読書に集中できない!自分に合う改善策はどの方法か

読書 集中できない

多かれ少なかれ、誰しも似たような読書に集中できない経験はあると思います。

問題は、そのまま無駄に時間を過ごしてしまうことです。

読書ではない他のことに気を向けて行動するか、読書に集中できない原因をはっきりさせて、集中する方法を見つけるか。

では、読書の集中を取り戻す方法を紹介します。あなたに合う方法はありますか。

目次

読書に集中できない!自分に合う改善策はどの方法か

家 読書 集中できない

読書への集中を取り戻す方法は、いくつかありますが、問題は自分の「集中できない問題」を解決してくれるか、どうかです。

読書に集中できない問題を解決する方法

まず解決方法を先に紹介しますね。あなたの集中できない問題対策に合うかどうか、気になります。

1.読書に集中力を高めるために目的か目標に理由づけか褒美をつける

個人によって集中力のマインドに火をつけるものや理由は違います。

例えば、読書を重ねて年収を100万円アップさせるんだ
例えば、読書で文章力を上げて自分の評価を上げさせよう、出世するかも
例えば、1冊完読したら、好きなスイーツ(あるいは酒)の少し大きいのを食べる
例えば、1冊完読したら、好きな映画を見る

などと、行動することの目的となるきっかけや、読み終えたときに自分に小さな褒美を約束するなどして、読書に集中力を高めるきっかけを作りましょう。

2.読書に集中する方法|ポモドーロテクニックを使う

25分の作業に6分の休憩を1セットとして、繰り返すことで、高い生産性を維持する方法です。この方法の秘訣は、休憩時間には本当に何もしないことです。そして、作業も時間が来たら、手を止めることです。(トラブル防止の保全だけする)

一番良いのは、目を瞑って、じっとしていることです。テレビもスマホもNGです。何も考えないことは人間にはできないことなので、頭の中に考えが浮かんできますが、考えたとしても、休憩時間は穏やかにじっとしていることです。

ポモドーロを繰り返すと、生産性は、間違いなく上がります。

3.集中して本を読む方法はスマホのスイッチを15分〜25分の間オフにする

家 読書 集中できない

読書に集中する一番よい対処方法は、読書する時には「ながら読書」の原因をつくるものを、近くに置かないことです。

前述のスマートフォンの例であれば、家で読書するときに、スマートフォンを近くに置かない方法か、あるいはその間だけスイッチをオフにすることが対処方法になります。

最初は15分くらいでも良いでしょう。ポモドーロテクニックの25分セットを利用するのも良いです。集中して本を読む方法は、邪魔するものを静かにさせることです。

4.読書に集中力が維持できる場所を作る

「パパはこれから試験勉強があるので静かにして」などと宣言する方法もあります。

しかし、実際にしてみるとわかりますが、不自然に緊張する状態が続き、その状態が気になり、またしても読書に集中できない状況になります。

おすすめするのは、場所を作ることです。

5.読書に集中する方法|Amazonの読み放題サービスを利用する

紙の本の場合、読んでいくうちに「難しすぎた」と思っても、すでに買ってしまっているので、「読むしかない」という気持ちになってしまい、集中力はさらに下がります。

おすすめの方法は2つです。

Amazonの読み放題サービスなら、月額料金固定で、選んだ本が失敗したと思ったら、他の本に変えることができます。以前は10冊の制限がありましたが、今は20冊の制限に変わっているので、ほとんどストレスなく、取り替えられます。

もう一つの方法は、フライヤーflierという要約サービスを使う方法です。実際に本を買う前に下読みできる感覚で要約された内容を読むことができます。

6.読書に集中しやすい音楽もある

集中しやすくするために、音楽を流すのも有効です。

中には、「無音」が最も集中できるという人もいますが、一般的には、邪魔をしない静かな音楽を集中力を上げてくれる場合が多いです。

ジャンル選びには、コツがあります。必ずしも好きな音楽ではない方がいいです。

読書への集中を邪魔しない音楽は、人の声が入ってなくて、クラシックやジャズの静かめの曲がおすすめです。好きとか嫌いではなく、読書に集中しやすい音楽として聞いてみることをお勧めします。

