読書ノートに選ぶなら無印が最適な理由

読書ノート,無印

読書量が少し増えていくと、以前読んだ本の記憶が曖昧になって、ついつい同じ本を2度3度と購入してしまうという無駄をしてしまいます。

1ヶ月の読書量が4〜5冊ほどになってくると、多くの人がやってしまうミスです。

読書ノートで記録するメリットの一つに、この無駄な購入を防止できるということがあります。

目次

読書ノートに選ぶなら無印が最適な理由

読書ノートの書き方は、個人の好みによるところが大きいです。

多くの場合は、次の方法の中で選んでいると思います。

・手書きで記録する方法
・パソコンでエクセルなどで記録する方法
・スマホ等のアプリで記録する方法

どの方法を選ぶのかは、読書記録ノートに求める条件によります。

後日、振り返る時の「検索性」を考えると、パソコンかスマホのアプリで記録する方法が最適です。

対して、手書きで記録する方法では、紙のノートを開いて、「すぐに書き込みができる手軽さ」が最大の魅力です。

外出先でのスマホのバッテリー消費を機にする必要もありません。

無印の4コマノートは読書ノートに最適

無印のノートのラインナップを知ると、読書ノートには無印が最適という気持ちがお分かりになると思います。

無印のノートのラインナップの中で、A5サイズに注目していただきたいです。

A5サイズと言えば、一般的な単行本と同じサイズです。

実は、A5サイズのラインナップの中に、「週刊誌4コマノート・ミニ」というノートがあります。無印のオンラインショップだと、税込100円で購入可能です。

実は、この印刷されたコマの罫線が、読書記録の専用枠のように使いやすいのです。

読書記録ノートの情報は、主に次の4項目です。

・読んだ日
・タイトルと著者
・内容の簡単要約
・感じたこと1行

よほど文字の大きい方でない限り、1コマに1冊分の情報を書き込みできるのです。

読書ノートで、抄録したいし、気づきや感じたことも1冊分たっぷり書きたいという方なら、同じ無印のA5サイズ横罫30枚 税込80円がおすすめです。

書籍1冊に、ノート1冊にしてもいいでしょう。

しかし、読書ノートで、たっぷりと書くというより、記録として読書ノートを残したい方には、上記の「週刊誌4コマノート・ミニ」が最適です。

1ページに8冊分の情報を記録できます。この一覧性もおすすめポイントです。

関連記事

読書をすることで人は経済的にも人間的にも豊かになれる

読書ノートがアウトプットとして有益である理由とやり方

読書ノートの書き方は社会人にこそ必要|文章力がない人が多すぎ

読書記録をノートを書いて自分の行動に役立てる

読書ノートはテンプレートOK!重要なのは形式ではない

読書メモアプリでメモの取り方|evernoteをiPhone・iPadで

読んだ本を記録することに意味はあるのか|読書の記録

読書ノートに選ぶなら無印が最適な理由*当記事

読書記録アプリを厳選しておすすめ!試して選ぶがおすすめ

読書ノートめんどくさいがやり方で効果が大きい|繰り返し読むのと同じ

読書ノートの作り方は目的によって異なる|目的が違えば面倒なだけ

読書ノートは小説でも書くメリットがある

読書ノート,無印

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる