ビジネス書は目的を明確にしてから読む

ビジネス書の読み方は小説とは違います。小説では、一行ずつ、一単語ずつを読んでいくこと、物語の展開の味わいを感じるものです。

対してビジネス本では何を学びたいのかを、具体的にして読み進めていく方法が有効です。

目次

ビジネス書は目的を明確にしてから読む

ビジネス書を読むのは、ビジネス関連の知識教養を高めるためです。実際の現場で起きている問題の解決策を知るヒントを得るためでもあります。

ビジネス書を読む効果

ビジネス書を読むときには2つの場面があり、それぞれ得られる効果があります。

1つは、ビジネス関連の知識や情報を身につける効果を得たいと思うときです。もう1つは、差し迫った解決すべき問題があり、その解決のヒントを得る効果のために読書をするときです。

どちらにしても、ビジネス書を読むときには、小説を読むときのように文章表現や描写の美しさや妙を味わうという事はありません。ビジネス関連の教養を高めることと、問題解決のヒントを得るためです。効果が違いますので、読み方にも違いがあります。

ビジネス書は目的を明確にしてから読む

小説を読むときには、前述したような表現の美しさや面白さを味わいつつ、物語がどのように展開していくのかを楽しむものです。それは、文章全体の構成にも表れています。起承転結で、最後のどんでん返的な展開も面白さの一つです。

しかし、ビジネス書を読むときには、ビジネス書を読み終えたときに、得たい物事が既に決まっています。ビジネス関連の知識やスキルであっても、問題解決のヒントであっても、読み始める前に得たいものは決まっています。

ビジネス書の読み方は、答えを知りたくて読んでいくようなものです。また、どんな学びを得たいかを明確にして読んでいくことで、読むべきページが自動的に決まります。常に答えに向かって読み進んでいく感じがあります。既に既知の情報が書かれている場合もあります。

ビジネス書は必要に応じて部分読み

ビジネス書の読み方では、既に知っている情報が書かれている場合もあり、既知の情報が書かれているページは飛ばしても何の問題もありません。

つまり、必要に応じて部分読みをすることになります。その判断は、目次から目安をつけます。

ビジネス書の中には、過去の知識情報を焼き直して出版されているものや、同じ著者の作品の中から一定のキーワードで抽出し、1冊の本に編集しなおした本も出版されています。

購入する際には、目次に目を通して、知りたい情報が書かれていることを確認してから購入すべきです。

ビジネス書は何度でも読む

また、半年から1年したら、再度読むことが面白いのもビジネス書の読み方の特徴です。毎月3〜4冊以上の読書を重ねていくと、4〜5ヶ月も継続していくと、自分が進化していることを感じることが徐々に増えてくる頃でもあります。

実は、小説の読み方との違いがここにあります。小説の場合、一度読んだ本を再度読んで新たな発見をすることもある位程度あるようですが、ビジネス書には、そういう場面が非常に多いです。

何かの折に、半年前に読んだ本のページをめくってみると、「何だ、ここにも答えが書いてあるじゃないか」などと感じることがあります。

特に古典と言われる本は凝縮して書かれているような印象があります。半年前に読んだ本なのに、新たな発見があったりします。前回読んだときにも目的を明確にして読んだはずなのに、別の角度からの考え方や切り口を見つけることがあります。

ビジネス書は、数ヶ月か数年後に読み直してみると、新たな気づきを発見することもあるので、時間をおいて何回も読んでみることをお勧めします。

まとめ

ビジネス書の読み方では、読み始める前に、タイトルと目次から、学びたいと思う目的を明確にしてから読み始めることです。

その意識を持ちながら読み進んでいくと、自分の理解も深まります。

小説の読み方とは、明らかに違う事を覚えおくと良いです。

関連記事一覧

本の読み方

読書術のまとめ

本の読み方にこだわる|なんとなく読んでも意味はない

本の選び方|面白い本に出会えると人生が変わる

本を聞くアプリが無料で使える!通勤時間も有意義になる!

読書に集中できない!自分に合う改善策はどの方法か

読書には環境が大事|読書がはかどる

本の読み方は付箋にメモを書き込み|書くことで理解が加速する

本の読み方はマーカーか付箋?効果があるのは別の方法?

ビジネス書は目的を明確にしてから読む*当記事

本をPDF化する方法|自炊は適法だが代行は違法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次