要約のコツとポイント

要約 コツ

要約が、実は意外に応用する場面が多いことに気づいているでしょうか。

学校や社会人には、本や文書などを「わかりやすくまとめてください」という要約をする場面があります。

むしろ社会人になってからは、社内の報告書や稟議書、社外との取引に関係するコミュニケーション、また書面に限らず、プレゼンの場面、上司への口頭報告など、日々「要約」から離れることがありません。

気持ちや意見を、要約することを意識せずに、感情のままに口にできる(相手への忖度は別として)のは、学生までの間です。

社会人になって、社内のコミュニケーションが上手くいかない・うまく話せない・言いたいことが言葉にしにくい・説明が下手・発表の場が辛いなどというのは、原因は要点をまとめて伝えることが苦手であったり、要約が身についていないからです。

当記事では、要約について、解説いたします。

目次

要約のコツとポイント

要約 コツ (1)

要約について、考えやすいのは、本や文章の要約です。当記事では、本や文章の要約のコツについて解説します。

社会人になると、説明や報告・発表・商談や交渉など、口頭で要約を使う場面が増えます。しかし、基本は本や文章の要約のコツを身につけておけば応用できます。

本や文章の要約と、社会人が相手に伝える際に使う要約のコツの大きな違いは、要約する基となる文章が実際に存在するか、しないかの違いです。話す場面での要約については、次の記事をご覧ください。

要約のコツとポイント

要約のコツについて、一般的なポイントを以下にまとめます。

1)要約の目的を明確にする: 要約する前に、なぜその文章を要約する必要があるのか、どのような情報を伝えたいのかを明確にしましょう。要約の目的を明確にすることで、要点を的確に抽出することができます。

2)主題や中心テーマを把握する: 要約の対象となる文章の主題や中心テーマを把握しましょう。これによって、重要な情報や要点を見つける際に焦点を絞ることができます。

3)主要な要点を抽出する: 著者の意図に沿って、文章から主要な要点や重要な情報を抽出しましょう。これには、論証やサポートする証拠、結論などを含めることが重要です。

4)冗長な表現や細部を省く: 要約では、冗長な表現や細かな詳細を省くことが必要です。短く簡潔な言葉で要点をまとめることで、読者にとって理解しやすくなります。

5)原文の意図を保持する: 要約では、著者の意図や主張をなるべく正確に伝えることが重要です。自分の解釈や意見を入れるのではなく、原文の内容を正確に伝えるようにしましょう。

6)文章の流れや論理を保つ: 要約の中で、文章の流れや論理的なつながりを保つことも重要です。要約が一連の論点や主張の連続として読みやすくなるように心掛けましょう。

7)要約の長さを考慮する: 要約の長さは、要約の目的や対象に応じて適切に決める必要があります。短い要約では、より重要な要点に絞る必要がありますが、長い要約ではより詳細な情報を含めることができます。

要約は、重要な情報を効率的に伝えるためのスキルです。練習を重ねながら、要約のコツやポイントをマスターしていくことで、効果的な要約を作成できるようになります。

要約のコツ|目的を明確にする

要約を作成する際、まず最初に目的を明確にすることが重要です。以下に、要約の目的を明確にするためのポイントをいくつか挙げます。

1)読者への伝達: 要約の目的は、読者に対して情報を簡潔に伝えることです。要約を通じて、主要なポイントや重要な情報を効果的に伝えることを意識しましょう。

2)情報の集約: 長い文章やテキストを要約することで、情報を集約し、核心部分を把握することができます。要約は、複雑な情報をシンプルにまとめる手段として利用されます。

3)評価や分析の補完: 要約は、論文や研究論文などの学術的な文書を読みやすくするためにも利用されます。要約を通じて、他の人に対して評価や分析の要点を伝えることができます。

4)要約の要件や指示に従う: 要約の目的は、場合によっては特定の要件や指示に従うこともあります。例えば、特定のワード数制限や特定の観点に焦点を当てるよう求められる場合があります。

5)時間の節約: 長大な文書を要約することで、読者の時間を節約することも要約の目的の一つです。要約を通じて、読者にとって重要な情報を迅速かつ効率的に提供することが求められます。

要約の目的を明確にすることで、要点を絞り込み、伝えたい情報を的確に伝えることができます。その結果、読者の理解を促進し、情報の効果的な共有を図ることができるでしょう。

