読書術のまとめ

読書術

読書術とは、読書をする際に読書をしやすくするためのさまざまなテクニックやコツのことを指しています。

それらの中から、基本的な読書術から考え方や選び方を紹介いたします。

目次

読書術のまとめ

読書術と言いましても様々です。重要箇所を振り返りしやすいように、付箋を貼る方法から本の選び方や読み方も読書術の一つと言えます。

また人に教えてもらった方法のままではなく、自分用にアレンジして行いたいという人もいると思います。

読書術は読み方にこだわる

より読書がしやすくなることを考えれば、読書の仕方にもこだわる方が良いです。

本の読み方といえば、音読や黙読がよく知られています。しかし実際には10種類以上の読み方があります。読み方が変わると刺激を受ける部分が変わり、影響される部分は変わります。

一番効果がない読書の方法は、なんとなく手に取り、特に考えもなく読み始めていく方法です。その方法では、読み終えても1冊読了したという事実が残るだけです。おそらく何が書いてあったのか、等についての記憶もすぐに消えてしまうでしょう。

読書術では本の選び方にもこだわる

本好きの方なら、新しい本との出会いは楽しくて仕方がない時だと思います。ただ本好きというほどでないにしても、何かのきっかけにより、本を読むことの重要性に気づいた人は、ワクワクする感じはあるのではないでしょうか。

ご存知の通り、人は本を読むことで追体験をすることで実際の経験に近い経験値を得ることができます。(追体験と疑似体験では少し違います)面白い本に出逢いたいと思うようになると思います。本の選び方も今は情報量がすごいので、口コミやオンライン書店の評価など、たくさんの指標があります。

同じオンラインでも書店が違うとトップ3の本が違うこともあります。ただ一つだけお伝えするポイントがあります。結局は本を読んだ人がどのように感じるのかが全てです。評判がすごくいいので、実際に購入して読んでみたら、「あれっ」期待と違う、なんてことはよくあることです。価値観が違うのですから当然のことです。

読書術は本を聞く方法もOK

電車でイヤホンをしている人が増えてる気がします。音楽を聞いてる人が多いのだと思いますが、何割かはオーディオブックで、本の朗読を聞いている人たちです。

以前は、電車のなかで文庫本を読むというスタイルが、一般的でした。その後に電子書籍の進化で、スマホやタブレットで読む人が増えました。

ただ目が悪い人にとっては、スマホで電子書籍を読むのは、スマホの性能が上がってもストレスになります。そこで、オーディオブックで本を聞くというスタイルが進化してきたのだともいます。

読書術で集中できるようにコントロール

場所や環境づくりなどで、改善できることもあります。ただし当記事で紹介している読書術は、自分ですぐにできることです。自分自身に対して読み終えたら、褒美を与えるという方法も有効ですし、25分程度読書をしたら5〜10分休む方法()などを紹介してきます。

読書術が生きるのは環境との相乗効果

読書しやすい環境には、個人差があります。静かな環境がいい人もいますし、雑踏の中の方が集中しやすい人もいます。いくつかの場面を試してみて、集中しやすい環境を見つけてみましょう。

自宅でも大丈夫という人もいれば、自宅ではとても無理という人もいるはずです。できれば毎日30分でも読書に集中できるような環境を見つけることです。これも読書術です。

読書術では付箋にメモして本に貼る

学生の頃からノートや本の大事なところに付箋を貼っているという人は多いと思います。

社会人になっても覚えたいことを記憶に残す方法は、基本的に変わりません。付箋は色分けに意味を持たせて貼り分けてもいいです。また、ほんの方にメモをせずに少し大きな付箋にメモを貼って、覚えるという方法もあります。

読書術|マーカーと付箋とどちらが実用的

マーカーと付箋とでは、どちらの方が実用的なのか?あるいは効果的なのか、と考える人がいるかもしれません。結論を言えば、自分が使いやすい方で良いと思います。

本の読み方は本当に人それぞれです。まるで新品のように一切汚さずに読み方もいますし、ボロボロになるくらい書き込んで、書けなくなったら、同じ本をまた買って使い込むという経営者もいます。

読書術|ビジネス書では目的を明確にして読み始めよう

ビジネス書はスキルを身につけたり、現実の問題を解決するヒントを見つけようと読むことが多いです。

ビジネス書を読む場合の読書術として紹介するのは、本を読み始める前に、何を勉強しようとしてしているのか、を考えて目的を明確にしてから読み始めると効果的です。

そのためには目次をしっかり読み込んで何を吸収できるのかを見定めることです。小説の場合は、ストーリーの展開や表現が面白いのですが、基本は一字一句を読んでいく方が小説の良さを十分に味わえるものです。

しかし、ビジネス書の場合は、知識情報を得て、学びにしたいのですから、拾い読みや飛ばし読みが有効です。

読書術|本をPDF化すると読み方が変わる|私的複製と私的利用に注意

部屋の中にたまってしまった本の山があるという人、いるのではないでしょうか。本を自分でPDF化すると部屋の中も整理できますし、過去に読んだ本を再読する機会にもなります。またPDFなので検索もできるようなりますので、読み方も変わるかもしれません。

ただし代行業者などに依頼することは違法になりますので注意しましょう。違法にならないのは、私的複製(自分でPDF化)と私的利用(個人的な利用のみ)の範囲までです。代行業者に依頼するのは違法に当たります。

関連記事一覧

本の読み方

読書術のまとめ*当記事

本の読み方を変えると得られる効果は変わる

音読をすると何がいいのか|大人にもメリットが大きい

本の読み方11種|効果的な方法は目的によって違う

本の読み方にこだわる|なんとなく読んでも意味はない

本の選び方|面白い本に出会えると人生が変わる

本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる!

読書に集中できない!自分に合う改善策はどの方法か

読書環境が悪いと読書をしても頭に入らない|快適な読書環境が大事

本の読み方は付箋にメモを書き込み|書くことで理解が加速する

本の読み方はマーカーか付箋?効果があるのは別の方法?

ビジネス書は目的を明確にしてから読む

本をPDF化する方法|自炊は適法だが代行は違法

読書術

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次