文章力を鍛えるポイントと最適な方法は

文章力,鍛える

文章を書くのが上手くなりたいと思っている人はたくさんいると思います。

文章を書くのが上手くなるという事は、文章力を鍛えて向上するという事です。

文章力を鍛える方法にはいくつかの方法がありますが、どれが効果があるのでしょう。

当記事では文章力を鍛える最適な方法を深掘りし解説しています。

目次

文章力を鍛えるポイントと最適な方法は

文章力,鍛える (1)

結論から言えば、文章力を鍛える最適な方法は、トレーニングをした人が最適な方法だと感じた方法になります。ですので、万人に共通のベストな方法はなく、個人個人が思うものということになります。

当記事で文章力を鍛えることを考える人は、社会人を中心とした会社員が多い前提で紹介をして参ります。文章力の熟練度によっては、方法はまるで違ってくるからです。

文章力を鍛えるには文章力について知っておくべき

文章力を鍛える前に、「文章力とは何か」「きちんとした文章とはどんな文章なのか」をきちんと理解しておく必要があります。

辞書を調べると、大体は「文章を書く力・能力」などと表現されていることが多いです。

もう少し現実に即して言えば、まず「相手に伝えたいことがある」、次に「相手にとって、わかりやすい文章で表現できる能力」ということになります。

よく言われる良い文章とは、書き手が決めるものではないからです。文章を読んだ相手が、良い文章だと決めるのです。

それは、読みやすい文章であり、わかりやすい文章である必要があります。

文章力を鍛える社会人が目指すのは読みやすくわかりやすい文章

文章力を鍛える社会人が、文章を書くのが上手くなりたいといって、目指す文章は、読みやすく分かりやすい文です。

文学的表現力が素晴らしい文章ではありません。また専門用語で詳しく書かれた文章でもありません。

わかりやすい文章とわかりにくい文章の特徴は以下の通りです。

分かりやすい文章の特徴

1)情報が正確で、相手の理解度に合わせて内容の細かさ・専門レベルを調節して書かれている。

2)PREP法を使って、結論・理由・根拠(具体例)・結論の順番で書かれており、結論を前提に文章を読むことができるので理解しやすい。

3)一つの文章が適度な長さ(文字数が50文字以下)で書かれており、読みやすいし分かりやすい。

4)句読点が適切なので、文章の意味が読み取りしやすい。

分かりにくい文章の特徴

1)相手の理解度を考慮せずに文章を書いている。相手によって難しい表現が多いと感じる可能性もあり、逆に噛み砕きすぎと感じる可能性がある。

2)一見すると、丁寧に書かれているが、小説のように起承転結で書かれており最後まで読み終わって初めて結論がわかった。その結論をもとに、再度文章を読み直す必要を感じる。

3)1つの分が、接続詞でつながり、かなり長い。途中で主語と述語の関係が不明になり、戻り読みをしてしまう。

4)句読点がない文章があり、ひらがなが続く部分や漢字が続く部分など、意味の切れがわからない場合がある。

文章力を鍛えるために|文章を書く力をつけるには

文章力を鍛えるには、前述のわかりやすい文章とわかりにくい文章について、理解をしてトレーニングを重ねることが文章力を鍛えることに繋がります。

文章を書く力をつけるには、意識を改善する必要がある人もいます。

「文章力ないから・・・」と笑って誤魔化す人がいます。自分には文章力という才能がないのだといっているように感じます。しかし文章力をはじめとして言語に関する能力は、基本的に交点的能力なのです。

つまり個人差はありますが、練習すれば誰でもある程度普通レベルに文章力は身につきます。「私は文章力がありません」という言葉は、自分を評価する立場にいる人の前ではいうべきではありません。努力する前にやる気がない人という評価をされる可能性があるからです。

文章力を鍛える最適な方法は

文章力を鍛えるのにぴったりのブログ

文章を鍛えるには、毎日ブログを書く事はかなり効果的です。収益を目的にせずに、毎日日記のように書いてるだけでも、文章を書くトレーニングになります。

文章構成や読みやすい文章を意識して書いていけば、文章力は成長していきます。

おすすめするのは、単なる日記ではなく、テーマを絞った日記です。ブログの作成でも良いですし、まさに文章力の勉強についてでも良い。

続ける事で、テーマに関する知識も増えるし、文章力も向上していきます。

文章力を鍛えるアプリ

スキマ時間を使って文章力を鍛えるトレーニングをするにはアプリを利用する方法が最適です。

文章を書くための語彙力をつけるアプリも役立ちます。文章を書くアプリも役立ちます。毎日お題が提案され、お題をもとに文章を考えて書く「ライトレ」は、頭をフル回転させるトレーニングにもなります。

Twitterを使えば、140文字以内に書くことになるので、要約の練習にもなります。しかし140文字あれば、短めの文章を3行書けますので、一つの考えや主張を書く練習にもなります。

公開するか非公開にするかは別として、スキマ時間をつかって文章を生み出す練習がどこでもできるメリットがあります。

文章力を鍛えるには本を読む小説も有益

文章力を鍛えるには本を読むことです。小説は、文章構成は参考になりませんが、言葉遣いや追体験できる事はメリットです。相手の心に配慮する想像力も学べます。

またビジネス書は、文章力という意味では、ある意味ワンパターンになりがちです。しかし小説はストーリーや設定、著者によって、文章の言葉の使い方や言い換えなど語彙力に関して幅広く参考になります。

文章力をつけるために読むのであれば、むしろ小説の方がおすすめかもしれません。

まとめ

文章力を鍛えることは、特に、社外の人との関係性では重要です。しかし、内勤や技術系の仕事であっても、文章を入力しない社員は滅多にいないはずです。

つまり、文章力は、現代の社会人の必須スキルとも言えます。

「僕は文章力がないので」と言ってはダメです。仮に本当のことであっても、必ずレッテルを貼られて、その評価のレッテルはなかなか長期間はがれる事はありません。

関連記事一覧はこちら

文章力

文章力は社会人の必須能力|12の気づき

文章力を上げるには鍛える|努力なしには上手くならない

文章力を鍛えるポイントと最適な方法は*当記事

文章力あげるにはどの講座がいい|独学との違いは

文章力を上げる方法|社会人は文章力がないと仕事ができない

文章力の本をおすすめ1冊|テーマ別の注目すべき本

文章力をつけるには何をすればいい|簡単なのは真似すること

文章添削の意味と各種サービス|ネットと手作業の併用

文章力,鍛える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次