読解力を鍛える本|読書しない人は読解力が低いからミスをする

読解力,鍛える,本

読解力の低下が話題になるたびに、問われるのは小学生中学生の読解力低下です。しかし学校読書調査の結果を見れば、問題なのは、小学生中学生ではないことがわかります。

小学生と中学生の読書料は増え、本を読まない小学生中学生の数は減少しているからです。

読解力を鍛えるべきなのは、高校生や大学生、そして社会人です。

当記事が読解力を鍛える本を紹介したいのは、主に社会人と大学生です。

目次

読解力を鍛える本|読書しない人は読解力が低いからミスをする

本を読まない人の割合は不読率で表されます。

学校読書調査によれば、過去10年ほどの間、小学生の不読率は約5%、中学生が10〜15%、高校生が42〜55%となっています。また大人の不読率は、文化庁の「国語に関する世論調査」の4.読書についてで確認することができます。16歳以上の男女の不読率は47%です。

16歳以上の大多数は社会人で構成されています。つまり社会人の約半分が本を読まない人であるということです。読解力を鍛えるべきなのは、子供よりも大人ということです。ニュースバリューがないと考えられているのか、取り上げられるのは、常に子供です。

読解力と読書量の関係|読書しない人は読解力が低いからミスをする

ベネッセ教育研究開発センターの読解力向上と読書との関係」によれば、読書量が多ければ読解力が高いとは言い切れないことがわかっています。この研究結果では、本を月に1〜3冊読む人の読解力は、読書量が増えても大きな違いは見当たらないのです。

データ上、読解力が最も高いのは月に4〜5冊読む人であり、それ以上は下がる可能性もあると考えられます。ただし読書をしない(月に0冊)人の読解力が著しく低いことも確認されています。

ですので読解力から考えた場合、毎月1〜4冊の読書を続けていると、読解力は良い状態がキープされると考えられ、0冊になると読解力が非常に低くなる可能性があるということです。つまり読解力をつけたいと考えるなら、適量の読書が必須ということです。

残念ながら、以上のデータから実社会の大人の約半分は、読解力がない状況で仕事をしていることになります。読解力がない状態では、コミュニケーションが原因となるミスやトラブルやクレームが発生してもおかしくない状況です。

読解力を鍛える本を紹介

社会人として読解力がなければ、仕事の指示を受けても間違えた仕事をしてしまいます。しかし月に1冊の本を読み始めて、急に読解力が身につくはずもありません。少なくとも1年程度、毎月1冊以上の読書を続けることです。そうすれば、平均1冊以上となり、一般的な読解力がついてるはずです。

「鍛える」には、できるだけ毎日の行動にすることです。週に一度数時間の読書をするよりも、毎日20〜30分続けることが、鍛える=トレーニングになります。

読解力を鍛える本|大人の読解力を鍛える

まさにタイトル通りの本です。著者の齋藤孝氏は、テレビへの露出が多い教育学者であり、著書もたくさんあります。読解力についての解説に始まり、小説や新聞などを読んで読解力を高めるトレーニング方法について、各場面に合わせて、細かく解説されています。新書サイズで持ち歩きやすいので、外出先のスキマの時間に取り出して、1項目ずつ読んでいくのにも最適です。

読解力を鍛える|読解力の強化書

読解力と言えば、文章を読んで理解する能力と答えるのがこれまでの一般的な答えでした。しかし現在では相手が何を言いたいのかを理解する能力ともいわれます。佐藤優氏の本は、まさに文字になっていない行間から、相手のことを読み取ることを読解力だと定義しています。

さらに「読解力」が低い人は、仕事でもプライベートでも損な人生になると、指摘しています。読解力があれば、人間関係もうまくいき、最小限の力で成果を上げることができるとしています。

読解力を鍛えるに相応しい思考についての本として紹介します。

読解力を鍛えるには理由がある

読解力を鍛える本として、比較的新しい本を2冊紹介しました。読解力に関連する物事は時代と共に変化しています。また読解力も、文章を理解することから相手を理解することへの時代は変化しています。メールやSNSなどコミュニケーション方法も大きく変化しています。

今や、大人も読解力を鍛えねばなりません。紹介した2冊の本を読んでくださると、今更なぜ読解力を鍛える必要があるのかもお分かりになるでしょう。

当記事では、その一部について解説をいたします。

読解力を鍛えれば会話の行き違いやミス・トラブルがなくなる

今や仕事のコミュニケーションは、ほとんどメールです。中にはSNSを仕事で利用する会社もあるようです。しかし利用の仕方自体は、メールの使い方で運用しています。

テキストになって言葉・文章によって、仕事のやり取りをしています。テキストでは、顔の表情や目の動きや声色などが表現されません。良くも悪くも、文字に明快に表現されます。顔の表情や心の動きを相手に伝えておきたいなら、表現する必要があります。

読み手側も同様です。前述の佐藤優氏の本に書かれているように、行間から相手の気持ちを読み取ることをしなければ、会話の行き違いが発生する可能性があります。相手との関係性によっては、そのトラブルは、契約関係のキャンセルにつながるかもしれません。

SNSに慣れてしまった学生が、そのまま短文でのコミュニケーションを仕事に持ち込めば、大変なことに発展する可能性があります。悪い意味にとらえない人は、ごく少数の人しかいません。社会を構成している年代で考えるとわかりますが、SNSの短文メッセージが通用するのは、ごく一部の世代だけだからです。

読解力を鍛えると間違った情報に惑わされなくなる

また読解力が低いばかりに間違った情報に右往左往させられている人もいます。今はさまざまなことを調べる情報源としてネットを使うことが一般的です。

しかしネット上の情報は、古い情報と新しい情報が、同居しています。さらに情報源が定かではないものも、たくさんあります。読解力が高くなると、クリティカルに読む力もついてきます。

今は誰もが、どこにいても、ほぼどんな情報でも、手に入れることができます。役立つ情報として読み込むには、疑いを持って読み込むことも必要になります。

まとめ

読解力を鍛える本を2冊紹介しています。共に比較的新しい本であり、現在に関連して書かれている本です。

誰もがメールやSNSでコミュニケーションをする時代です。言葉や文章の読み取り方が、インターネットとスマホによって、大きく変わったのです。

相手を理解するには、文字を読むことに精通していく必要があります。つまり読解力を鍛える必要があるのです。間違えると個人レベルでも大きなミスや損失を受けることがあるからです。

またベネッセ研究所の資料にもありますが、読解力と読書をすることの関係性は明白です。本や文章を読まないと読解力が著しく低下してしまいます。

関連記事一覧

読解力

読解力を鍛えるには読んで想像し考えること

読解力を鍛えるとどうなるか|メリットは仕事の成果と人間関係に

読解力を鍛えるアプリ|そのまま社会人になると落ちこぼれる可能性

読解力を鍛える方法

読解力を鍛えるのが必要なのは大人

読解力を鍛える本|読書しない人は読解力が低いからミスをする*当記事

読解力をつける方法は6つのステップで理解度アップ

読解力をつけるには同じ本を3回精読から|本を読まない人の場合

読解力を身につける本なら小説を読むべき

読解力のトレーニング|語彙力・要約力も同時にアップする方法

読解力は本を読むだけで鍛えることはできない|仕事に必要な能力

読解力をさらに上げる方法はクリティカルに「なぜ」と考える

読解力,鍛える,本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次