文章力の本をおすすめ1冊|テーマ別の注目すべき本

文章力、本

会社勤めをする社会人が毎日の報告書や伺い書などを書くにも文章力は必要です。

文章力を気にしないで書いてるよ、という人は、人事考課の際に、しっかりと参考にされてる、と知ったら何を思うでしょう。

人事考課とは簡単に言えば、社員の評価のことです。成績の評価の他に、日頃の業務の姿勢や能力の中で、書類や報告書の書き方はしっかり評価されているはずです。

社会人としての基本的は読み書きはできているのか、読解力と文章力は当然チェックされています。同期入社で成績も同程度の誰かが昇進昇格したら、文章力と読解力の評価でしょう。

目次

文章力の本をおすすめ1冊|テーマ別の注目すべき本

文章力に自信がないという人はとても多いですが、実際に講座で学んだり、文章力の本を読んで努力している人は何人いるでしょう。文章力がないとか、自信がない人は、早く文章力を本を買って勉強してください。

会社は日頃の勤務に関する要素として、プラスマイナスの評価をつけています。書いた文章のことで何か言うのは、直属の上司くらいでしょう。もしかすると、直属上司すら何も言わないかもしれません。しかし実際には、しっかり評価の要素になって影響しています。

当記事では、テーマ別に注目すべき文章力の本の中から、おすすめの1冊を紹介します。

文章力の本|ビジネスに役立つおすすめの1冊

実際調べるとわかりますが、文章力の本はたくさんあります。試しに、Amazonの検索で「本」のジャンルで、「文章力」を検索すると、検索結果は、8,000以上と表記されます。(これだけの数があるということは、文章力で悩んでる人も多いということですね)

さて、どの本を選べばいいのか、わからない状態です。Google検索で、「文章力 おすすめ」「文章力 ランキング」と調べたくなります。

もしも、「文章力」について、本気でかつ慌てて、購入しようと思ったら、3〜4冊かもっと購入してしまうかもしれませんね。

文章力の本を1冊選ぶなら「新しい文章力の教室」

文章力の本は、本当にたくさんあります。役に立つもの、役に立たないもの、たくさんあります。

ただし、たくさん読んでも意味がありません。必要なのは、文章力を早く身につけることです。おすすめの本の紹介などを見ていくと、それぞれの本が少しだけ内容が違うことが書いてあります。その違うところが気になって、買ってしまう人も多いと思います。

しかし、身につけたいことは、文章力です。文章力の知識情報は基本的なことがきちんと書かれている1冊「新しい文章力の教室」がおすすめです。

文章力を身に付けるには、基本を身につけて、「文章を書き・読んで」を繰り返して確認することです。

文章力をつける本としてビジネスにも最適な「新しい文章力の教室」

この本の第1章は、次の文言から始まります。

「良い文章とは完読される文章である」

出典元:新しい文章力の教室

一般的に良い文章とは、読み手が読みやすくわかりやすい文章、と表現していることが多いです。新しい文章力の教室では、読みやすくわかりやすいことも含めて、完読される文章と定義づけており、ビジネスの文章を書くには非常にしっくりきます。

ビジネスでつかう文章力は、社内を流通する報告書や種類だけではありません。顧客と取引とのセールスレターやコミュニケーションレターもあります。

語彙力もつけて文章力が向上する本|おすすめの1冊

文章力を向上させたいが、実は語彙力にも自信がない。表現力も言い換え力も危うい、という方におすすめします。

言葉の言い回しを学びたい、読み手の理解度に合わせた書き方を使い分けたいという思いがある方にぷったりくると思います。文章力の要素の中で、語彙力・表現力に特化している本です。

基礎からわかる”伝わる”シリーズ4巻のうちの2冊目です。

文章力の本のベストセラーからおすすめの1冊

著者は「嫌われる勇気」の共著でライターの古賀史健氏です。「嫌われる勇気」では哲学者の岸見一郎氏との共著になっていました。本書の中で、著者が語っている本書の目的は、「話せるにはけないを解消すること」としています。

話し言葉から書き言葉へ変換するノウハウについて書かれた本です。著者の言う通り、私たちは子供の頃には作文を書いて赤字で添削されて、文章の書き方を教わったようなつもりになっています。しかし文章の書き方や組み立て方などの書く技術にについては教わった記憶がありません。

