営業本を業種別に選ぶ:営業マン必見!問題解決のヒントを探す

営業,本

営業はビジネスの中でも重要な役割です。競争が激化し、顧客のニーズが多様化する現代のビジネス環境では、営業マンが問題解決のヒントを探し求める必要があります。そのためには、適切な知識や戦略を身につけることが欠かせません。

本記事では、業種別に選ばれたおすすめの営業本ランキングTOP10をご紹介します。各業界に特化したアドバイスや成功事例を学ぶことで、営業マンのスキルアップと問題解決能力の向上をサポートします。

さあ、あなたの業界に最適な営業本を見つけ、問題解決のヒントを探しましょう。次の章からは、業種別に選ばれたおすすめの営業本を紹介していきます。

目次

営業本を業種別に選ぶ:営業マン必見!問題解決のヒントを探す

営業に関する問題解決の方法は、本の中にあります。

営業全般に共通していることもありますし、業種に特有の問題もあります。営業に悩む営業パーソンは、仕事上の問題や悩みを自分の知る世界だけを見て解決しようと考えます。

しかし、業種特有の問題解決法もありますが、意外な業界の方法の中にヒントを見つけることも可能です。

先人たちが残してくれている営業の知恵を読み込み、実践してみてください。必ず道は開けていくはずです。

自分には向いてないと考え諦めるのは、最悪の解決法です。むしろどの業界においてもトップクラスの営業マンにいるのは、いかにも営業マンという人物像ではない人たちです。

営業に関する本を読むことで、気づきをやヒントを得てください。

営業の本|全ての業種に通じるベストセラー

営業と一口に言いましても、各業界によって専門性とフォーカスするポイントには違いがあります。

しかし営業は基本的に、業績を上げる場面では再現性がある科学でありますし、顧客との商談やコミュニケーションの進め方においては相手の心を想像する心理学です。そして相手の心を知るには質問力もまた営業には不可欠の技術です。

営業を続けていると、良い時や悪い時があるとか、運によって左右されると考えてしまう人もいます。しかし運気が業績に影響するのは、ほんの数%でしかありません。

もし現時点で、「ついてない」とか「運がない」「今は悪い時」などと感じるのであれば、少し前に業績が上向いた時にこそ、次に必要な行動をしなかったせいなのです。顧客や上司との関係性において、心理学的なサインがあったのに、見落としたせいなのです。

セールス・イズ 科学的に「成果をコントロールする」営業術

「セールス・イズ 科学的に「成果をコントロールする」営業術」という本は、営業において科学的な手法やデータを用いて成果を最大化する方法について解説しています。著者は、営業において成功するためには、感覚や勘ではなく、データに基づいたアプローチが必要であると主張しています。

本書では、営業におけるデータの収集方法や分析方法、また、成果を出すための具体的な手法について詳しく説明されています。さらに、自社のビジネスに合わせたカスタマイズされたアプローチの作り方や、成功事例についても紹介されています。

総じて、本書は営業において成果を出すために必要な科学的な手法やアプローチを学ぶことができる、非常に実践的で役立つ一冊です。

営業は台本が9割

「営業は台本が9割」という本は、営業において重要なのはコミュニケーション力や説得力ではなく、しっかりとした台本に基づいたアプローチであると主張しています。

本書では、営業における台本の作り方について詳しく解説されています。まず、台本の作り方として、顧客や商品に関する情報を収集することが重要であると説明されています。その上で、それらの情報を元に、顧客のニーズや課題を把握し、それに対する解決策を提供するための台本を作成することが必要であると述べています。

また、本書では、台本を活用する際の具体的な方法についても解説されています。例えば、営業現場でのプレゼンテーション時には、台本を基にしたストーリーを用意し、それに沿って説明することで、顧客に訴求力のあるプレゼンテーションを行うことができます。また、商品のアフターサービスにおいても、台本を活用することで、顧客の課題に対してスムーズに対応することができます。

本書には、成功事例や失敗事例も紹介されており、台本の重要性を実感することができます。営業において、コミュニケーション力や説得力はもちろん重要ですが、「台本」を作り、それを基にしたアプローチを行うことで、より効果的な営業が可能になることを本書を通じて学ぶことができます。

総じて、本書は営業において効果的な台本の作り方と活用方法について学ぶことができる、実践的で役立つ一冊です。

無敗営業「3つの質問」と「4つの力」

「無敗営業「3つの質問」と「4つの力」」は、営業の世界で生き残り、成功するための具体的なアプローチについて解説しています。この本は、多くの営業マンが抱える問題に対して、明確で簡潔な解決策を提示しています。本書には、営業における成功のために必要な3つの質問と4つの力が詳しく解説されています。

まず、3つの質問に関して。営業においては、相手のニーズを理解することが極めて重要です。そのためには、相手に向き合って、適切な質問を投げかける必要があります。そこで、「どうなりたいか?」「なぜそれが欲しいか?」「どうすればそれが手に入るか?」の3つの質問が重要だとされています。これらの質問を投げかけることで、相手のニーズを正確に把握し、相手にとって最適な提案を行うことができます。

次に、4つの力に関して。営業においては、相手との信頼関係を築くことが非常に重要です。そのためには、4つの力を駆使することが必要です。「感度力」は、相手のニーズや気持ちを正確に理解する力です。「論理力」は、論理的に説得力のあるアプローチを行う力です。「説得力」は、相手を納得させるための力です。「行動力」は、実際に行動に移す力です。これらの力を使いこなすことで、相手との信頼関係を築き、成功する営業を行うことができます。

さらに、本書では、営業における成功のための具体的なアプローチが数多く紹介されています。例えば、営業におけるコミュニケーションの方法や、相手の気持ちに共感する方法、自己ブランディングの方法などが解説されています。これらのアプローチを使いこなすことで、営業において成功を手にすることができます。

“内向型”のための「営業の教科書」 自分にムリせず売れる6つのステップ

成功する営業マンは話し上手で社交的という印象がありますが、現実はそうではありません。むしろ内向的である人の方が営業として成功している実績は多いです。自分の性格に合った営業スタイルに気がつけば、実績を上げられるようになるのです。

「“内向型”のための「営業の教科書」 自分にムリせず売れる6つのステップ」は、営業初心者や内向型の人に向けた営業の本です。本書では、自分に合った営業スタイルを見つけ、効果的な営業を行うための6つのステップが解説されています。

まず、本書では、自分に合った営業スタイルを見つける方法について解説されています。営業には様々なスタイルがあり、自分に合ったスタイルを見つけることが重要です。本書では、自分に合ったスタイルを見つけるためのアプローチや、自分の強みを見つける方法などが解説されています。

また、本書では、内向型の人が効果的な営業を行うための具体的な方法が解説されています。営業においては、自信を持ってアプローチすることが重要ですが、内向型の人にとってはハードルが高いかもしれません。本書では、自信を持ってアプローチするための方法や、自分の強みを活かしたアプローチの方法が解説されています。

私はどうして販売外交に成功したか

元メジャー・リーガーであるフランク・ベトガーの書籍「私はどうして販売外交に成功したか」は、営業の成功のための具体的なアプローチを提供しています。この本では、相手のニーズを理解し、相手にとって有益な提案をすることが、営業において最も重要であると主張されています。

本書では、コミュニケーションの重要性や、自分自身のビジネスに自信を持つことの重要性についても解説されています。著者は、営業においては相手の反応を見ながらアプローチを調整することが必要であると述べており、相手との信頼関係を築くためには、コミュニケーション能力が必要であると強調しています。

また、本書では、販売外交の方法について詳しく説明されています。営業においては、相手のニーズをベースにカスタマイズされた提案をすることが重要であると述べられており、自分自身のビジネスに自信を持つことは、相手に自信を与えるために必要であると指摘されています。さらに、営業においては、どのようにアプローチすれば相手が興味を持ち、話を続けてくれるかを考えることが重要であると説明されています。

会わない営業 だから、売れる ストレス ゼロ

営業は面談して人間関係を作り商品を売る仕事という考え方は、もはや過去のものです。現代においては、面談するのは契約や納品の場面のみということも珍しくありません。あるいは契約すらも面談せずに完了する仕組みが増えています。