要約のコツ|主題や中心テーマを把握する

要約を作成するためには、対象となる文章の主題や中心テーマを把握することが重要です。以下に主題や中心テーマを把握するための手順をご紹介します。

1)原文全体を読む: 要約する前に、原文全体を一読しましょう。文章の流れや論理の進行を把握するために、全体像を理解することが重要です。

2)見出しや段落の要約: 見出しや各段落の先頭行を読むことで、主題や中心テーマを把握する手助けになります。これらの箇所は、著者が重要なポイントを示す場所となることが多いです。

3)キーワードや重要語句の特定: 原文中のキーワードや重要な語句を特定しましょう。これらは、著者が中心に置いているテーマやアイデアを示唆しています。

4)著者の意図や目的の把握: 原文を読み進めるうちに、著者の意図や目的が明確になることがあります。論点や主張を特定し、文章全体の中心テーマを理解することが重要です。

5)要約の焦点を絞る: 主題や中心テーマを把握したら、要約の焦点を絞ることができます。要約では、そのテーマに関連する主要なポイントやサポートする情報を抽出しましょう。

要約のコツ|主要な要点を抽出する

主要な要点を抽出するためには、以下の手順を参考にすることが役立ちます。

1)複数回の読み直し: 原文を複数回読み直しましょう。最初の読みでは全体の内容を把握し、2回目以降は細部に注目して重要な要点を見つけます。

2)段落や見出しの確認: 各段落や見出しを見て、要約の対象となる文書の構造を理解しましょう。段落や見出しは、著者が主要なテーマや情報を提示している場所となることが多いです。

3)強調されたキーワードやフレーズの特定: 強調されたキーワードやフレーズは、著者が重要視している情報を示す場合があります。これらの要素を特定し、要約に含めることが重要です。

4)論証や証拠を抽出する: 著者が主張をサポートするために提示している論証や証拠を抽出しましょう。これには具体的な事例やデータ、引用などが含まれます。

5)結論や要約文の確認: 原文の結論やまとめの部分を確認し、重要なポイントを把握します。著者が最終的に強調したい情報や結論を要約に反映させることが重要です。

6)文章のフローを考慮する: 要約の中で、著者が提示した情報や論点のフローを保つことが重要です。要点を抽出する際には、文章のつながりや論理的な組み立てに注意を払いましょう。

要約のコツ|冗長な表現や細部を省く

要約を作成する際に冗長な表現や細部を省くことは重要です。以下に、冗長な表現や細部を省くためのポイントをいくつか挙げます。

1)要点に集中する: 要約の目的は主要な情報を伝えることですので、本質的な要点に集中しましょう。長い説明や余分な詳細を省いて、重要なポイントを明確に伝えることが求められます。

2)冗長な修飾語を省く: 原文中の冗長な修飾語や形容詞を削ることで、要約を簡潔にまとめることができます。具体的な説明や例が必要な場合は残しますが、不要な詳細を削減しましょう。

3)同じ情報の繰り返しを省く: 原文中で同じ情報が繰り返される場合、要約では一度だけ述べることが一般的です。情報が明確に伝わるようにするために、冗長な繰り返しを避けましょう。

4)概要に絞る: 細部の説明や例に時間を割くのではなく、概要に絞って要約しましょう。細かな詳細や具体的なデータは省略して、全体的な内容や主要なポイントを示すことに重点を置きます。

5)複雑な表現を簡潔にする: 原文中に複雑な表現が含まれる場合は、それを簡潔な表現に置き換えることが求められます。わかりやすく伝えるために、冗長な言い回しや専門用語を避けるようにしましょう。

要約のコツ|原文の意図を保持する

要約を作成する際には、原文の意図を保持することが重要です。以下に、原文の意図を保持するためのポイントをいくつか挙げます。

1)著者の主張や立場を把握する: 原文を読み解きながら、著者が伝えたい主張や立場を理解しましょう。論点や論証を把握することで、要約の中でそれを反映することができます。

2)核心となる情報を抽出する: 原文から主要な情報や要点を抽出しましょう。著者が重要と考えた情報を見逃さずに取り入れることが、原文の意図を保持するために重要です。

3)著者のスタイルやトーンを反映する: 著者のスタイルやトーンは、原文の意図を反映する要素です。著者が感情的な表現を用いている場合は、それを要約にも反映させることで、原文の意図を保持することができます。

4)文脈を考慮する: 原文の文脈を考慮しながら要約を作成しましょう。周囲の文脈や前後の文脈に触れることで、著者の意図を的確に捉えることができます。

5)原文の言葉やフレーズを活用する: 原文の言葉やフレーズは、著者の意図を反映する重要な要素です。要約の中で、可能な限り原文の言葉やフレーズを活用し、著者の意図を保持しましょう。

