dブックは無料でどこまで使えるのか

dブック

dブックはNTTドコモのイメージが強く、他のキャリアユーザーには縁がない感じがします。

しかし実際には他のキャリアユーザーにも普通に使えますし、試し読みなら会員登録などしなくても手軽に読むことができます。当記事では、「dブックが無料でどこまで使えるのか」という点に注目し、掘り下げて解説しています。

目次

dブックは無料でどこまで使えるのか

今や電子書籍の運営会社各社が、無料で電子書籍を読めるというサービスを行っています。

dブックは名前の通り、NTTドコモが運営しています。

電子書籍運営会社各社は、それぞれ微妙に異なるサービスを展開しています。

dブックとは

dブックは、前述の通り株式会社NTTドコモが運営する電子書籍サービスです。

NTTドコモでは、dマガジンという同じく電子書籍サービスをもう一つ事業展開しており、そちらは雑誌に特化したサービスになっています。

dブックの特徴は、個別購入です。dマガジンは月額制プランのサブスクリプションです。カバーしていている書籍のジャンルを変え、提供するサービスの仕組みを変えています。

dブックでは、無料漫画や試し読み、そしてたくさんの割引キャンペーンが目を引きますし、ポイント還元がdポイントであることにも特徴があります。

dポイントは、当然電子書籍の購入にも使えますが、コンビニなどのdポイント加盟店で買い物に使えるのが特徴であり、魅力です。

dブックは無料でどこまで使えるのか

dブックのジャンルは、幅広く蔵書数は60万冊以上です。ジャンルは、女性マンガ・男性マンガ・ライトノベル・小説・文芸・ビジネス・実用・趣味・暮らし・写真集・ハーレクイン・雑誌・TLマンガ・BLマンガ・TL小説・BL小説です。

実はdブックでは無料で読む方法が2つあります。

dブックの試し読みフルも無料

書籍の一覧に「試読」や「試読フル」の表示がある書籍が無料で読めます。

書籍の詳細ページへジャンプすると、「丸ごと試し読み」と表示され、期限も表示されています。

「試し読みフル」は1冊丸ごと試し読みを無料で読むことができます。書籍によって、シリーズの最初の1冊か複数冊が限定されています。

この試し読みをするには、「丸ごと試し読み」をクリック(タップ)するだけです。会員登録などの手続きがありません。これはすごいです。

ちなみに「丸ごと試し読み」や「試読フル」の表示ではなく、「試読」の場合、詳細ページへジャンプすると「試し読み」と表示されています。

試し読みの場合は、本1冊ではなく最初の数ページが無料で読める範囲です。

dブックには試し読み以外に無料で読める本が6000冊?

dブックに登録をしてたくさんの本を読むには、dアカウントの登録が必要です。無料で読めるコンテンツは最大3000冊という表記があるページがありますが、検索すると6000冊以上ヒットします。

dアカウントを登録すると少女・女性マンガ5040冊(2022年10月現在)、少年・青年漫画1116冊が無料で読めるようになります。トップページ>(上部の)¥0無料・割引>【無料】少女・女性マンガの「もっと見る」>(上部タブ)無料をクリック(タップ)すると、無料で読める本が表示されます。

少女・女性マンガは、実に驚きの5000冊超です。簡単に読み切れる分量ではありません。少年・青年マンガにしても1000冊以上ありますので、当分の間、無料で読めるのではないでしょうか。

dブックの利用にはdアカウントの登録が必須|申込も会費も無料

dアカウントは、有料プランや商品購入をしない限り、会費的な費用がかかるシステムではありません。(2022年10月時点)ですので、ドコモユーザーでなくとも会員登録をしておいた方がいいです。

dアカウントは、ドコモユーザーでなくとも登録可能です。dアカウントはドコモユーザー限定のものと思っている方は多いです。

dブックで本格的に無料で電子書籍を読むためには、dアカウントに登録しましょう。dアカウントは登録無料ですし、毎月いくらという会費はありません。

dブックのトップページの上部メニュー>dアカウントログイン/発行するから登録ができます。dアカウントの登録には、メールアドレス・パスワード・名前などの基本情報・携帯電話番号が必要です。(クレジットカード払いを選ぶ場合はクレジットカードの情報も必要)

dブックで料金が発生するのは月額いくら

dブックには月額制プランはありません。個別購入です。ですので、電子書籍を購入しなければ、お金はかかりません。

当然、試し読みと無料で読むだけを読んでいる場合は、費用は0円ということになります。

またdブックを有料で購入し、料金を支払うようになった時に「お得感」を感じるのは、ユーザーの読書頻度によります。

毎月2冊〜3冊以下しか読まないユーザーであれば、dブックの割引やポイント還元のキャンペーンを利用するとお得です。「dブックデーのポイント20%還元」や「新規当月キャンペーン50%還元」や「翌月キャンペーン50%還元」など、たくさんのキャンペーンが行われています。他の電子書籍ービスでもポイント還元サービスは行われています。dポイントの加盟店を利用することが多いユーザーなら、dコミックはおすすめです。

しかし毎月かなりの数を読み続けるユーザーであれば、月額980円で読み放題(一度に20冊を上限に何冊でも読める仕組み)Kindle Unlimitedを利用するのが得です。

ただしdブックには、前述紹介した無料で読める約6000冊に試し読みがあります。マンガをコツコツ読んで時々購入などという人はdブックがポイントもたまって、お得です。

また本を読むのは、ほぼ雑誌という人はdマガジンのサブスクが440円で一番得かもしれません。

dブックの解約方法について

dブックには月額が発生するプランがありません。つまり月額会員の入会手続きがないため、解約や退会の手続きもないのです。

まとめ

マンガをいろいろ無料で読みたいという方なら、dブックは登録しておくべき一つです。

マンガの好みはあると思いますが、そう簡単に読み切れないほどの無料本があります。

また雑誌を読みたい人で一番安いのは、dマガジンがおすすめです。月額440円のサブスクです。

月額980円のKindle Unlimitedは、小説やビジネス書も毎月かなりの数を読むという方なら、おすすめです。Kindle Unlimitedは、Amazonの公称では200万冊(日本語の本が現在何冊かは不明、過去の記録ではその時点で12万冊)を読めるという事ですが、必ずしも読みたい本が対象になっているとは言えません。

もしAmazonのプライム会員なら無料でプライムリーディングが1000冊程度は読み放題です。これもかなりお得です。

関連記事一覧

  1. 読書
  2. 読書アプリのまとめ
  3. Kindleで読書|PCでもスマホでもすぐに続きから読める
  4. 読書メーター ログインからの使い方
  5. 読書メーターアプリでできることと特徴
  6. ブクログの使い方と特徴
  7. 読書で読めない漢字はスマホアプリをかざすだけでふりがな分かる
  8. kinoppy(紀伊國屋書店電子書籍アプリ)の特徴と使い方
  9. dブックは無料でどこまで使えるのか*当記事
  10. dブック読むならキャンペーン要チェック!使わないと損
  11. dブックアプリの使い方が限定的にリニューアル|評価は厳しい
  12. hontoアプリの特徴と使い方と注意点
dブック

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次