読書レポートを楽に書くために重要なのは準備

読書レポート

「読書レポートの課題が出た。どうやって書けばいいの?」というケースが多いのだと思います。

以前は読書レポートと社会人が対象でしたが、最近は高校生にも読書レポートの課題が出されるようになっています。

当サイトでも読書レポートの書き方について、記事を紹介してきました。ネット上にも多くの情報が掲載されています。

書き方の知識情報を知って、うまく書ける人もいますが、苦労している人も少なくありません。読書レポートがなかなか書けないという人は、書く前の準備が整っていないから、書いていけないのです。

書く前の準備とは、「読む・考える・調べる」ことです。この準備ができていると、もっと簡単に楽に読書レポートを書けるはずです。

目次

読書レポートを楽に書くために重要なのは準備

多くの人が苦労している読書レポートですが、苦労している人のほとんどが、課題図書の本を読んで、いきなり読書レポートを書こうとして、壁にぶつかっています。多くの人は、なんと書き出していけばいいかを悩みます。

そこでネットで情報を調べて、手がかりに書き始めます。しかし、その段階でスムーズに書いていける人は、おそらく一部分の人でしょう。書くべき内容についての解説が、ネット情報では一般論にならざるを得なく、読み手によっては抽象的に感じるのだと思います。

そこで当記事では、読書レポートの書き方というよりも、具体的に何を書けばいいのかの準備をすることにフォーカスし、解説します。

読書レポートでは書き始める前が大事

読書レポートを書くことで大事なのは、実際にレポートを書くことよりも、その前の準備です。その準備をすることで、何を書けばいいのかが決まります。

多くの人が、課題図書を1度読んで、レポートを書き始めようとしますが、それでは準備不足です。実際にパソコンに向かっても文章を打ち始めることはできないでしょう。

読書レポートを書き始める直前には、ノートにメモ程度で良いので、レポートの骨子ができてる状態を目指しましょう。骨子とは骨組みであり、どういう順番で、どこにどんな事を何文字程度で書くのかを設計図のようなものです。

読書レポートで重要なのは「きちんと読むこと」|読み方が大事

最初に取り掛かることは、課題図書である本をきちんと読む事です。普段から毎月何冊かの本を読んでいる方なら、マーカーや付箋を持って要点らしきポイントをチェックしながら読みます。どの程度読み込むのかは、個人の読書レベルによります。そして、マーカーや付箋をつけることが、のちの要約の下準備になります。

一度の精読と要点チェックでも内容をきちんと理解できれば、それで良いですが、普段の読書量が少ない人は1回の精読では理解できない可能性があります。読書量が少ない方におすすめするのは、3回は読むことです。例えば1度目は通読し、2回目は考えながら読む精読をします。3回目は要点をチェックしながら重要箇所だけを読むのです。

読書量が少ない方は、1度精読しただけでは20〜30分もすると、半分以上忘れてしまいます。短期記憶と言ってすぐに消えてしまうからです。長期記憶に定着させるには、何度も読む必要があるのです。

また読み方は、クリティカルに考えながら読む必要があります。

読書レポートは「考察」が肝|だから考えること・調べることが重要

そもそも読書感想文と読書レポートの違いは、感想文が主観的な感想であることに対し、読書レポートは参考文献を根拠して引用し、客観的な意見として考察を述べるものです。

ですので読書感想文では、「私は、・・・・と思います。」が基本形になり、読書レポートでは例えば「・・・によれば、・・・は・・・と考えられます。」などとやや断定的な表現になります。読書レポートに「私は」と「思います」は登場しないのです。

そして読書レポートの肝となるのは、考察の内容です。先に紹介したクリティカルな読み方をして、考えることが重要です。著者の主張に漏れや偏りはないのか、主張の前提に不十分なところはないのかなど考えるのです。問題提起をする部分はないのか。あるいは問題がなく共感できるのか。などについて、考えながら読むのです。

そして問題提起すべき点や批評・評価すべき点を確認できたら、根拠づけるために書籍や論文等から参考文献を探して調べます。問題提起にしても批評・評価にしても、読書レポートでは主観的な意見は求められていません。根拠がある客観的意見とする必要があります。

意見の裏付けとなる根拠として、参考文献から引用します。引用はルールがあります。ルール通りに出典元として明示することで、著作権侵害対策にもなりますし、意見や批評の権威性が増します。

関連テーマの書籍や論文などを資料として調べます。根拠づける資料は、少なくとも3つ以上用意しましょう。読書レポートの最後に参考文献として紹介します。

読書レポートは「序文・本文・結論」のテンプレに書くべき骨子を決めることで7割完成

先に述べましたように、骨子を決めることは設計図を書くようなものです。骨子が決まると、読書レポートは7割完成したと思って良いです。

ノートにメモするようにして、骨子を作ります。

読書レポートの文章構成にはいくつかのテンプレートがありますが、最も一般的なものが「序文・本文・結論」です。文章構成のテンプレートの内容は当サイトの「読書レポートはテンプレートで書くと読み手が分かりやすくなる」で紹介しています。

ノートを開いたら、十分な余白スペースを取って「序文」「本文」「結論」と書いて、骨子を作っていきます。

それぞれの余白スペースに、読む・考える・調べるで分かった事を元にして、何を書くのかを考え、具体的にメモして骨子を完成させます。

読書レポートで書くことは3割程度の労力でしかない

序文・本文・結論にそれぞれ何を書くのかが決まれば、読書レポートを書くためのレールが完成したも同然です。あとはレールの上を着々と走るだけです。

読書レポートに書くべき方向性や内容を、具体的に決めることができていれば、レポートを書くこと自体は作業的になり、苦労はかなり少なくなるはずです。

重要なのは、本をきちんと読む(3回)こと・問題点や評価を考える・根拠となる文献を調べることで、準備をすることです。そしてノートに骨子を作れたら、骨子に沿ってパソコンのキーボードを打つだけです。

まとめ

読書レポートが苦手で、苦労している方も多いと思います。

当記事で紹介している書き始める前の準備に注力すれば、かなり改善するはずです。

重要なのは、読んで・考えて・調べて、骨子を作ることです。

関連記事

読書レポートを書く大学生・社会人そして高校生|ヒントを紹介

読書レポートの書き方|社会人になって差がでる

読書レポートの書き出しはどこから?例文付き

読書レポートはテンプレートで書くと読み手が分かりやすくなる

読書レポートとは何を書く|読書感想文との違いは

読書レポートの要約の割合はどの程度の配分にすべきか

読書レポート2000字の書き方を具体的に|高評価になるように

読書レポートは高校生にも出題|書き方の基本は同じ

レポートに引用する際の書き方|基本ルールがあります

読書レポートを楽に書くために重要なのは準備*当記事

読書レポートは「考察」の書き方が肝になる

読書レポート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次