのです。人間の自己肯定感に気付かされることになります。

20代にしておきたい17のこと

著者は本田健氏。若い頃からお金やビジネスや働き方についての本をたくさん書いている方です。優しい感じの口調で、20代の読者に向けて未来へのメッセージを書いています。

20代を応援するメッセージをまとめた本です。20代はいくらでも失敗を取り返せる年代であり、後悔をしないように、やりたいことをやるべきとエールを送っています。

明日死ぬかもよ

実は人生においての悩みはどの年代にもあることです。大学生の親なら50歳前後だと思いますが、当然悩んでいます。仏陀によれば人間は死ぬまで悩み続けるものだそうです。

「人生最後の日」に関連する本や文章やメッセージは、世の中にたくさんあります。「もう死んでしまいたい」と思う1日が、別の誰かにとっては「なんとかあと1日生きていたい」と泣きながら願う1日と同じ1日であったり、今日を人生最後の日として生きようと覚悟を決めたりなど、気負ったり、重い感じの文章が多いです。しかし本書は軽やかに具体的に考えさせてくれます。

嫌われる勇気

最後に紹介するのは、アドラーの教えについて書かれている「嫌われる勇気」です。ビジネス本として異例の超大ヒットとなりました。数十年後には「人を動かす」や「7つの習慣」のように紹介される名著になっているかもしれません。

本書は2013年に心理学者とライターさんの共著として出版されました。本の中に登場するのは、哲学者と若者の二人だけです。人間関係や人生に悩む人に向けての著書とされていますが、人によって強い反発を感じる方もいると聞きます。

一つの考え方に基づいて書かれていると理解して読むことをお勧めします。

まとめ

紹介した本は7冊ですが、本来はもっとたくさんの本を読むべきだと思います。手当たり次第に読んで、今の自分には難しいと感じたら、一旦中止して別の機会に読めば良いです。

別の本の読書に取り掛かりましょう。難しい本に何週間もかけて読んでいても、記憶はどんどん薄らいでいきます。翌日には7割忘れるからです。ただし、読むたびに復習しながら読んでいくなら、読書としては最大の効果を生み出す可能性もあります。

たくさん読書をするというのは、本の数が重要なのではなく、頻度が大事です。できるだけ毎日読むことです。良書に巡り合ったら、字面を追いかけてスラスラと読むのではなく、深く思考しながら読み込んでいくことです。

当記事のタイトルは「大学生のうちに読むべき本」ですが、社会人になっても、周りに影響されずに読書を続けることをお勧めします。

関連記事一覧

読むべき本

読むべき本|社会人は年代で読む本が違う

ビジネス書おすすめ|リーダーとなる30代・50代管理職へ

30代社会人の読むべき本の選び方とおすすめ

20代に読むべき本|本を読まない社会人は社内弱者になる

50代で読むべき本5選

大学生のうちに読むべき本|読まずに社会人になると後悔*当記事

人生を変えたい20代30代社会人にすすめる本|たかが本ですが助けになる

大学生 読むべき本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次