赤字で添削はされたが、その前に言われた事は「思った通りに書きなさい」程度しかありません。どう言う順番で書けば読み手は読みやすい、なんて事は大人になってから自分で本を読んで学んだと言う人が多いはず。すでに10年前の出版ですが、文章の書き方について、気づかされるポイントが多いはずです。

文章力の本|初心者におすすめする1冊

文章力の本をたくさん読むことには意味がないです。ただ自分のレベルに合わせて幾つかの本を選ぶ必要はあります。これまでに文章力の本を読んだこともないし、自分の文章力が不足していることに気がついたのも最近という人は、やはり初心者として基本が書かれている本を選ぶと良いです。

紹介する「文章力の基本」はタイトル通りの内容ですが、実践的に書かれています。原文があり、どの部分をどのように改善すればいいのかが具体的に示されているので、おすすめです。77のヒントにそれぞれの具体例が示されています。1日の2つ程度のヒントを実践していけば、約1ヶ月と少しで完結できます。当然1回実践するだけでは身につくとは言えませんので、日々の繰り返しによって、できるようになっていきます。

メールの文章力をつける本を選ぶなら

メールの文章力をつけたい人はたくさんいると思います。

そんな方におすすめする本は、前述の「文章力の基本」の第3章と第4章と第5章です。

メールの文章力をつけたい方に不足しているポイントは、「文章力の基本」に書かれています。

・第3章 言いたいことを明確にする
・第4章 わかりやすく書く
・第5章 簡潔に書く

メールの文章力をつけたいと考える方が想定しているのは、ビジネスシーンだと思います。「文章力の基本」の第3章〜第5章に集約して書かれています。

文章力をつけるには本を読む|小説も読むことがおすすめ

文章力をつけるために本を読むことを考えるとき、どうしてもスキルをつける本を選んでしまいます。

文章力がないことを痛感するような出来事があれば、なおさらそういう本を選んでしまうと思います。確かに実践的ではありますが、続けていかないとなかなか身につかないことでもあります。

実は良い文章を何度も繰り返し読み続けることでも、文章力は理屈ではなく、感覚的に身についていきます。可能であれば、実践的にスキルを身につける本を読んで実践しつつ、小説を読んでいくと、なぜその小説が読みやすいのかがわかるようになっていきます。そしてその繰り返しを続けていくと、感覚として身につくようになります。

感覚的に身につくとは、文法的な説明ができなくとも、読みやすい読みにくいがわかるようになることです。句読点や副詞の使い方など、「何か変」「何か気持ち悪い」と気づくようになります。ですので文章力をつけたいと考えるなら、実践的な本を読んで理屈を学びつつ、小説を読んでいい文章になれることです。

また小説を読み続けると、語彙が増えます。意味がわからない言葉は都度調べるのです。語彙が増えると言い換え力・表現力の幅が広がります。文章力に密接に関連する能力です。ですので、小説を読むのは単なる趣味ではないのです。

まとめ

当記事で、「新しい文章力の教室」を紹介し、他の書籍の紹介も考えておりましたが、この1冊を紹介してしまうと、バリエーションとしては他にも書籍はあるものの、文章力を学ぶための、本の紹介と考えると、必要性を感じなくなってしまいます。

それだけ完成度が高いと思います。

全部で77個の見出しに表示されている文章力をつけるポイントを実行してみるだけで、かなり文章力が高い人としての文章を書けるようになると思います。

1日に一つのポイントを読み込んで、その内容を本日作成する文書の中で実践してみてください。77番目(77日目)まで進んでいくとき、ビジネス文書の文章力としては、かなり高いレベルに成長しているはずです。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力を上げるには鍛える|努力なしには上手くならない

文章力鍛えることは社会人として最低限やっておくべき

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力を上げる方法は才能ではなく簡単なことを積み重ねて

文章力の本をおすすめ1冊|テーマ別の注目すべき本*当記事

文章力をつけるには何をすればいい|簡単なのは真似すること

文章添削の意味と各種サービス|ネットと手作業の併用

文章力、本

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次