「会わない営業 だから、売れる ストレス ゼロ」は、営業における新しいアプローチについて解説しています。本書では、顧客と会わずに、効率的かつ効果的な営業を行う方法が紹介されています。

まず、本書では、顧客と会わずに営業を行うメリットについて解説されています。顧客との面談には多くの時間や労力が必要ですが、本書では、電話やメール、SNSなどを活用することで、効率的に営業を行うことができるとされています。また、顧客と会わずに営業を行うことで、ストレスを軽減することができるとも言われています。

さらに、本書では、顧客と会わずに営業を行うための具体的な方法が解説されています。例えば、顧客と会わずに情報を収集する方法や、顧客と会わずに提案を行う方法などが紹介されています。これらの方法を使いこなすことで、顧客と会わずに効率的かつ効果的な営業を行うことができます。

トップセールスが使いこなす! 〝基本にして最高の営業術″総まとめ 営業1年目の教科書

「トップセールスが使いこなす! 〝基本にして最高の営業術″総まとめ 営業1年目の教科書」は、営業初心者が最初に読むべき一冊としておすすめの本です。本書では、営業における基本的な考え方から、具体的なアプローチまで、幅広く解説されています。

まず、本書では、営業における基本的な考え方について解説されています。営業においては、相手のニーズを理解し、そのニーズに合った提案を行うことが重要です。本書では、相手のニーズを理解するためのアプローチや、提案を行うための具体的な方法が解説されています。

また、本書では、営業におけるコミュニケーションの方法についても詳しく解説されています。営業においては、相手との信頼関係を築くことが非常に重要です。本書では、相手との信頼関係を築くために必要なコミュニケーションの方法や、相手の話をしっかり聞くことの重要性が解説されています。

さらに、本書では、営業における成功のための具体的なアプローチが詳しく解説されています。例えば、自己ブランディングの方法や、営業における問題解決の方法、営業における価格設定の方法などが解説されています。これらのアプローチを使いこなすことで、営業において成功を手にすることができます。

営業の魔法

「営業の魔法」という本は、営業において成功するための考え方や具体的なアプローチについて解説しています。著者である中村信仁氏は、営業においては、相手との信頼関係を築き、相手にとって有益な提案をすることが重要であると主張しています。

本書では、営業におけるアプローチの方法や、相手のニーズを理解するためのコミュニケーション能力の重要性について詳しく説明されています。営業において成功するためには、相手との信頼関係を築くためのコミュニケーション能力が不可欠であり、相手のニーズを的確に把握することが重要です。本書では、実際の営業現場で役立つ具体的なアプローチ方法も紹介されており、営業初心者でも理解しやすい内容となっています。

また、本書では、営業におけるマインドセットについても解説されています。自分自身のビジネスに自信を持ち、自分自身を高めることが、営業において成功するためには必要不可欠であることが述べられています。具体的には、自分自身の強みを見つけ、それを生かした提案をすることや、自分自身に対する自信を高めることが重要であるとされています。

人を動かす

Dカーネギーの「人を動かす」という本は、人間関係やコミュニケーションのスキルを向上させるための本ですが、営業においても非常に役立つ一冊です。

本書は、人間関係やコミュニケーションについての基本的な考え方から、より高度なテクニックまで幅広く解説されています。営業においても、相手の心理状態や欲求、考え方を理解し、それに応じたアプローチをすることが重要です。本書では、相手の気持ちに共感し、相手に寄り添うことが営業においても重要であると説明されています。

また、営業においては、相手との信頼関係を築くための能力も重要であり、本書ではその方法についても詳しく解説されています。営業において成功するためには、相手のニーズを理解し、相手にとって価値のある提案をすることが必要です。本書では、営業においても相手の心理を理解し、相手に対して共感的なアプローチをする方法について詳しく解説されています。

さらに、本書には、営業に役立つ具体的なテクニックも紹介されています。例えば、相手の名前を覚え、呼びかけることで相手との関係性を深める方法や、相手の興味を引く質問をすることで、相手のニーズを的確に把握する方法が紹介されています。

影響力の武器

「影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか」という本は、人々がなぜある行動をとるのかについて、心理学的な視点から解説しています。営業においても、相手の心理状態や欲求、考え方を理解し、それに応じたアプローチをすることが重要です。