読書に集中できない問題の理由も考えてみる

読書に集中できる方法を知るには原因の解明が必要です。

集中できない原因は個人差はあるかもしれないが、大きく分けると次の5つではないでしょうか。

1.具体的な目的がない・・・試験勉強のため、書類作成の準備のため、問題解決策を探すため、などの明確な目的がない場合。

2.読書時間の設定に無理がある・・・そもそも集中力は長時間続かないものです。

3.他に気になる何かがある・・・途中になっている作業や課題がある、SNSや何かや誰かを待っている、場合。

4.環境に障害がある・・・音楽やテレビの音が聞こえる、家族が騒がしいなどの場合

5.本の内容が難解すぎ・・・自分の現在のレベルにあっていないために、単語ごとの意味がわかっても文章の意味の理解が難しい

読書の集中力が続かないのは明確な目的がないから

読書することが毎日の習慣になってしまっている人は、読書自体がやらないと気持ち悪いくらいになっている可能性があります。

習慣化するということは、半自動的にやり続けていることだからです。

しかし、読書することが、習慣にまでなっていないレベルでは、読書の目的が明確になっていないからという場合があります。

個人差はありますが、読書という行動について、目的か目標(ゴール)に理由づけや褒美つけをするのがおすすめです。

読書に集中できなくなったのではなくそもそも人は長く集中できない

読書に集中できなくなったのは、そもそもの人間の集中力が長く続かないことに原因がある可能性があります。

人間の集中力には、15・45・90というリズムの法則があります。学校の勉強時間の設定にも関係しています。

また、人間には25分〜30分ごとに、5〜6分の休憩を挟んで作業をすると、最も生産性が高いという研究データもあります。

ですから、読書に集中できなくなったのではなく、集中できているのかどうかが、自分でわかるようになったのかもしれません。

読書に集中できないのは気になるなにかがある

家 読書 集中できない

例えば、スマートフォンで「ながら読書」になり、集中できない原因となっているのかもしれません。

家で読書をしている途中で、誰かからLINEが入ったり、ニュース速報が入ったりすると、つい気になって集中できない状況になってしまいます。

そして、スマートフォンを眺めてしまう。家の中には、障害がたくさんあります。

はじめはLINEやニュースを見ていただけでも、いつの間にか、読書を中断して、関係のないアプリを開いたり、ネットサーフィンしたりしていることはありませんか?

読書への集中を邪魔する環境がある

家 読書 集中できない

自宅で読書する場合に、起こりがちの状況です。家族が出す物音(音楽やテレビなど)に対して文句を言えない状況にあるのではないでしょうか。

読書をしている姿は、家族にとっては、読書を楽しんでる姿にしか見えないからです。

対策は場所を変えることです。

本を読むことに集中できない本の難易度が高いのかも

家 読書 集中できない

読書を勉強のためにしようとするときに、本選びに失敗すると起きてしまうケースです。勉強のためですから、一つ上の難しい内容であることは、当たり前なのですが、2つ3つ上まで飛び越えてしまうと、文章の意味ができないことがあります。

専門用語や漢字を調べることで、読書の目的の一つである語彙力を高めることにはなりますが、本選びを間違えると、難しすぎる本を選んでしまうことになります。

まとめ

読書に集中できない原因は、個人差がありますので、集中する方法も千差万別ということになるかもしれません。

今回紹介した方法では、ごく一部の対策方法にしかならないかもしれません。

「集中できなくて困ったな」と思ったら、原因を「なぜ」と深く深く掘り下げると意外な解決策が見つかる可能性はあります。

 

 

関連記事

本をたくさん読んで行動する人になれば人生が好転する可能性は高い

本の読み方のコツ|頭に入りやすく効果的に!分厚い本でも同じ

本の読み方は付箋にメモを書き込み|読書は付箋で加速する

本の読み方は目次から読むのがコツ|全文を読まなくて大丈夫

本の読み方はマーカーか付箋?効果があるのは別の方法?

読書には環境が大事|読書がはかどる環境ある場所と時間と音楽

読書に集中できない|自分に合う改善策はどの方法か*当記事

本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる!

小説の読み方は目的に応じて変える

アマゾンプライムなら本の読み方はkindleで読み放題

ビジネス書の読み方を最適化すれば仕事もうまくいくようになる

ビジネス書の読み方では目的を明確にすること

読書 集中できない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる