読書で読めない漢字は無料アプリをかざすだけ

漢字 アプリ

一般的な成功者と言われる人たちが読書家であることはよく知られています。

今よりも上の経済的な豊かさや、仕事の成功・人間観関係の充実などを期待するなら、読書をしたほうがいいことは十分にわかっているが、読めない漢字が面倒。

実際に本を手に取り、読書を始めると、意味不明の言葉や読めない漢字が多過ぎて挫折する、という人は多いのではないでしょうか。

成功している人は、よく本を読んでいると聞いたことがあると思います。仕事で忙しいはずの人ほど、よく本を読んでいるのです。社会人になってからの勉強の差が、人生の差になります。

読めない漢字は、アプリで簡単に対策できるようになっているを知っているでしょうか。ほんの数秒で簡単に、スマホのアプリで調べられます。

目次

読書で読めない漢字は無料アプリをかざすだけ

漢字 アプリ (1)

読書をしていると、読めない漢字や言葉の意味がわからない事があります。しかしそれは、人生や仕事がうまくいくようになることと比べると小さなことです。

今までは、そんな小さなこと(読めない漢字)がネックで、読書が苦手になり面倒になって、諦めていたかも知れません。本を読むことくらいで、読めない漢字をアプリで読むことで、仕事が改善するなら、やらなきゃ損です。

これからの時代は、個人個人の社会人が、今よりもっと読書によって、知識情報を学ぶことが必要であるということが強まっていきます。普通の会社員よりも、自営やフリーランスが増えていく時代になるからです。

読めない漢字の調べ方はスマホアプリのカメラを使う

本を1冊持ち歩くのは、場合によっては面倒に思うこともあるかもしれませんが、スマホは普段そばに置いていることが多いと思います。

読めない漢字に出会ったら、その場ですぐに、スマホから漢字アプリ(無料)を立ち上げて読み方や意味を覚えるのです。読めない難しい漢字でも、何度もこのアプリから調べる作業を繰り返していると、覚えます。

読めない感じの調べ方はスマホアプリのカメラで漢字を読み取るだけでいいです。漢字を調べることをやめない限り、徐々に読めない漢字は知ってる漢字に変わっていきます。アプリを立ち上げる回数が減っていきます。

その頃には、漢字が読めないので読書が面倒ということも無くなるでしょう。そのまま、読書を続けていくと、自分の人生(仕事・生活)の中に良い変化(読書による変化)が起きていきます。コツは、自分のペースで良いのでやめないことです。ただし、数多く読むほうがさらにいいし、早く読むになるとさらにいいということが2つ目のコツです。

読書中に読めない漢字があったら手書き文字で検索できるアプリ

読書の最中に読めない漢字があるという場面を想定して考えると、使いやすいスマホアプリの条件は、「手書き入力」ができて、手書き文字の認識精度が高いことです。

手書き文字自体は、10数年前から様々なアプリが発表されており、認識力も高くなってきています。

部首とか読み方で悩むよりも、早いし簡単です。読めない漢字が減っていくはずです。

漢字の読み方を教えてくれるアプリ|カメラでかざすだけで無料

読めない漢字の読み方を教えてくれるアプリとしては、簡単さでは最強ではないかと思う、カメラで撮った文書にふりがなをつけてくれるアプリがあります。

現時点での文字認識の精度は、もう少しのレベルです。日本語が面倒とされることの一つに、同じ漢字でも文脈によって、音読みと訓読みで読み分けることがあります。

その点が、このアプリは、まだ追い付いていないです。ふりがなをつけてくれるアプリはいくつかありますが、いずれもまだ100点までは到達していません。しかし完璧ではないにしても十分に実用レベルにあると言っていいでしょう。

読めない漢字の読み方を調べる対策としては十分です。しかもなんと言ってもアプリは無料で使えるのですから。

読めない漢字の調べ方はアプリで無料|人前で恥ずかしい思いをすることも無くなる

大人になって漢字が読めない人は、読書をしてこなかったことと、子供の頃に漢字が苦手だったのかもしれません。

漢字が苦手になる理由の一つには、文字を覚えるだけの作業が面白くないのだと思います。

難読漢字のクイズアプリなどを使ってみると、クイズ形式で出来るので、面白く漢字を覚えることができます。読書中に、漢字アプリを開く回数が減るようになる気がします。

また大人になって、職場や日常生活の中で、読めない漢字があることで、恥ずかしい思いをしてしまうことがあります。これが意外に厄介です。

一般的に何かができなくて恥ずかしいと思う時、実は他人はそこまで重大に考えていません。スルー気味で忘れられます。しかし、読めない漢字に関する恥ずかしい思いについては、真逆のように思います。

本人は、それほど気にしていないのに、他人からは明確に「漢字を読めない人」というレッテルを貼られます。

また、ゲーム感覚で、漢字の書き順を覚えるアプリもあります。大人になってから、漢字の書き順を知らなくとも大きな実害はないものの、クイズ番組で漢字の書き順をやっていると、自分がいかに我流で覚えてきたのかを知ります。

読書に関して強い味方になってくれる漢字アプリは、普段の自分自身の勉強にもなります。スマホには是非入れておきたいアプリの一つです。

まとめ

読書中に読めない漢字をアプリで無料で調べられると、知らない漢字も覚えられるようになっていきます。

読書中の一番面倒なことがこれで解決します。

電子書籍アプリなら、漢字のアプリは内蔵されていて、そのままの画面から読めない漢字を調べることもできます。

関連記事一覧

  1. 読書
  2. 読書アプリのまとめ
  3. Kindleで読書|PCでもスマホでもすぐに続きから読める
  4. 読書メーター ログインからの使い方
  5. 読書メーターアプリでできることと特徴
  6. ブクログの使い方と特徴
  7. 読書で読めない漢字は無料アプリをかざすだけ*当記事
  8. kinoppy(紀伊國屋書店電子書籍アプリ)の特徴と使い方
  9. dブックは無料でどこまで使えるのか
  10. dブック読むならキャンペーン要チェック!使わないと損
  11. dブックアプリの使い方が限定的にリニューアル|評価は厳しい
  12. hontoアプリの特徴と使い方と注意点

この記事を書いた人

社会人経験約40年。仕事において強い必要性があり読書に目覚め、その後年収も急上昇。上場企業にキャリア入社し、50代に入り独立起業し会社経営。自分自身の読書に救われた経験から、読書によって人生が変わることを伝えたい。

コメント

コメントする

目次