本書では、人々がなぜある行動をとるのかについて、6つの「影響力の武器」という観点から解説されています。それぞれの武器には、ある種の心理的なプロセスが関連しており、これを理解することで、人々を動かすことができます。また、本書では、これらの武器を使いこなすことで、相手を説得したり、行動を促したりする方法についても詳しく解説されています。

営業においては、相手の心理を理解し、相手にとって価値のある提案をすることが必要です。本書の「影響力の武器」を使いこなすことで、相手の心理的なニーズや欲求を探り出し、それに合ったアプローチを行うことができます。例えば、相手に特典や割引を提供することで、その人の心理的な欲求にアプローチし、商品やサービスを購入させることができます。

さらに、本書には、営業におけるコミュニケーションの方法についても解説されています。営業においては、相手との信頼関係を築くことが非常に重要です。本書では、相手との信頼関係を築くために必要なコミュニケーションの方法についても詳しく解説されています。例えば、相手の話をしっかり聞くことや、相手の立場に立って考えることが重要であるとされています。

営業の本|業種別やシーン別に選ぶ

業種別や営業のシーンによって、必要になる専門性やフォーカスポイントには違いがあります。当記事では、それらのポイントにフォーカスして、オススメする本を紹介いたします。

不動産営業の本ならこの1冊

不動産営業といいましても、実は新築と中古では必要な知識や業務の流れが似ているようで違いがあります。当記事では、中古物件を扱う不動産営業の方におすすめする本を紹介いたします。中古物件を扱う不動産業とは、売買仲介業ということです。

売買仲介業に関する知識が身につきますと、万が一同業他社に転職したり、起業する場合にも知識は引き継がれます。しかし新築物件の場合、一般的には会社ごとに物件に関する仕様が異なる可能性が高いです。建物自体の知識量は、新築の不動産営業の方が豊富に持っています。

今回紹介する営業の本は、新卒や転職で新人不動産営業として働き始めるとき(目安として2〜3年生までは使える)におすすめする本です。ですので不動産営業の基本についての本です。

保険営業の本ならこの1冊をおすすめ|プルデンシャル生命

生命保険業界は、従来からある日本の生命保険会社と外資系と言われる生命保険会社があります。従来の日本の生命保険会社には女性営業が多く、外資系保険会で社はほぼ男性営業だけが働いています。

この本は、外資系保険会社の代表ともいうべきプルデンシャル生命に在籍していた方が書いた本です。外資系保険会社の営業のスタイルは一般的には紹介営業です。ですので、この本の副題に「紹介をください」というように書かれているのです。

保険営業のスタイルに

住宅営業の本から厳しさを知る

一般的な消費者が生涯に購入するものの中で一番高額なのが住宅です。新築の分譲マンションや一戸建てです。業界はいわゆるブラックな会社が一般的です。ただ典型的な成果報酬なので、営業成績を継続できると、中途入社であってもかなりの高年収になる業種です。年収で比較すると、住宅営業・不動産営業・保険営業は、いずれも仕事はハードだが成果を出せれば収入はかなり高くなります。

紹介する本は勤務していた方の体験談です。住宅営業のハードな側面に注目して書かれています。これから住宅営業へ転職をしようと考えている方が読めば、腰が引けてしまう気もします。

人材紹介ビジネスの営業の本

人材紹介のビジネスは、人がいる限り残る仕事ともいえます。前述の保険業界は、生命保険に加入していない人はほんの数%しかいないため、既存契約のだめなポイントを指摘して新しい保険契約を締結するビジネスもです。住宅は、現状が過去最大の空き家率の状況であり、さらに少子高齢化であり、新築住宅のマーケットは驚くほどに縮小しています。

そんな状況の中では、人材ビジネスの未来は安定しているように思われます。極端な経済の落ち込みがなければ、企業と働きたい人をつなぐというビジネスモデルは明確です。ただ競争は激化しています

広告営業を希望するなら読んでおく本

先にお断りしておきます。本書はマンガです。広告代理店に就職した営業女子の体験談です。印象的には、広告関連の業界には女性が多い印象があります。また楽な仕事など世の中にはないと思いますが、広告業界はなかなかきつい業界の一つです。