要約のコツ|文章の流れや論理を保つ

要約を作成する際には、文章の流れや論理を保つことが重要です。以下に、文章の流れや論理を保つためのポイントをいくつか挙げます。

1)原文の構造を理解する: 原文の段落構造や論理的な組み立てを把握しましょう。著者が情報を提示する順序や関係性を理解することで、要約の中でそれを反映することができます。

2)主要なポイントを絞る: 原文の主要なポイントを抽出し、要約の中でそれに焦点を当てましょう。主要なポイントに沿って要約を構成することで、文章の流れや論理を保つことができます。

3)論点やサポートする情報の関連性を示す: 著者が提示した論点や主張を要約する際には、それに関連するサポートする情報も含めましょう。論点とサポートする情報の関連性を示すことで、論理的なつながりを保つことができます。

4)文章の結合詞や接続詞を活用する: 原文中の結合詞や接続詞は、文や段落のつながりを強調する役割を果たします。要約の中で、同様の結合詞や接続詞を活用し、文章の流れや論理的なつながりを明示しましょう。

5)語彙や文法の適切な使用: 要約では語彙や文法の適切な使用も重要です。正確な表現や適切な語句を選ぶことで、文章の流れや論理を保ちながら要約を行うことができます。

要約では、文章の流れや論理を保つことで読みやすさと理解しやすさを実現します。原文の構造を理解し、主要なポイントや論点、サポートする情報を絞り込むことで、文章の流れを保ちながら要約を作成しましょう。

要約のコツ|長さを考慮する

要約の長さを考慮することは、要約を効果的に伝えるために重要です。以下に、要約の長さを考慮する際のポイントをいくつか挙げます。

1)要約の目的と対象に合わせる: 要約の目的や対象に応じて、適切な長さを設定しましょう。要約が必要な情報のみを含むようにし、冗長な詳細や補足情報を省くことで、要約の長さを調整します。

2)要約の指示に従う: 要約の指示がある場合は、その指示に従って適切な長さを設定しましょう。例えば、特定のワード数制限がある場合は、その制限内で要約を作成します。

3)核心部分に焦点を当てる: 要約の中で、主要な要点や重要な情報に焦点を当てることが重要です。著者の主張や結論、サポートする証拠など、原文の核心部分を的確に伝えるようにしましょう。

4)内容の簡潔化: 要約では冗長な表現や詳細を省くことが求められます。重要な情報を短くまとめるために、不要な詳細を削除し、簡潔な表現を用いることで要約の長さを調整します。

5)原文の比率を考慮する: 原文の長さに対して、要約の長さを適切に調整しましょう。原文が非常に長い場合は、要約もそれに比例して長くなる可能性がありますが、核心部分に焦点を当てつつ、できる限り短くまとめることを心掛けましょう。

要約のコツ・ポイントは原文の種類・立場による

要約のコツ・ポイントは、要約対象となる原文の種類によって異なります。また、高校生なのか大人なのかによっても求められる要約の内容に違いがあります。

本の要約のコツとポイント

本を要約する際の一般的な手順とポイントを以下にまとめます。

1)本の全体を理解する: 要約する前に、本の内容と主題を把握するために全体を読みましょう。章や節の構成や著者の主張を理解することが重要です。

2)各章や節の要点を把握する: 各章や節ごとに、重要な要点やキーワードを把握しましょう。見出しや段落の最初の文を読むことで、その部分の要点を特定することができます。

3)著者の論理の流れを把握する: 本の著者が情報を提示する論理の流れを理解しましょう。著者が主張しようとしているポイントや論証の進行に注目し、それを要約の中で再現します。

4)主要なポイントを絞る: 要約では、本の中で特に重要なポイントを抽出することが求められます。著者の主張やサポートする証拠、結論などを特定し、それを要約に反映させます。

5)冗長な詳細や細部を省く: 要約では冗長な詳細や細部を省くことが重要です。重要な情報やポイントに絞り込み、本の要点を的確に伝えるようにします。

6)著者のスタイルやトーンを反映する: 著者のスタイルやトーンは、本の要約においても反映させることが望まれます。著者が感情的な表現や専門用語を使用している場合は、それを要約にも反映させます。

7)文章の流れや論理を保つ: 要約の中で、本の文章の流れや論理的なつながりを保つことが重要です。要約が一連の論点や主張の連続として読みやすくなるように心掛けましょう。

現代文の要約のコツ

現代文の要約のコツを以下の手順で理解することが役立ちます。

1)テキストの全体を理解する: 要約する前に、テキストの内容と主題を把握するために全体を読みましょう。文章の目的や著者の意図を理解することが重要です。

2)各段落の主要なポイントを抽出する: 各段落ごとに、主要なポイントや重要な情報を抽出しましょう。段落の最初や最後の文、見出しの内容を確認することで、その段落の要点を特定することができます。

3)著者の表現や文体を考慮する: 現代文では、著者の表現や文体が重要な要素となります。著者が使用している文学的な表現や修辞技法に注目し、要約にもそれを反映させることが望まれます。

4)核心となる情報を絞る: 要約の目的は、テキストの核心となる情報を伝えることです。著者の主張や重要なポイント、サポートする証拠などを特定し、それを要約に反映させましょう。

5)短く簡潔にまとめる: 要約では短くまとめることが求められます。冗長な表現や細かな詳細は省略し、重要な情報のみを含めるようにします。適切な文体や表現を使って、要約を簡潔にまとめましょう。

6)文章の流れや論理を保つ: 要約の中で、テキストの文章の流れや論理的なつながりを保つことが重要です。要約が一連の論点や主張の連続として読みやすくなるように心掛けましょう。

新聞の要約のコツ

社会人になると、業務関連や要約の練習として、新聞の要約をする機会があります。以下に新聞の要約のコツについてまとめています。

1)見出しやリード文を把握する: 新聞記事の見出しやリード文は、記事の要点を示しています。まずはこれらを読み、記事の主要な内容や概要を把握しましょう。

2)5W1Hを確認する: 新聞記事では、誰が(Who)、何を(What)、いつ(When)、どこで(Where)、なぜ(Why)、どのように(How)という要素が重要です。これらの情報を確認し、要約に反映させることが求められます。

3)主要な事実や情報を抽出する: 新聞記事では、主要な事実や情報が提供されます。記事の中で重要なポイントや出来事を特定し、それを要約の中で表現しましょう。

4)引用や専門用語の適切な扱い: 新聞記事では、引用や専門用語が使用されることがあります。要約の際には、引用の要点を抽出し、専門用語は必要に応じて簡潔に説明することが重要です。

5)文章を簡潔にまとめる: 新聞記事は短くまとまっていることが多いため、要約も簡潔にまとめる必要があります。冗長な表現や詳細を省き、重要な情報を端的に伝えるようにします。

6)著作権と信頼性に配慮する: 要約の際には、著作権を尊重し、記事の信頼性を損なわないように注意しましょう。自分の解釈や意見を入れず、元の記事の内容を正確に伝えることが重要です。

小論文の要約のコツで注意することは

小論文の要約のコツで、注意することがあります。対象となるのは、特に高校生でしょう。

高校の小論文の要約は採点されるということです。大学生でも採点されますが、レポートの形式を取ることが多く、要約の他に考察が加わることが多いです。評価という基準も変わっていることが多いでしょう。

また社会人になって小論文を要約するというシーンが有る人は少数の人だと思います。ただし、日々の書くこと話すことが要約されて分かりやすく伝えられる人が評価されていきます。

小論文の要約は採点される基準が明確なので、注意しましょう。記述式の問題は採点基準が曖昧な印象があるかもしれませんが、実際には明確です。つまり意見の場合は個人差がありますが、要約には個人差は原則ないということです。きちんとようやくできているか、できていないかということになるのです。

注意することは以下の3つの点です。

  • 課題の文章(小論文)の重要な点を、著者の意図に合わせて理解しているかどうかです。
  • 書かれているテーマについての理解度があるどうかです。
  • 日本語の文章として、きちんとかけているかどうかです。ありがちなのは、一文が長く主語と述語が文章の途中で変化している場合などが発生しやすいです。

要約のコツ|高校生・中学生

高校生にとって、要約の方法を以下の手順で理解することが役立ちます。また中学生においても要約のコツは、高校生と同等と考えて良いです。

1)原文の理解: 要約する前に、まず原文をしっかりと読みましょう。文脈や主題を把握し、文章の内容を理解することが重要です。

2)要点の特定: 要約の目的を明確にし、文章から主要な要点を見つけましょう。これには、重要な情報や主張、サポートする具体的な例などを特定することが含まれます。

3)簡潔な言葉でまとめる: 要点を抽出したら、それを簡潔な言葉でまとめましょう。冗長な表現や細かな詳細は省略し、重要な情報のみを含めるようにします。

4)原文の意図を保持: 要約では、原文の意図を正確に伝えることが重要です。自分の解釈や意見を入れるのではなく、原文の中心メッセージを的確に表現しましょう。

5)文章の流れを保つ: 要約では、文章の流れや論理的なつながりを保つことも重要です。要約が一連の論点や主張の連続として読みやすくなるように心掛けましょう。

要約は短くまとめることを目的としていますが、重要な情報や主題を見逃さずに伝えることが重要です。練習を重ねながら、要約のスキルを向上させていきましょう。また、教師や指導者からのフィードバックを受けることも助けになります。

要約のコツ|大学生の場合の違い

大学生になると、要約のコツにおいていくつかの違いが現れます。以下に、大学生の場合の要約方法の違いを説明します。

1)深い理解と批判的思考: 大学レベルの学問はより高度で複雑です。要約する前に、原文を深く理解し、その内容に対して批判的な思考を持つことが重要です。主題や議論の背景を把握し、著者の意図や主張をより詳細に理解することが求められます。

2)ソースの評価と統合: 大学生は信頼性の高いソースから情報を引用する必要があります。要約する際には、ソースの信頼性を評価し、適切な情報を選択することが重要です。さらに、複数のソースからの情報を統合し、総合的な要約を行うことが求められます。

3)論証と証拠の抽出: 大学の学術的な文章では、著者が提供する論証や証拠が重要です。要約の際には、主要な論点や著者の主張を特定し、その論証や証拠を適切に抽出することが求められます。また、要約の中で論証や証拠を明確に示すことも重要です。

4)専門用語と概念の正確な扱い: 大学の学問は専門用語や特定の概念を含むことがあります。要約する際には、これらの専門用語や概念を正確に理解し、適切に伝えることが重要です。適切な定義や説明を含めることで、要約の正確性を高めることができます。

大学生の要約では、より高度な知識と理解が求められます。文献や研究論文の要約においては、さらに専門性や学問的なアプローチが求められることもあります。大学の授業や指導教員からのガイダンスを参考にしながら、要約スキルを磨いていくことが重要です。

要約のコツ:社会人の場合のコツ

社会人にとって、要約のコツにおいて以下のポイントが役立つでしょう。

1)読者のニーズを理解する: 要約の目的は、読者に対して効果的に情報を伝えることです。社会人の場合、読者は専門家やビジネス関係者であることが多いため、彼らのニーズや要求に応えるような要約を作成することが重要です。

2)情報の整理と統合: 社会人の要約では、複数の情報源からの情報を統合することが求められることがあります。関連する情報を適切に整理し、統合することで、総合的な要約を作成することができます。

3)専門用語や専門知識の適切な扱い: 社会人の分野には専門用語や専門知識が多く関わってきます。要約する際には、読者が理解しやすいように専門用語を適切に説明したり、分かりやすい言葉で置き換えたりすることが重要です。

4)ビジネス文書のスタイルを考慮する: 社会人の要約では、ビジネス文書のスタイルに合わせた表現やフォーマットを使用することが望まれます。明確で簡潔な文体やビジネス上の重要な情報を強調するスキルを身に付けると良いでしょう。

5)著作権や機密情報に注意する: 社会人の要約では、著作権や機密情報を適切に扱うことが重要です。要約の際には、原文の内容を適切に把握し、機密情報や著作権を侵害しないように注意しましょう。

まとめ

要約する・文書をまとめる、ことに対しての具体的な要約のコツや手順など、具体的なことは学校や会社では教えてくれません。

学校では、要約は課題等で出題されます。しかし社会人の場合、毎日の報告書や計画書・伺い書・稟議書など、頻繁に要約のコツのスキルを使う場面があります。

しかも個人の評価に大いに関係あります。現在の企業では、基本的に年功序列ではありませんので、個人の評価が昇進昇格に影響します。

個人の評価の元になるのは、社会人としての国語力が大きな要素になります。国語力の中の一つは要約力です。要約のコツがきちんとできるのかどうかは、昇進昇格に影響します。

関連記事一覧

要約

要約のコツのまとめ

要約のコツを徹底解明!文章構築に役立つ要約術とテクニック

小論文の要約のコツ:効果的な文章構成とステップ

要約の書き出しは具体的にどう書けばいい

要約の書き出し例:インパクトを持って情報をまとめる

要約の書き方ガイドライン|手順・ポイント・注意点

要約の文字数の目安は何文字くらいがいい

要約では具体例は省くのが正しい

要約の書き方|大学生の手順とコツ

要約のやり方のまとめ

要約練習の効果的な方法と無料問題集の紹介

要約のコツとポイント:原文の種類と立場*当記事

新書を要約するコツと方法:効果的な書き方

目次