きつい理由の一つは顧客が一般顧客ではなく、企業だからかもしれません。また大きな仕事(売上が大きい)になるほど業界他社との競争は厳しくなります。薄利になりがちですので、給料水準は低めです。。

車の営業マンになったら読む本

入社1年は全社で最下位、そして入社5年目に全社ナンバーワン営業になった方が書いた本です。最下位営業マンとトップ営業マンの両方を経験している著者が、体験を元に売れるヒントを書いた本です。

特に新しいことが書かれているわけではありません。しかし、知っているつもりでそのまま放置していたことを指摘される感触があります。やはりトップ営業マンには抜かりは無いのだと気づきます。

BtoBの営業の本|法人営業の本

BtoB営業とは法人営業のことです。一般的な顧客を相手とする営業はBtoC営業と言われます。

営業の本といえば、属人的なその人独自の方法などがあります。しかし本書では、「営業は理論で売る」とするものです。つまり営業は勘や根性で売るのではないとしています。再現性が高いといえるのです。

電話営業の前に読んでおくべき本

なんとも単刀直入なタイトルの本です。しかし読むと分かりますが、データに基づいていますので、説得力があります。

ダイレクトの飛び込み営業や電話営業は、スマホがネットにつながったことで、以前よりも非常に少なくなりました。電話営業といえば、反応は早くとれるが確率が低く、営業の戦術としては時代遅れと見られています。しかし実際に営業を経験しているものであれば、月末残り数日で目標達成が目の前なんていう場面には必要な方法です。

様々な業種では、ネットで集客して、電話やメールでアプローチをする作戦が行われていると思います。本を読んでから電話営業に向かえば、アポの取得率は明らかに増加するものと思います。

リモート営業を始める前に読む本

リモート営業とは、Web会議などのツールを使って、ネットを間に挟んで、顧客と商談を進める方法です。いずれ近いうちにそうなるだろうと言われてきましたが、コロナ禍によって、一気に加速しました。

パソコンを目の前にして、互いの顔を確認しつつ商談が進められます。実際の面談に近いですが、同じではありません。また。現在の上司の中に、リモート営業でうまくいったという経験を持っている上司はほとんどいないはずです。成功させるための注意点など、これからブラッシュアップが必要な営業方法です。

本書ではすでに、リモート営業の課題や対策が考えられていて、本書が作成されています。業種や扱う商品によっては、リモート営業が有効かどうか違いがあります。ただ時代はその流れにあります。本書を読んで取り入れる検討を進めるべきと思います。

ソリューション営業を実践するなら本を読んで準備

ソリューション営業という言葉を最近聞かないような気がするのは、すでに営業スタイルとして、定着したからなのかもしれません。インターネット以前の営業は、営業は情報を提供して、熱烈に説得するスタイルでも成功をしていたと記憶しています。

しかしネットの拡大により、顧客がネットから情報を得られるようになると、顧客はネットから情報をにゅうしゅすりょうになりました。顧客との商談スタイルは、説得スタイルから納得スタイルに変わりました。

顧客は納得しないとモノを買わない時代です。つまり本書のソリューション営業の基本は、今でも十分に使えるということです。

まとめ

営業の本を選ぶ場合には、業種によって読むべき本には違いがあります。

筆者のキャリアを通して、営業として活躍中の20代30代の営業に参考になると思われる本を選んだつもりでいます。しかし、日本では年間に7万冊以上の本が毎年出版され続けています。

関連記事一覧

  1. 読むべき本
  2. ビジネス書の選び方|本を選ぶ基準
  3. ビジネス書ランキング|最新・歴代の名著
  4. ビジネス書の名著は時を超えて読まれ続ける
  5. ビジネスマナーの本は今売れてる1冊あれば十分
  6. ビジネス書は古典の中におすすめがある|20代30代40代
  7. 営業本を業種別に選ぶ:営業マン必見!問題解決のヒントを探す*当記事
  8. 営業に本をおすすめします|本を読んで言語と心理を理解する
  9. 営業の本ランキング|営業経験から選んだランキング
  10. 論理的思考は結論から先に話す|本を読んで鍛える
  11. マネジメントの本:初心者から経営まで、おすすめと名著
目次